風邪-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)



Ⅰ傷寒病による区分
外邪が項(うなじ)の辺りから侵入することにより発症し、悪寒や悪風を伴う風邪になる場合が多くみられます。
(1)風邪タイプ:太陽病・・・一般的な風邪の症状が出ます。発熱などが発症しますが、邪が体表の浅いところにあります。
①太陽傷寒:発熱・悪寒・関節痛・吐き気・呼吸器の問題・汗をかきにくい
麻黄湯証 (鍼灸に用いる経穴)合谷・列欠
葛根湯証 合谷・申脈
②太陽中風:発熱・悪風・後頭部痛・項(うなじ)がこわばる・吐き気・呼吸器の問題・汗をかきやすい
桂枝湯証 申脈・三陰交・後谿

(2)陽明病・・・高熱・口が渇いて仕方がない・大汗をかく・重い便秘・胃腸が動かずに腹が張る・息切れ・嘔吐・イライラして寝ても起きても落ち着かない
梔子豉湯タイプ (鍼灸に用いる経穴)内関・神門・霊道
白虎湯タイプ 曲池・内庭
小承気湯タイプ 合谷・上廉
大陥胸湯証 内関
茵蔯蒿湯証 曲池・上廉・三陰交

(3)少陽病・・・口が苦い・のどが渇く・めまい・耳が聞こえにくい
小柴胡湯タイプ (鍼灸に用いる経穴)臨泣・外関
柴胡桂枝湯証 申脈・後谿・三陰交・臨泣
大柴胡湯タイプ 内関・太衝・上廉

(4)太陰病・・・下痢・嘔吐・腹が張る・腹痛・便秘など
桂枝加芍薬湯・小建中湯証 (鍼灸に用いる経穴)気海・足三里・三陰交・脾兪

(5)少陰病・・・だるくて仕方がない・腰が重い・関節がだるい・寒さに敏感・背中がスースー・せき・声を出すと疲れる・下痢など
真武湯・附子湯・麻黄附子細辛湯証など (経穴)太谿・復溜・腎兪・三陰交

(6)厥陰病・・・重い寒証・下痢・嘔吐・動悸・発汗・口渇・気が心を突き上げる・胸の中が熱い・食欲がないなど
四逆湯類 腎兪・命門・百会などの督脈

Ⅱ温病による風邪の区分
温熱あるいは湿熱の邪が口や鼻から侵入することにより、発熱を主症状とする急性外感熱病のことをいいます。高熱が出るケースが多く、インフルエンザなどによる高熱は温病に属する例が多くみられます。
(1)風邪タイプ:衛分・・・本証は温熱の邪が生命体の浅い部分を襲った場合を意味します。特徴は、発熱・微悪風寒・頭痛・汗をかかないか又は少し汗をかく・せき・口が渇く・舌の先が紅・舌の上の苔が薄く白い
(鍼灸に用いる経穴)合谷・大椎・風府など

(2)気分・・・邪が裏に入った状態であり、激しい症状があらわれはじめる。壮熱・悪熱・多汗・口が渇く・冷たいものを飲みたい・舌の上の苔が黄色。
内庭・上巨虚・胃兪・脊中など

(3)営分・・・熱邪が深入して営陰を焦灼して心を乱す状態です。夜間の高熱・口が渇くが飲みたくない・寝てもさめても落ち着かない・不眠・うわごと・舌が濃い紅
神門・内関・心兪・厥陰兪・神道・少商・商陽

(4)血分・・・熱邪が深入して耗血を起こした状態です。発熱・意識障害・吐血・血便・血尿・舌は深い紅
(経穴)人中・百会・井穴刺絡など

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)風邪-埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室