顔面神経麻痺-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)


顔面神経麻痺について東洋医学では、目や口が歪んで閉じることができないことから、「口目歪斜」という。主として手・足陽明経が関与することが多い。ここでは末梢性について述べる。

A分類
@風寒による顔面神経麻痺・・・面部の脈絡が空虚になっている者に、この虚に乗じて風寒の邪が侵襲し、そのために経気の巡りに障害が生じ経筋の栄養状態が悪くなると、弛緩して当該症状が起こる。随伴症状の違いなどにより、以下のように区分される。

(病因病機)
風寒邪気→面部の空虚経絡を侵害→気血の巡りが障害される→面部の筋肉の栄養状態が悪化

(タイプ別)
1 少陽型(風寒が少陽経に侵害)
(1)症状
・前額部の皺がなくなり、シワつくりできない
・眼の開閉が不能・又は不十分
・患側口角の口唇間は開き、下がる。口笛が吹けない、食物が口内にたまる
・鼻唇溝は浅くなる、又は消失する
・舌質淡、苔は白、脈は浮
・耳後や耳下の痛み、聴覚過敏
(2)鍼灸の治療方針
・風寒邪気の除去
・面部経絡の気血の巡りを良くする
・面部筋肉の栄養状態を改善する

2 陽明型による顔面神経麻痺
(1)症状
・前額部の皺がなくなり、シワつくりができない
・眼の開閉が不能・または不十分
・患側口角の口唇間は開き、下がる。口笛が吹けない、食物が口内にたまる
・鼻唇溝は浅くなる、または消失する
・舌質淡、苔は白、脈は浮
・病側の舌前2/3の味覚減少又は消失
(2)鍼灸の治療方針
・少陽タイプと同様

3肝血虚型による顔面神経麻痺
(1)症状
・前額部の皺がなくなり、シワつくりができない
・眼の開閉が不能・又は不十分
・病側口角の口唇間は開き、下がる。口笛が吹けない、食物が口内にたまる
・鼻唇溝は浅くなる、または消失する
・舌質淡、苔は白、脈は浮
・病程が長い、病側筋肉の痙攣
(2)鍼灸の治療方針
・少陽タイプと同様

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

よく見られる症状に戻る

トップページへ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 顔面神経麻痺