様々な痛み・しびれ-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

身体は皮毛・肌肉・筋・骨で形作られ、気血が巡る経脈・絡脈などによって連係し、エネルギーを与えられて機能しています。
右は気、左は血という説がありますが、気分の問題は右に、血分の問題は左に出やすく、また、軽い性質の風邪は上焦に出やすく、思い湿邪は下焦に出やすいのが、東洋医学的鍼灸の視点からみた特徴です。
病には実証と虚証がありますが、散見される症状の多くの痛み・しびれは虚証として出ています。虚証とは五臓六腑のうちの一つ又は複数の生命力が低下し、当該臓腑が主(つかさど)る経脈に影響が及び、それが筋・骨に波及することにより、痛み・痺(しび)れ・可動域の制限などへ影響を与えます。

Ⅰ痰阻経絡
痛み・しびれ、可動域の制限、腫れぼったい感じ、むくみ、冷えなどの問題が出ます。
痰飲が盛んな体質、肥甘厚味・辛辣酒酪な飲食、運動不足などにより痰湿の産生、風寒や風湿の邪が停留して痰飲を生じる、などが原因となって粘調な痰湿(濁)が経絡を阻滞し、更に肌肉の間に集まって運動を障害し、持続性の痛み・しびれなどの症状が発症します。
(症状)
痛み・しびれや重くだるい感じが続き、可動域の制限、浮腫(むく)み感などを自覚します。舌の質が淡い色で、舌の上の苔状の付着物は厚くベットリとこびりつきます。
(鍼灸によるアプローチ)
「脾は生痰の源、肺は貯痰の器」といいますが、根底には気虚が存在するため、気虚の改善を本治法とし、痰湿(濁)の除去を標治法とします。
(使用するツボ)
中脘、足三里、公孫、豊隆、脾兪、肺兪、陰陵泉など

Ⅱ気血両虚、腎虚
一言で申しますと、エネルギー不足です。関節などのだるい痛み・しびれ、疲れやすい、顔色が悪い、足腰が弱い、踵の痛み、聴覚の問題、生殖機能の低下などが随伴して散見される場合があります。
典型的な慢性症状であり、生命力の低下、筋骨の酷使、疲労、睡眠不足、ストレス、加齢などを原因として発症します。多くの場合、激しい痛み・しびれは長期間続きませんが、症状に波があり、強い症状が出たり、軽い痛み・しびれになったりを繰り返します。
(症状)
気血両虚では、関節付近の痛み・しびれ・だるさ、元気が出ない、易疲労、筋力低下、舌の質が淡い、脈が細いなどが特徴です。
腎虚では筋・関節のだるい痛みと無力感・腰の重だるさ・目や耳の問題、気力減退、めまいなどが見られることがあります。
(鍼灸によるアプローチ)
気血を補うことにより五臓六腑を鼓舞し、生命力の底上げを図ります。
(使用するツボ)
太渓、照海、復溜、陰谷、腎兪、三陰交など

Ⅲ血瘀
固定性の刺痛、運動したときや夜に増悪、痛い部分を押すと激しい痛み・しびれなどが特徴です。
邪による阻滞・気血不足による推動不足・渋滞などが原因で血瘀が形成され、「不通即痛」の問題としてあらわれます。ⅠやⅡと併行して出る場合もあります。
(症状)
痛みが出る場所が固定されている、刺すような痛み・しびれ、運動時や夜に悪化、患部を押すと激しい痛み・しびれ、舌の質が暗紫色であったり、舌にほくろのような斑点がみられます。
(鍼灸によるアプローチ)
経絡を通して、不要物が蓄積されないように導きます。
(使用するツボ)
三陰交、膈兪、血海など

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 痛み・しびれ