子宮トラブルへの鍼灸

※鍼灸などの東洋医学用語で癥瘕(ちょうか)といいます。

Ⅰ血瘀(けつお)

(1)概要
子宮や卵巣などの生殖器に、排出できない血がたまって出来たものが血瘀です。血瘀の原因として、血の運行は気の推進性に依存しているため、その失調は気の問題と関係があります。とくに、肝の疏泄(そせつ)作用は血の運行を促進しているため、関連が強いといえます。肝の機能が失調した状態で月経を向かえると、血の運行に支障が出て、不要物となって子宮・卵巣などの周囲に溜まります。そうした状態が慢性的になってできるのが、癥瘕(ちょうか)つまり、子宮トラブルです。

(2)原因
・気の滞り→血の滞り→癥瘕(ちょうか) イライラ型 や エンジンオイル枯渇タイプ

・寒性の変調(元々の陽虚体質=冷え性、外部からの寒邪の侵入)→血の滞り→癥瘕(ちょうか) 冷え性 型
・その他

(3)月経の特徴
・月経血に塊(かたまり)がある
・生理痛が酷く、さすられるのを嫌がる
・固定性の生理痛

(4)全身症状
顔色が暗紫、皮膚に潤いが欠ける、舌の脇に黒っぽい斑点がある、舌下静脈の怒張、脈が硬く渋っている

(5)養生法
生理痛と同様。とにかく、通りの良い身体にしておく必要があります。肉・甘いもの・脂っこいものなどの現代食の常食、運動不足、遅寝は慎まなければなりません。タバコ、アルコールは控えた方が無難です。「出産後、生理痛が軽くなった」という人はここに当てはまります。つまり、不要物が胎児とともに排出されたわけです。鍼灸でも同様の現象が起こることがあります。


Ⅱ痰湿(たんしつ)

(1)概要
水分代謝の問題によって体内で生まれる腫瘤で、気血の流行を妨げます。また、外因としては湿気の影響を強く受けます。湿邪は湿気の多い季節に良く見られます。特徴としては、雨の日に調子が悪かったり、気圧の変動に弱い などがあげられます。鍼灸では「重濁粘じで気機を阻滞する」といわれており、べっとりと粘りついて重く除去し難い性質があります。湿邪は重いので、足がだるくて仕方がなく、イライラ悶々とした精神状態におかれることがあります。

(2)原因
・脾の運化機能の低下・・・胃腸で消化吸収された栄養物質や、それに伴う水分を体内に振り分ける過程でうまく行かず、月経のときに子宮や卵巣周辺に溜まります。それが慢性化すると子宮トラブルなどの「ちょうか」となります。胃腸 型に該当しますが、胃腸の不調を自覚しない場合も多いです。
・肺の宣発粛降の低下・・・胃腸で消化吸収された栄養物質は、肺にバトンタッチして身体の隅々にまで巡らせるのが、鍼灸などの東洋医学の考えです。その過程がうまく行かない場合、月経に伴って子宮や卵巣周辺に溜まります。それが慢性化すると子宮トラブル=癥瘕(ちょうか)となります。
・腎の蒸騰気化の低下・・・五行色体表の「冷え性・ほてり」の段に、水も腎も入っています。脾(≒胃腸)が消化吸収したエネルギーの元は、肺が全身に送った後、不要物を腎が集めて処理します。この水分調整がうまくいかなくなると、浮腫・頻尿・下痢などが起こります。腎が不要物を処理できないと、生殖器と関連が深いため、腫瘤となってたまります。

(3)月経の特徴
・生理痛が酷く、特に雨天と重なったときに悪化
・固定性の生理痛
・生理の終わりが特定できず、ダラダラと長く続く。月経期間が10日から2週間以上に及ぶときもある。脾の統血機能が弱っているため、血を統率できないのが原因。
・帯下は量が多く、色は白、粘っている

(4)全身症状
・悶々とした精神状態におかれることがある、雨の日に電車で気持ちが悪くなる(頭痛など)、尿は少ない時の方が不調(不要物を排出できない)、舌は暗紫で苔状の付着物はベットリと白く厚い、舌の両脇に歯の跡がある

(5)養生法
養生法は生理痛と同様。

参考:kinshu.html

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

女性特有トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 長嶋鍼灸室