吐き気、嘔吐-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

1脾気虚
(概略)
虚弱体質、年齢によるもの、病や薬の影響などで、脾胃の気血が不足するため、胃腑の降濁機能が低下するために上逆して吐き気、嘔吐が出ます。
(症状)
吐き気や嘔吐の他には、食欲低下、少し食べると胃がもたれる、疲労倦怠、元気不足などの消化器症状
(鍼灸による施術方針)
胃腑の降濁機能を回復させて、脾胃の力を補います
(ツボ)
中脘、脾兪、胃兪、足三里、内関など

2脾陽虚
(概略)
脾気虚が進行し、脾陽の温煦機能が低下すると虚寒症状を呈し、胃腑の降濁する力が不足するために(胃気上逆)吐き気、嘔吐をもよおします。
(症状)
吐き気や嘔吐の他には、冷える、寒がる、軟便や下痢、消化不良、食欲低下、少し食べると胃がもたれる、疲労倦怠、元気不足など
(鍼灸による施術方針)
脾胃を温煦して降濁機能を回復させます。
(ツボ)
脾兪、胃兪、陰陵泉、太白、腎兪など

3胃陰虚
陰津(自動車に例えるとエンジンオイルに相当)が不足して、円滑な生命活動を行うことができなくなり、飲食物を潤すことができなくなった病態です。
(症状)
吐き気・嘔吐の他に、ノドや口の中の渇き、冷たい水を飲みたがる、食欲はあっても食べられない、胸やけ、脈が速いなど
(鍼灸による施術方針)
胃の陰津を補って、胃の降濁機能を回復させます。
(ツボ)
脾兪、胃兪、足三里、陰陵泉、太白、太渓など

4湿困脾土
湿度の高い気候、飲食の問題(肥甘厚味・辛辣酒酪な飲食物)、運動不足、ストレスや薬の影響など胃気が影響を受け、上逆するために発症します。
(症状)
吐き気・嘔吐の他に食欲低下、腹部膨満感、身体が重だるい、軟便や下痢など
(鍼灸による施術方針)
脾気を補うことにより湿を除去し、胃の上逆状態を降濁する状態に戻します。
(ツボ)
脾兪、胃兪、豊隆、公孫、陰陵泉など



※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。


よく見られる症状に戻る

トップページへ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室-吐き気、嘔吐