自律神経失調症-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

東洋医学における病の捉え方は、西洋医学とは大きく異なります。自律神経失調症についても例外ではありません。
西洋医学では「内臓は中枢神経の指令で機能する」と捉えているのに対し、東洋医学では「五臓六腑の指令で精神及び肉体が活動している」という考え方になっています。つまり、五臓六腑が生命源と考えられています。

五臓六腑(心・肝・脾・肺・腎etc)はそれぞれの機能を担っていますが、単独で成り立っているのではなく、相互につながっており、助け合ったり(相生)、牽制し合う関係(相剋)としてとらえられています。

(Ⅰ)心

(Ⅱ)肝

(Ⅲ)脾

(Ⅳ)肺

(Ⅴ)腎


(Ⅰ)心(しん)に関連する自律神経失調症について



①心は血脈を統括する
心は脈を通じて血を肉体全体に巡回させ、五臓六腑や皮毛・肌肉・筋・骨髄など肉体活動を支えています。
心が安定的に推移していれば、心拍も正常に運行し、血の循環もスムーズになります。

②心は舌にあらわれる
心は舌の動作を統べり、味覚を主(つかさど)ります。
心に蔵されている神が意識したこと、思考したことを第三者に向かって伝えるときには、言葉によります。
言葉による表現には、舌の動作が必要です。
また、舌は味覚を感じる働きがあります。
心の生命力が低下すると、味覚や言葉に問題が生じる場合があります。

③心は神(しん)を蔵し、経絡及び五臓六腑を統べている
神(しん)はヒトの生命活動にとって重要な位置づけになっており、神の生命力が尽きれば死亡します。
そのため、神を蔵する心は「生の本丸」「君主の官」などと称されています。
心(神)が安定しているときは、環境に根差した正しい行動がとれ、生体機能も安定的にキープされ、自律神経失調症etcの症状は発症し難くなります。

神(しん)は感覚・記憶能力・思案・意識・状況判断など、全ての精神活動を主(つかさど)り、その中心的役割を担っています。
さらに神は、五臓六腑及び12経脈が安定的に活動することを統括しています。
その働きにより、行動・言葉・表情等の意識的活動や、解剖学的心臓の鼓動・呼吸・大小便の排出などの無意識的活動も行われています。

内傷・過労や倦怠・季節の影響などにより、神が安定を失うと、意識的・無意識的活動に悪影響を及ぼします。

④心の液は汗
心は五行の火に分類されます。
火の本性は熱であり、この熱により汗が分泌されます。
心の生命力が充実していれば、暑さや運動に応じて適度に汗が出ます。
心の働きが悪くなると、汗の分泌に異常が生じる場合があります。

⑤心の生命力は顔色に出る
顔色は血の循環に関係するため、心の生命力が活性化していれば顔色が良好で、健康的です。
逆に、心の力が低下していれば、顔色は悪くなります。



(心の生命力低下による自律神経失調症の症状など

(ア)心血虚
血の不足→心のエネルギー不足により起こる。原因としては、思案のし過ぎ・出血・栄養不足などにより自律神経失調症etcが起こる。
動悸・不眠・めまい・物忘れなど

(イ)心陰虚
心の陰分の不足→心のエネルギー不足→心の機能減退により発症します。
動悸・不眠・五心煩熱(掌・足の裏・胸などの不快な熱)

(ウ)心火の異常亢進
怒・喜・思・憂・恐の五種の精神情緒の失調、風寒暑湿燥火などの気候の変化に対応できない、アルコールや喫煙などの影響による。
(軽度)動悸・胸の煩わしい熱・不眠・心が激しく揺れ動いて身体もイライラする
(重度)狂乱・うわごとなど

(エ)心気虚
先天の精の不足・精神的な問題・加齢などが原因になりやすい。
動悸・胸が悶々とする・息切れ・倦怠(だるい)・異常な汗の出などの自律神経失調症の症状

(オ)心陽虚
長期間の心気虚によって増悪した場合、急な陽気の損傷により発症しやすい。いわゆる虚寒の証です。
動悸・胸の痛み・極端な冷え症など。

(カ)心脈の滞り
心気虚や心陽虚→血の滞り→血お(寒邪の凝滞も影響)による。
痰濁や気滞→心脈停滞
動悸・胸の痛み・肩甲骨間部の痛み・胸が悶々とする

ページの先頭へ

(Ⅱ)肝に関連する自律神経失調症について



①肝は筋を主る
肝は血を正しく筋に分配することによって、筋の運動を主ります。
古典には「肝は筋を主(つかさど)る」とあります。
ここでいう筋とは、解剖学的に特定の肉体の箇所を示すというより、筋の運動とそれを支える働きをいいます。
肝が「筋を生ず」とか「筋を主る」という表現は、肝の作用が健全であれば、筋の運動機能が良好に発揮されるということです。
逆に肝の作用が低下すると、筋に力がなくなったり、痺(しび)れて痛くなったりします。
また、筋の疲れは肝に悪影響を及ぼします。

②肝は魂を蔵し、判断力や計画性等の活動を主る
また、肉体の活動をスムーズに行わせたり、休憩を指示します。
また、生体の防御にも関わっています。
そのため、肝は「罷極の本、将軍の官」といわれます。
肝の力が十分であれば、環境の変化にすばやく反応して正しい行動がとれますが、不健全な状態にあるとカリカリしたり、反対におどおどしたりするのも、自律神経失調症etcと関係します。

③肝の液は涙
肝は目と関連が深いです。
目から出る液体は涙です。肝の力がしっかりしていれば、涙は適度に目を潤します。
肝の力が低下すると、目が乾燥しすぎたり、涙が出すぎるようになります。

④目は肝の竅(あな)
肝は目を通じて外界と交通しています。
肝の状態は、目が何かを見る・・・という働きに反映されます。
肝の力が健全であると、目は見たものものを判別しますが、肝の力が低下すると、目の働きが低下しやすくなる。
また、反対に目を必要以上に働かせすぎると、肝の力を低下する下地となります。

⑤肝は血を蔵す
肝は血(けつ)を貯蔵する蔵となり、肉体各部の血(けつ)を活動状況に応じて調節します。
夜、横になると眠くなり、やがて睡眠につくのは、血(けつ)が肝にしまわれ、脳にゆく血が減るからです。
肝の作用が低下すると、この働きがスムーズにいかなくなり、熟睡できなくなります。
また、安静時には手足の血が減り、肝に貯蔵されていますが、動き出すと肝は、貯蔵してあった血をスピーディーに手足(腕脚)にほどよく行きわたらせます。
この働きが健全であると、手足(腕脚)の筋肉は力強く動き、頭に血が昇りすぎることもありません。
肝の作用が健全でなくなると、血の上逆により、頭痛・めまい・耳鳴等を誘発したり、逆に上部への血の巡りが低下し、顔色が悪い・めまい・難聴等も自律神経失調症etcの症状として起きる可能性があります。
女性の月経の問題も、肝の異常により出ることが多くあります。

⑥肝の状態は爪に出ます
爪は筋の余力であり、筋とともに肝の状態が表面化します。
肝の力が健全であると、爪は弾力が保たれて艶があり、赤味があります。
健全でなくなると爪の色艶が低下したり、場合によっては変形することもあります。


東洋医学では、「肝は疏泄を主る」としています。
これは五行学説によって、肝の帰属する木の性質からきたものです。
疏泄には二つの意味が含まれています。
一つは舒展(じょてん)ということであり、もう一つの意味は通暢(つうちょう)です。
舒展とは、細部まで巡りわたるという意味を表し、通暢とはスムーズで淀みがないということです。
そこで、「肝は疏泄を主る」とは、肝には気や血の流れをスムーズに、伸び伸びとする作用があることをいいます。
肝気がのびやかになれば気も問題なくめぐり、精神も伸び伸びとしていて、精神的な葛藤も少なく、分泌物の分泌も順調で、脾胃の消化を促し、自律神経失調症etcの症状も発症し難くなります。
疏泄の作用が低下すると、気の巡りが伸びやかでなくなり、精神抑鬱、カリカリして怒りやすいなどの症状を示し、脾胃の不調となります。

(肝の生命力低下によるに自律神経失調症の症状など

(ア)肝火の異常亢進
○頭面部の熱・頭痛・眼の充血・カリカリする・易怒:肝気の鬱滞が化火→火が足の厥陰肝経に沿って上昇による
○耳鳴・口苦:肝火が表の胆経に影響たもの
○心煩・不眠・夢が多い:心神(しんじん)に影響すると生じやすい

(イ)肝陰虚
肝陰虚は肝の陰分の不足→滋養・滋潤機能の低下により生じます。不快な熱が特徴です。
具体的には、五心煩熱・異常な寝汗・口や咽喉の不自然な枯渇・耳鳴・めまいetcの自律神経失調症の症状が出る

(ウ)肝気のうっ滞
○精神抑鬱・易怒・胸悶・胸脇苦満:疏泄機能が低下して生じます。ストレスや気の塞ぎなど→精神不振
○月経異常:肝気うっ滞が気から血に問題が波及すると生じます。
○乳房の問題:足の厥陰肝経の通り道です。
○咽喉の閉塞感(梅核気):気鬱と痰がノドに結すると生じます。

(エ)肝血虚
血の生成不足・出血・慢性病などにより生じやすい。
眼の渇き・眼のかすみ・脇の違和感や痛み・めまい・不眠・夢を多く見る・手足が震える・筋肉のひきつりや痙攣や拘縮など

(オ)肝風内動
肝腎の陰虚→陽を抑制できない、血の不足や筋のエネルギー低下・肝陽の異常亢進などによる。
めまい・痺れ・痙攣・拘縮などの自律神経失調症の症状

(カ)肝陽の異常亢進
肝腎がともに陰虚となり肝陽を抑制できないため、異常亢進します。
具体的には、めまい・頭痛・耳鳴・眼の充血・イライラ・易怒・腰や膝など下半身全般の問題


ページの先頭へ

(Ⅲ)脾に関連する自律神経失調症について



①脾は津液を生産する
脾は飲食物から津液を吸い上げ、肺に受け渡します。
脾は津液を生産し、肉体全体に巡らせるための本丸です。
脾の生命力が低下すると、津液が足りなくなりがちです。
また、脾は湿に弱く、雨天時や気圧の変動に過敏になるため、自律神経失調症etcが発症しやすくなります。

②脾は肌肉を主る
脾は営気を肉体にくまなく巡らせます。
この中でも肌肉に巡らせて、張りと艶を与えます。
脾の力が低下すると、やせ衰え、だるいなどの症状が出る場合があります。

③脾は営を蔵し、後天の精を生産する
脾は胃と密接な関係にあり、飲食物の消化吸収を担い、エネルギーを生産します。
生産したエネルギーを肺に引き継ぎ、気血に変え、肉体全体に巡らせます。
脾の力によって吸収・巡らされるエネルギーには、営気が蔵されます。
営気が血とともに全身を巡ることにより、全身にエネルギーを与えて活動源となります。
脾の力が低下すると、腹痛・下痢・便秘などの胃腸症状が生じ、活動力の低下・疲労倦怠などの症状が散見され、自律神経失調症のような体調不良に陥る場合があります。

④脾の液は涎である
脾は口と密接に関係しています。
口から分泌される液は涎です。脾の働きが健全であれば、涎により口の中は潤い、飲食物を口に入れた時に涎は適度に分泌され、消化を助けます。
脾の働きが低下すると涎の分泌に異常が生じ、乾きすぎたり、流れすぎたりする場合があります。

⑤口は脾の竅(あな)、唇は脾の状態をあらわす
口は飲食物の入口であり、脾胃と一体になって機能します。
唇の強弱は脾の強弱と関連します。
脾の力が強ければ飲食物がおいしく感じられ、唇もあれたり口内炎などにならずに、色も鮮やかです。
脾の生命力が低下すると、食欲の異常亢進・減退、食べてもおいしく感じない、などの状態があらわれ、唇はあれたり口内炎になったりし、色つやも悪くなります。
つまり、自律神経失調症の症状も出やすくなる、ということです。

東洋医学では「脾は運化・昇清・統血を主る」といいます。
運化とは飲食物を消化して、エネルギーや津液・血等を吸収して、肉体全体に巡らせる大本であることをいいます。
運化の機能が低下すると、消化吸収の問題や、営気の巡りの停滞、または津液の異常が出て、自律神経失調症のさまざまな症状の温床となり得ます。
昇清とは、吸収したエネルギーを胃から肺に送ることをいいます。
つまり、気血を上がらせる、五臓六腑が下がりすぎないようにとどめておく機能を意味しています。
昇清の力が低下すると、胃下垂や倦怠感、力が出ない、下痢等が出ます。
統血とは、エネルギーを脈内に送ることによって、血が外に漏れずに順調に働くことをあらわします。
統血が順調に推移しないと、血が外に漏れ出て、不正性器出血・血尿・血便などの症状がみられる場合があります。

(脾の生命力低下による自律神経失調症の病証など

(ア)湿濁中阻
脾胃に湿が滞る→化熱して湿熱を形成とて発症します。原因は運動不足・体質的問題・肥甘厚味や辛辣酒酪な飲食物など。
主症:腹部のつかえ・胃もたれ・腹部がシクシク痛む・食欲減退・吐き気・口が苦い・口が粘るなど

(イ)脾胃の昇清・降濁の失調
脾の昇清(エネルギーを上に昇らせる)と胃の降濁(飲食物を上にあげずに下に降ろす)の機能がスムーズにいかないこと。
主症:下痢・胃部のつかえ・吐き気・げっぷ・お腹がゴロゴロするなど

(ウ)胃陰虚
胃陰とは胃血・津液が不足することです。
主症:食欲低下・胃もたれ・痩せる・ダルくて何もやる気が起きない、などの自律神経失調症の症状

(エ)脾気虚(脾胃虚弱)
飲食不節制・思案のし過ぎ・働きすぎや怠けすぎなどにより発症する。
様々な病的症状が波及して起こることもあります。
主症:食欲低下・軟便や下痢・便秘・胃もたれなど
運化機能低下→気血の生成不足→消化不良・体がダルい・痩せるなど
水湿運化の低下:湿痰飲などの不要物の排泄機能の低下→浮腫や肥満など
昇清機能の低下:内臓の下垂など
統血機能の低下:血便・血尿・不正性器出血など

(オ)脾陽虚(虚寒証)
腹痛・腹部の冷え・手足の冷え・下痢や軟便などの症状がみられます。


ページの先頭へ

(Ⅳ)肺に関連する自律神経失調症について



①鼻は肺の竅(あな)
肺は鼻を通じて天の気を肉体に取り入れ、不必要な気を排出します。また、臭いを主ります。
鼻の液は涕です。これが適度に分泌されることにより、鼻の内側を潤して正常な状態が維持されます。
肺の働きに問題が生じると涕の分泌に支障を来し、鼻づまり・鼻の異常乾燥・臭いをかぎ分けられない、などが生じ、自律神経失調症etcも発症しやすくなる場合があります。

②肺は気を主り、心を助けて五臓六腑を調節する
肺は呼吸を通じて天の気を五臓六腑に取り入れます。
天の気と脾の消化吸収により取り込んだ気が一緒になって、宗気・衛気・営気・津液・血となります。
営気と血は脈内をめぐり、衛気と津液は肺の力により肉体全体に巡らされます。
これらの気血の力に臍下丹田の原気が加わり、気血を体内に補充します。
心が血を肺が気を肉体全体に巡らせることにより、五臓六腑の生命活動が運行されます。
肺の力が足りていると、呼吸は深くよどみなく行われ、全身の気が足りることになります。声も力があって通ります。
肺の力が不足すると、呼吸の問題(呼吸が浅い・咳・喘息・痰の異常排出)や声に力がなくなります。

③肺は皮毛を主る
肺は宗気・衛気・津液を全身に散布することにより皮毛を正常に保ち、皮膚にうるおいを与えます。
肺の力が正常であれば皮膚には潤いが出て、毛穴もすばやく閉じたり開いたりします。
例として、風寒の外邪が襲ってきたときに、皮毛を閉じます。正常でなくなると、皮膚の痒(かゆ)み・乾燥・湿疹・浮腫などがあらわれ、自律神経失調症に罹患しやすくなります。


東洋医学では「肺は宣発・粛降を主り、水の上源」といいます。
宣発とは昇発と発散を意味し、呼吸によって不要な気を呼気したり、津液と気を肉体全体に散布したり、皮毛の収縮・弛緩を主ります。
粛降とは粛浄と下降のことを意味し、吸気により清気を取り入れたり、津液を腎膀胱に下輸したり、呼吸器を正常に保つことをいいます。
水の上源とは、脾の働きにより、胃から肺にバトンタッチしたエネルギー散布機能をいいます。

(肺の生命力低下によるに自律神経失調症の病証など

(ア)肺気虚
肺の生命力が低下した状態。原因は肺の生命力低下・脾気虚が波及など。
主症:せき・喘息・呼吸が浅い・昼間に不自然な汗をかく、など
せき・喘息・息切れ:宗気虚弱→呼吸の力が弱体化→気体の交換不利
昼間の不自然な汗:衛気の不足→表虚で汗が出やすい(風邪をひきやすいこともある)
痰・浮腫:水の代謝機能低下

(イ)肺の宣発・粛降の失調
外邪・痰湿停滞などによることがあります。
咳・くしゃみ・鼻閉:肺気の宣発失調→呼吸不利による
無汗:そう理閉塞による
喘息・咳き込み:肺気がつまった場合
痰や浮腫:水道の滞りなどの自律神経失調症の症状
主症:せき・痰・鼻の問題、(外邪)悪寒・悪風・発熱

(ウ)肺陰虚
肺の陰液が損傷→虚熱の発生→粛降機能失調による。
慢性的なせき、熱による陰分の枯渇、燥邪が原因のこともある。
主症:咳・咽喉の渇き・痰・午後以降の微熱・掌足の裏の熱・寝汗など

ページの先頭へ

(Ⅴ)腎に関連する自律神経失調症について



①腎は津液を主り、水分代謝を調整する
脾の力により、胃⇒肺⇒全身と散布された津液は、不要となった後は腎膀胱系統により排出されます。
津液全体を調節しているのが腎です。
この津液や排出物の調節に問題が生じると、浮腫・排尿障害・下痢・便秘などが出る場合があります。

②腎は精を蔵し、生命力の源である原気を主る
親からもらった先天の精は腎に収められています。
先天の精は脾胃からつくられる後天の精によって、補充されています。
精は生命力・泌尿生殖器・腎膀胱系統の働きの源です。
先天の精・後天の精が腎により具体化されるものが元気です。
ヒトは腎の力が盛んになることにより成長し、生殖機能がもたらされます。
腎の力が旺盛になっていれば元気も活性化し、病的状態にも陥りにくく、また、根気も出てきます。
そこで、「作強の官・技巧これより出づ」と表現されます。
腎の力が低下すると元気が衰え、活動力が落ち、身体が冷えたり火照ったりします。これらも自律神経失調症の症状として考えられます。
また、生殖機能も低下し、病的状態から脱出しにくく、老化現象の温床となります。

③腎の液は唾である
腎は歯を統括してます。
歯が生えているところから出るのが唾です。

④耳と二陰は腎の竅(あな)
腎は耳を通じて外と交通しています。
腎の力が充実していれば、耳は音をよく聞き分けます。
腎の力が低下すると耳鳴・難聴などの症状が出ることがあります。
腎は水分代謝を調節しますが、その結果、大小便となって排泄されます。
大小便の口が二陰(大便口・小便口)です。下(しも)の問題は腎虚です。

⑤腎は骨髄を主り、髪に反映する
腎の力は髄を生育します。
髄は骨と一体になっており、骨に栄養を補給します。
腎が正常であれば精が満ち足りており、髄も充実するため骨も歯も頑丈で、自律神経失調症の症状も発症し難くなります。
また、髪も太く力があり、つやもあります。
腎精が足りなくなったり老化すると、歯の問題・骨が弱い・腰が伸びない・髪が抜け落ちる・白髪などが出る場合があります。


東洋医学では「腎は納気を主る」といいます。
これは臍下丹田まで深く呼吸することをいい、これにより精を元気に変え、活性化します。
腎の力が虚(うつ)ろになると納気の力が衰え、呼吸がうまくいかなくなったり、喘息などの原因となり得ます。

(腎の生命力低下による自律神経失調症の病症など

(ア)腎陰虚
腎の陰液不足による生じます。
原因:先天の精の不足、性生活の不摂生、出血、精神的影響など
主症:足腰が脆くなる、めまい、耳鳴、難聴、めまい、歯周病、物忘れ、不眠、夢を多く見る、ノドの不自然な乾き、便秘、掌や足の裏の不快なほてり、寝汗、午後以降の微熱など

(イ)腎陽虚
身体を温める機能の低下により、精神不振・生殖機能の低下・発育能力の低下などが出やすい。
原因:加齢、性生活の不摂生、先天の精の不足など
主症:足腰が脆い、手足の冷え、寒がりなどの自律神経失調症の症状など
随伴症:下痢・便秘・不妊・浮腫・大小便の問題

(ウ)腎気虚
腎気不固:腎気の封蔵機能の低下による。(男性)体液が漏れる、(女性)不正性器出血・流産しやすい・異常な帯下、(男女)小便失禁や乏尿・頻尿など
腎不納気:腎気の納気能力の低下による。喘息・呼吸がスムーズにいかない・息切れなど
原因:先天の精不足、働きすぎと怠けすぎ、後天の精(脾)で先天の精(腎)を補えない、加齢など

(エ)腎精不足
(乳児期・幼少期)
○五遅・・・立遅(立つのが遅い)、行遅(歩き始めるのが遅い)・髪遅(髪が伸びてくる時期なのに伸びない)・歯遅(歯の発達が遅い)・語遅(言語発達が遅れていること)
○五軟・・・頭項軟、手軟、脚軟、肌肉軟、口軟の五つを意味します。小児の頭部、頸、項、手、足、口などの発育が悪く、筋肉が萎縮して力がないこと。
(思春期)
性器の成熟に影響・・・(男子)精液の生成が遅れる、(女子)・・・初経が遅れたり、乳房の発達の遅れ
(青年期・壮年期)
生殖能力の低下、不妊、性欲低下、めまい、歯の問題、耳鳴、物忘れ、自律神経失調症など
(老年期)
老化が早まる、足腰が脆くなる、歩行障害、難聴、老眼、めまい、歯の問題、耳鳴、物忘れなど


ページの先頭へ


※自律神経失調症についての区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを掲載しました。

よく見られる症状に戻る

トップページへ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)-埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 自律神経失調症