腰痛・ぎっくり腰-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

西洋医学的には腰痛症・椎間板ヘルニアなどの病名がつくことはありますが、東洋医学ではそれらの所見には拘泥されずに独自の四診合参を行い、生命状態を把握して鍼灸を施します。よって、西洋医学的には大変な 腰痛・ぎっくり腰などの状態であっても、すんなり改善することは普通にあります。それこそが東洋医学の存在意義といえましょう。

A)急性タイプ(気血阻滞による 腰痛・ぎっくり腰)
生命力が低下している時には、ちょっとした動作でも経絡経筋に負担がかかり、ぎっくり腰などが発症しやすくなります。背部の経絡・経筋を損傷すると気血阻滞が生じ、急性の腰痛が発症します。
(主要症状)
局所の顕著な圧痛・筋緊張・運動制限などによる腰痛 ぎっくり腰・歩けない・寝ていてもダメ・エビのように丸くなっていないとダメetc
(施術方針)
経絡の通りを良くし、気血の運化を改善する。主として足の太陽経穴・阿是穴を取穴し、鍼灸にて瀉法を施し、ぎっくり腰などの改善を図ります。
(鍼灸による処方例)
腎兪、委中、環跳、大腸兪、阿是穴etc

B)慢性タイプ(寒湿による 腰痛・ぎっくり腰)
寒湿の停滞により、腰部の経絡気血の流れが悪くなると、慢性の腰痛になります。
(主要症状)
腰下肢が冷えて痛み、重だるさを伴う。寒冷刺激や気候の変化により悪化する。少し動くと軽減し、静止時間が長いと強張る。太陽型では疼痛は下腿後部に放散し、少陽型では下腿外側に放散することにより、腰痛が出る。舌苔白膩、脈沈滑または沈遅
(施術方針)
陽気を強めて寒湿の除去を図り、経絡の通りを良くして気血の運化を改善ることにより腰痛の改善を図る。主として足の太陽経穴を取穴し、鍼灸を併用する。
(鍼灸による処方例)
太陽型:腎兪・大腸兪・環跳・委中・崑崙etc
少陽型:大腸兪・環跳・風市・陽陵泉・飛陽etc

C)慢性タイプ(腎虚による 腰痛・ぎっくり腰)
「腎は腰の外府」という言い伝えがあるほど、腰と腎には深い関係があります。腎の力が不足すると、腰膝のだるさ、無力感、鈍痛などにより慢性の腰痛になります。
(主要症状)
全身の虚弱症状が著明、慢性的な腰下肢のだるさ、無力感・鈍痛・疲労すると悪化し、ぎっくり腰などにも発展するが、横になると軽減する。
(施術方針)
腎を補い、経絡気血の運化を改善する。主として足太陽・足少陰経穴を取穴し、鍼にて補法を施す。必要に応じて灸を併用する。
(鍼灸による処方例)
大腸兪・環跳・委中・腎兪・太谿など

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 腰痛・ぎっくり 腰