顔面痛-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)


顔面の一部に起こる発作性または一時的な激しい疼痛を指す。臨床的には一側の前頭部、上顎部、下顎部に起こるものが多い。鍼灸により改善を図る場合は、緻密に弁証してアプローチする。

A.鍼灸施術のための東洋医学的な分類
@風寒による顔面痛・・・風寒の邪が面部の経絡に客し、寒邪の収引性により経脈が拘急して気血の流れが悪くなると疼痛が起こる。
A肝火 顔面痛・・・悩み、心配事、怒りなどにより疏泄機能が失調して肝鬱となり、それが改善されないために進行し、炎上性により痛みが起こる。
B胃火・・・飲食不節により食滞が生じ、それが進行し陽明経脈に沿って炎上により顔面痛が起こる。
C陰虚・・・虚熱が生じ、それが炎上すると起こる。

B.鍼灸施術のための鑑別
風寒による顔面痛は、外感の悪寒、発熱、鼻汁などを伴い、疼痛は冷やすと増悪し温めると軽減する特徴がある。一般的に舌質は淡、脈は浮緊。肝熱は煩躁、易怒などを伴いやすく、胃火は口渇、便秘を伴いやすい。また、これらの特徴は、ともに灼熱的な疼痛である。舌質は紅、舌苔は黄苔を呈し、脈は数。陰虚による顔面痛は実熱ではなく虚熱であるために、疼痛はそれほど激しくない。津液が不足なため脈は細を呈し、脈は数。

C.主な病証
A)虚証例(陰虚 顔面痛)
(病態)
腎は精を蔵し、水を主っている。腎精が不足すると火を制御できなくなり、そのためにうつろな熱が生じて炎上すると顔面痛が起こる。ただし、うつろな熱であるために疼痛は激しくない。また、疲れたりして進行すると発作が起きたり、または増悪するという特徴がある。また、腎陰虚の症状を伴う。
(症状・所見)
@主要病態・・・現病歴が長い。顔面痛は激しくない。疲れると発作が起こる。または増悪。
A舌脈所見・・・舌質紅、舌苔少、脈細数
B随伴症・・・精神疲労、腰のだるさ
(鍼灸による治療方針)
津液を補い、さらに清熱を図る。手足陽明、足厥陰のツボを取り寫法を施し、さらに補うために主として腎経、脾経のツボを取り、鍼灸にて補法を施す。

B)実証例(肝胃の火による顔面痛)
(病態)
肝鬱により生じた火、食滞により生じた熱が陽明経脈に沿って炎上することにより起こる。したがって、灼熱性の疼痛を特徴とする。煩躁、易怒、便秘などを伴いやすい。
(症状・所見)
@主要病態・・・突発的、灼熱性の顔面痛、患部に触れると誘発しやすい
A舌脈所見・・・舌質紅、舌苔黄で乾いている、脈弦数または洪数
B随伴症・・・煩躁、易怒、口渇、便秘
(鍼灸による治療方針)
肝胃の火を寫す。清熱を図るために主として胃経、肝経を取り、寫法を施す

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを掲載しました。

よく見られる症状に戻る

トップページへ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室-顔面痛