関節の こわばり・腫れ・痛み等-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

関節の こわばり・腫れ・痛み等は痺証に属し、行痺・痛痺・著痺・熱痺・頑痺に大別される。痺とは「ふさがって通じない」という意味をあらわす。痺証の主な原因としては、生命力不足や衛外機能調整能力低下のため、風寒湿邪などが人体に侵入し、肌肉・経脈・関節などにおいて気血が阻害され、発症する。鍼灸においては、兪穴や遠道取穴としてアプローチする。

1行痺
行痺(関節の こわばり・腫れ・痛み等)を発症させる原因は、風邪・寒・湿である。病の深さとしては、比較的浅い場合が多い。
(症状)
○痛みが動く:風による病は是動病に区分され、よく動くため、痛む箇所が移動する。当該区分は初期にみられることが多い。
○五臓六腑に分けると上焦に位置することが多い:風邪は上から侵入するため、症状が上半身に出ることが多い。
○舌証に特別な変化はみられない:初期症状であり、現段階では病が浅いため、舌に特別な変化は出ない。
○脈は浮いている:外感と同様の脈
(施術方針)
疏通経絡・散寒除湿
(ツボ)
厥陰兪、肺兪、脾兪、合谷、陽池、太白など

2痛痺
痛痺(関節の こわばり・腫れ・痛み等)の主因は寒邪であり、風・湿は副次的原因である。痛痺は痛みが強く、陽気を損傷するため、灸による熱補または温補が必要である。また、気血が凝滞するため、瘀血が発生しやすく、固定性の疼痛として出る場合も多い。当該区分は病が深いため、気血経脈に対する影響も大きい。
(症状)
○固定性で指すような痛み:寒邪は凝滞するため気血の流れをふさぎ、強い痛みがあらわれる(不通即痛)。気血の流れの停滞による瘀血はさらに気血を停滞させるため、当該区分は刺すような痛みとなりやすい。
○寒気にさらされると増悪し、暖めると緩和する:寒凝を暖めて気血を通すと、症状は緩和する。
○特に夜に痛む:寒邪は陰に区分されるため、夜間に旺盛に働く。
○関節付近の曲げ伸ばしができない:寒邪は頑固に付着して、曲げ伸ばしを阻害する。
○冷え:当該区分の特徴で、寒邪による陽気の損傷をあらわす。
○舌質暗・苔白:瘀血をあらわす舌の状態
○脈は弦緊:痛みや寒邪をあらわす
(施術方針)
散寒止痛・疏風除湿
(ツボ)
肺兪、大椎、脾兪、腎兪、関元、命門など

3著痺
著痺(関節の こわばり・腫れ・痛み等)の主因は湿邪であり、風・寒邪は副次的な原因と位置づけられる。「湿は重濁粘滞を主る」ため、しつこく粘ってへばりつく。へばりつくために長期化しやすいのが特徴である。
(症状)
○関節が腫脹して身体が重い感覚があり、固定性の痛みとなりやすい:湿がへばりつくと、重濁粘滞により関節が腫脹し、身体が重い感じを覚える。湿邪が滞って気血のめぐりを邪魔するため、痛みの部位は固定性となりやすい。
○身体全体が重い:湿邪が肌肉に滞るため、身体が重くだるい。
○皮膚にしびれる感覚がある:当該区分の特徴で、湿邪が経脈の流れを邪魔するため、皮毛にしびれる感じを覚える。
○温めると軽減:湿邪は陰に属するため、熱(陽)の刺激により緩和する。
○舌苔はべっとりと厚く、粘りつく:粘る苔は湿をあらわす
○脈は滑らか:湿の脈証
(施術方針)
除湿通絡・疏風散寒
(ツボ)
肺兪、脾兪、豊隆、公孫、合谷など

4熱痺
当該区分は熱邪の侵入、または痰飲などの化熱により発生する。熱邪が関節、肌肉に侵入し、気血とぶつかり合うことにより、熱証となる。熱は陽に属するため、病状は変化しやすい。特に急性期に出やすいのが特徴。寒湿の状態が熱化することもあり、その場合、寒熱挟雑となる。
(症状)
○関節・肌肉が熱する感覚をもつ:熱邪が経脈に入り込み、気血とぶつかり合うために発症する。熱を帯びる感覚がある。
○発熱:熱邪が旺盛なため、微熱などが出る場合がある。
○口が渇く:熱が当該区分の特徴で、陰津を吸い上げる
○熱いものを嫌い、冷たいものを好む
○舌の質は紅、苔は黄色
○脈は速い
(施術方針)
清熱通絡・疏風散熱
(ツボ)
太椎、百会、督脈穴、足の陽明経など

5頑痺
当該区分は慢性化して病が深く侵入した病態をいい、骨痺ともいう。関節の変形がみられることが多い。
(症状)
○関節の変形・こわばり・曲げ伸ばしができない:慢性化して長期化した痺証は正気を消耗し、蔵精を主る腎を虚(うつ)ろにする。腎精が虚ろになり骨を養えずに、骨が変形する。肝腎不足になると、こわばり、曲げ伸ばしができない、などの症状も出る。
○腰が重い:腰は腎の外の府
○耳鳴り・健忘・めまい:当該区分の特徴である腎虚の症状
○舌淡苔白:腎精不足の舌
○脈は沈んで弱い:病が深い
(施術方針)
腎精補益・養筋骨
(ツボ)
腎兪、照海、脾兪、関元、三陰交、太白など

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを掲載しました。

よく見られる症状に戻る

トップページへ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)-埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 関節の こわばり・腫れ・痛み等