肩こり-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)


肩こりは首から肩にかけての不快感、重圧感、凝りを主とする症状であり、痛みを伴う場合もある。肩こりは背部に邪を受けたり、筋肉疲労、精神的・肉体的過労、眼精疲労などにより起こる場合もある。また、婦人科疾患、高血圧、低血圧、動脈硬化など多くの疾患にも随伴する。鍼灸により改善を図るときは、問診・聞診・切診・望診により症状を体質を考慮して施術する。

1風寒による肩こり(実、表、寒証)
(病因病機)
風寒の邪気が太陽・陽明経に侵入-営衛の運行が阻害され、患部の筋脈が拘急して肩こりになる。
(主症状)
発病が急、凝りが強く、風寒で加重、揉まれたり触られることを拒む、触れると冷感
(随伴症)
発熱悪寒、頭身痛、鼻水、鼻づまり、くしゃくなど。
舌の色は淡い、苔状の付着物は薄くて白い、脈は浮いていて緊張している。
(鍼灸の治療方針)
風冷を払い、凝滞した筋脈を疎通させる(疎風散寒通絡)

2寒飲による肩こり(実・寒・裏証)
(病因病機)
胸隔部に冷飲が停滞-陽気の運動が阻害され-肩部の筋脈失温陽-肩こり
(主症状)
コリが強く、冷やすと悪化、揉まれたり触られることを拒む、患部の腫脹、堅い、冷感
(随伴症)
悪心・嘔吐、胸悶、喘息、めまい、軽度浮腫
舌の上の苔状の付着物は白くてべっとりとしている、脈は力がなくて緩い
(鍼灸の治療方針)
中焦を温め、経絡を疎通させる(温化冷飲通絡)

3気滞血瘀による肩こり(実、裏証)
(病因病機)
情志失調-疎泄が失常-気滞
長時間の姿勢不良-患部の血循環障害  ・・・・・→気滞血瘀-肩こり
外傷による患部の気血運行が障害
(主症状)
こり、細絡が見える
(随伴症)
気分が塞ぐ、怒りっぽい、胸脇苦満、疼痛、月経不調
舌の色は暗い紫、ほくろのような点がある、脈は弦を張ったよう又は渋る
(鍼灸の治療方針)
気滞の改善を図り、血行の改善を促す。

4肝陽亢進による肩こり(裏、虚実の混在、寒/熱証)
(病因病機)
怒り・ストレス-肝気うっ結-気鬱化火-肝火が生じる→陰津を消耗-陰虚・・・・・→陽気亢進-頭頚部に上衝-肩こり
加齢・先天不足・性生活の不摂生・遅寝など-腎陰虚(肝腎同源)
(主症状)
こり、高血圧を兼ねることも多い
(随伴症)
めまい、怒りっぽい、不眠、多夢、口が苦い、目が赤い、顔色は紅潮、胸脇苦満、疼痛、月経不調
五心煩熱、寝汗、腰膝無力遺精(陰虚の症状)
舌の色は淡い、舌の上の苔状の付着物は少ない、脈は弦を張ったよう又は細い、速め
(鍼灸の治療方針)
陽気の亢進を抑え、肝腎の陰を補い、経筋の栄養を図る(平肝潜陽、養陰通絡)

5血虚による肩こり(虚・裏平証)
(病因病機)
各種原因の血虚-肩頚部の経絡の栄養を失う-肩こり
(主症状)
こり
(随伴症)
めまい、眼精疲労、目のかすみ、目の乾き、顔・唇・爪に艶がない
舌の色は淡い、舌の上の苔状の付着物は薄い、脈は細い
(施術方針)
血を補い、患部の栄養の改善を図る。

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを掲載しました。

よく見られる症状に戻る

トップへ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室-肩こり