喘息-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)


(概念)
東洋医学では喘息を哮喘という
哮:発作性の喘鳴を伴う呼吸困難  喘:喘鳴を伴わない呼吸困難
哮と喘の関係:哮は必ず喘を伴うこと。臨床では哮と喘はハッキリ区別しにくいので、哮喘と称する。

(喘息発生の病機と相関臓腑)
哮喘発生の基本病機:体内に存在する伏痰に各種原因で肺気の粛降失調が加わると喘息が発症する。
相関臓腑
1 肺−宣発・粛降を主り、呼吸を主る。各種原因(風寒、風熱に侵入等)により五臓六腑が障害されると呼吸異常が起こる。
2 脾は運化水湿を主る。脾虚により痰が生じ、痰は肺に留まり影響しやすい。(脾は痰の源、肺は貯痰の器)
3 腎−腎は納気を主る。腎虚になると納気の働きが弱くなり、呼吸に影響する。

(タイプ別病因病機、症状鑑別と鍼灸による施術)
1 実証の喘息
@風寒哮喘(表、寒実証)
(病因病機)
風寒の邪が伏痰のある者を犯し−宣散粛降の失常−昇降失調−喘息
(主症状)
発病は急、経過が短い、呼吸が粗い、胸悶感があり、吐出すると楽になる、脈は有力、痰は白色で薄い
(随伴症)
表寒証:発熱悪寒、無汗、舌質は淡い、苔は薄く白い、脈は浮いていて緊張している、寒冷・感冒で誘発される
(鍼灸による治療方針)
風寒の邪を散す、宣散粛降を改善する、鍼灸により瀉法を施す

A痰熱による喘息(表/裏、熱実証)
(病因病機)
風熱の邪が伏痰のある者を犯し−風熱+痰濁−宣散粛降が失常−昇降失調−喘息
(主症状)
発病は急、経過が短い、呼吸が粗い、胸悶感があり、吐出すると楽になる、脈は有力、痰が黄色で粘る
(随伴症)
煩熱、口が渇く、顔色潮紅、舌質は赤い、苔は厚く黄色あるいはベッタリと付いている、脈は滑らかで速い、風邪や食事により誘発
(鍼灸による治療方針)
熱邪を清窮する、痰を除去する、粛降機能を改善する、鍼灸により標実を瀉する

2虚証の喘息
@肺気虚(虚裏証)
(病因病機)
各種原因−肺気虚(気を主り、呼吸を主る働きが低下)−喘息
(主症状)
発病は緩、経過が長い、呼吸が促迫、息切れ、動くと増悪、脈が弱い、無力な咳・喘
(随伴症)
汗が出る、風邪を引きやすい、浮腫み
舌質は淡い、苔は白い、風邪により誘発が多い
(鍼灸による治療方針)
肺気を補益し宣降機能を強化し、哮喘を止める。鍼灸により補法を施す

A脾気虚による喘息(虚裏証)
(病因病機)
食事不節・過労など−脾胃を損傷−脾の水湿運化を失常−痰が生じ−肺に影響し−昇降機能失常−喘息
(主症状)
発病は緩、経過が長い、呼吸が促迫、息切れ、動くと増悪、脈が弱い、痰量は多い、無力な咳・喘
(随伴症)
倦怠感、食欲不振、軟便/下痢。
舌質は淡い、苔は白い/べっとり付いている、過労や食事により誘発
(鍼灸による治療方針)
脾気を補い、脾の運化を強化させることにより、粛降機能を改善する。補気を行う。

B腎気虚による喘息(裏虚寒証)
(病因病機)
慢性肺病−腎に波及し−腎気虚(腎陽虚)−腎の納気が低下+粛降機能低下-喘息
(主症状)
発病は緩、経過が長い、呼吸が促迫、息切れ、動くと増悪、脈が弱い、病程が長い、呼吸は吸うのが困難
(随伴症)
体と腰のだるさ、寒がり、四肢冷え、痰涎が稀薄、
舌色は淡い、脈は沈んでいて細い
(施術方針)
肺腎を補い、肺の力と腎納気を回復させる。滋陰を図る。

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的な例を掲載しました。

よく見られる症状に戻る

TOPへ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室-喘息