頭痛-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)


東洋医学的な鍼灸おいては、特に適応範囲は決まっていません。~科という分け方は西洋医学的分類であり、東洋医学にはそのような分類はありません。たとえば、「肝うつ気滞が原因」と弁証したのであれば、症状が頭痛であっても、不眠であっても、自律神経失調症であっても、疏肝理気を施すのが東洋医学的な鍼灸ですから、使うツボや手技も同様となります。

頭痛はよく見られるありふれた症状ですが、急性・反復性・慢性又は持続性・間欠性または短期間・長期間などの経過や時間の違い、前頭部・頭頂部・コメカミの辺り、両側や偏側などの部位の違いがあり、また、激痛・鈍痛又は刺すような・締めつけられるような・張るような・重い・・・といった違いもあります。原因や病態により様々な当該病が出るため、単純ではありません。東洋医学的な鍼灸では、詳しく中身を弁証し、改善を図ります。

1分類・・・大きく分けて外感と内傷に分類できる

ア 外感 頭痛
風・寒・湿・熱などの外邪の侵入により出るが、風邪が主体となっている。
①風寒・・・寒邪が作用して頭に気血の運行障害が生じて発症。
②風熱・・・熱(火)邪には炎上する特徴があるため、エネルギーが上に逆乱すると出る。
③風湿・・・湿のため清陽が上に到達しないと発症。

イ 内傷 頭痛
「脳は髄の海」といわれているが、これは主として肝腎に蔵されている精血と脾胃の運化による水穀の精微により栄養されている。したがって、内傷によるものは脾肝腎の三臓と密接な関係がみられる。
①肝陽の亢進によるもの・・・肝陽が亢進し上に影響すると出る。
②痰濁・・・痰濁が影響し、清陽が上に到達しないと発症。
③瘀血・・・外傷または久病により脈絡が阻滞により発症。
④腎虚・・・髄の海が空虚によると出る。
⑤気血両虚・・・うつろな為に清陽が昇らず、血虚のために栄養できないと出る。

2 鑑別
外感 頭痛は、急に発症し疼痛も激しく持続性がみられる。外邪によるものは、多くは実証。内傷によるものは緩慢に発症し、疼痛もさほど激しくなく、時々発症し、疲れると増強・・・という特徴がみられる。多くは虚証。また、瘀血によるものの多くは刺痛、鋭痛、疼痛部位が一定しているという特徴があり、または頭の外傷歴がある。痰濁によるものは、頭がぼんやりし、重だるさや悪心・嘔吐を伴いやすい。

3 主な病証
A)虚証例(気血両虚による頭痛)
(病態)清陽が頭に昇らず、頭を栄養できないと発症。動くと一層消耗するので、疲労により増悪する特徴がある。また、この場合、脾虚がベースにあり、疲労感・無力感・食欲不振などを随伴しやすい。
(症状・所見)
①主要症状・・・隠痛、疲労で増悪
②舌脈所見・・・舌質淡、舌苔白、脈細無力
③随伴症・・・倦怠感、無力感、心悸、食欲不振、顔色不華
(鍼灸による治療方針)
気血を補い、絡脈の通りを良くする。主としてエネルギーの生成を促すために、足の陽明、足の太陰のツボを取り、鍼灸により補法を施す。

B)実証例(痰濁 頭痛)
(病態)痰濁が影響し、さらに痰濁があるために清陽が上にうまく到達しないと起こる。この場合は、脾の運化作用の低下や、痰濁の上逆を随伴しやすい。
(症状・所見)
①主要症状・・・前額部痛、頭がぼんやり
②舌脈所見・・・舌苔白膩、脈滑
③随伴症・・・胸苦しい、胃のつかえ、悪心、嘔吐、泥状便
(鍼灸による治療方針)
痰濁の除去をはかり、絡脈の通りを良くする。主として任脈、足の陽明のツボを取り、寫法を施す

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

よく見られる症状に戻る

TOPへ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室-頭痛