頻尿-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

頻尿とはトイレに行く回数が異常に多くなり、日常生活に支障を来すことをいいます。尿は膀胱に貯められますが、それが腎陽の働きにより、そのままとどまらせたり、排出したりの調整が行われます。つまり、頻尿は腎・膀胱系統の虚(うつ)ろによってもたらされます。ただし、水液代謝を担当するのは腎膀胱系統だけではなく、肺と脾も関係しているため、五臓六腑の生命状態が影響します。

Ⅰ腎気虚損
腎と膀胱は表裏関係にあります。腎虚は先天的な体質・日常生活で無理した場合・流産や出産等、様々なことが原因となって発症します。腎虚になると固摂機能が低下したり、気化機能が低下して異常が出ます。

(1)腎気の固摂低下
先天的虚証・加齢・日常生活の不節制等が下焦の生命力を低下させ、頻尿・遺尿・遺精などを発症させます。
(症状)
頻尿の他、失禁・尿漏れ・めまい・耳鳴・下肢の力の低下などを伴うことがあります。
(鍼灸による施術方針)
腎の封蔵機能を高め、腎気を補って気化機能を取り戻します
(ツボ)
腎兪、照海、太渓、復溜など

(2)腎陰虚
体質的問題・加齢・更年期・月経の影響などにより、腎陰を吸い上げられるため、腎陽が相対的に有余になって、不必要な熱が発生します。そのため、必要なところに熱が回らずに冷えます。腎の封蔵機能の低下と不必要な熱の下迫のために、頻尿が生じます。
(症状)
頻尿の他、失禁・尿漏れ・めまい・耳のトラブル・上部ののぼせと下肢の冷え・手足の不快なほてり・寝汗・下肢の弱体化などを伴うことがあります。
(鍼灸による施術方針)
腎の陰津を補って固摂機能を取り戻すとともに、不必要な熱を清めて必要な熱を補います。
(ツボ)
腎兪、気海兪、三焦ゆ、照海、太渓など

(3)腎陽虚
気虚や生活の不摂生・仕事のし過ぎ・運動不足・先天的体質等により、腎陽が虚(うつ)ろになって発症します。陰津を温めることができないと気化機能が低下し、全身に巡らせることができないため、津液が滞って尿量の不安定が起こります。
(症状)
夜間頻尿・多尿・尿は無色透明・生命力全体の弱体化・身体の冷え・下肢の弱体化・生活全般への意欲低下など
(鍼灸による施術方針)
腎陽を補い、身体を温めて気化機能を正常化します。
(ツボ)
腎兪、関元、気海、中極、復溜など

Ⅱ肺気虚
脾胃虚弱・先天的体質・運動不足・加齢・仕事のし過ぎなどにより、肺の生命力が低下して気虚になり、宣発粛降の機能が低下の上、膀胱の約束に影響して頻尿を起こします。
(症状)
尿の量が多くて色がうすい、尿漏れや失禁、夜間尿、疲労で悪化、息切れ、呼吸が浅い、枯れた声など
(鍼灸による施術方針)
肺を温補して陰津の布散を活性化します
(ツボ)
肺兪、合谷、太淵、腎兪、太渓、脾兪、足三里など

Ⅲ脾気虚
先天的な消化機能の虚(うつ)ろ・足を使う運動の不足・肥甘厚味&辛辣酒酪に偏った食事・仕事のやりすぎ・思慮過度・食べ過ぎ飲み過ぎ・カフェインの影響など、様々な原因により発症します。
(症状)
尿の量が多くて色がうすい、尿のキレが悪い、排便異常、夜間尿、ストレスで悪化、食欲低下、異常な食欲、疲れやすいなど
(鍼灸による施術方針)
補気健脾により消化機能を活性化し、腎の生命力を補います(腎を補うには脾を補い、脾を補うには腎を補う)
(ツボ)
脾兪、陰陵泉、腎兪、太渓、胃兪、足三里など


※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 頻尿