めまい-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

強いめまいにおいては、周辺がグルグル回って行動できなかったり、何かにつかまらないと立っていられない、起き上がるのが困難などがあります。強い症状の場合は、実証も視野に入れ弁証します。また、弱いめまいにおいては、行動するときにクラッとしたり、頭がボーッとして倒れそうな気がするなどが散見されます。弱い症状については、虚証である可能性が高いと思われます。

Ⅰ 肝陽上亢
長い期間にわたる鬱積した状態や悩み等があって、それが肝気の流れを滞らせ、肝の疏泄機能が失調すると、肝気は鬱結して化火します。その結果、いつの間にか肝陰を吸い上げてしまい、腎陰虚に陥る。それが陽亢を起こして頭目を侵し生じます。
(症状)
めまい・耳鳴・頭痛・精神情緒の影響大・のぼせ・ほてり・イライラ・易怒・不眠多夢など
(鍼灸による施術方針)
平肝潜陽・滋陰清熱
(ツボ)
風池・太衝・照海・百会・侠渓など

Ⅱ 気血両虚
先天的な虚弱体質や仕事のし過ぎ・出産・過度なダイエット・運動不足・日常生活の不摂生などで生命力が低下し、血虚となり改善しない場合に発症します。また、脾気虚や肺気虚などにより、消化物を運化→気血を生産・・・がスムーズにいかず、気血両虚に発展した場合は、虚証のため清陽を上昇できず、脳が養われないために生じます。
(症状)
慢性的なめまい・疲れると悪化・顔色が悪い・食欲低下・便通異常など
(鍼灸による施術方針)
健脾益気・補益気血
(ツボ)
脾兪・太白・足三里・陰陵泉・血海など

Ⅲ 痰濁中阻
肥甘厚味&辛辣酒酪な飲食などで脾胃を損傷したり、運動不足等により運化機能が低下すると、水穀は精微に変われないまま滞って痰湿→痰濁となります。痰濁が長期に滞ることにより経絡の流れを邪魔し、気血が脳に届かないことにより発症します。
(症状)
めまい・頭が重い・胸が悶々とする・悪心・嘔吐・痰が出る・脾胃不調・昼間眠いなど
(鍼灸による施術方針)
燥湿化痰・健脾益気
(ツボ)
胃兪・公孫・豊隆・足三里・陰陵泉など

Ⅳ 腎虚
先天的な腎虚、加齢、房事過多(特に男性)などにより腎精が不足すると、脳が空虚となるため、気力が続かない・物忘れ・耳鳴・足腰の弱体化などがあらわれやすいといえます。(脳は髄の海)
(症状)
めまい・耳鳴・疲れやすい・物忘れ・下肢の弱体化・生殖能力の低下など
(鍼灸による施術方針)
補益腎気
(ツボ)
腎兪・太渓・照海・三陰交・陰谷・気海など



※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 めまい