生理”後”症候群-即効性を目指す鍼灸

一般的には「月経により不必要なモノが出て行く」と説明していますが、実際には、必要なモノも不必要なモノも同時に排出されます。よって、@実証やAB虚証のうちのA血虚・陰虚の方は月経が起こるとスッキリしますが、逆にB気虚・陽虚の方は月経後に体調を崩します。また、A+Bの場合は、生理前症候群+月経後症候群が同時にあらわれることがあります。あまりにも月経後に虚弱になる場合は生命維持装置が働き、生理不順(周期が長くなる)や無月経になります。








生理”後”症候群の症状(例)月経後半または月経終了後に症状があらわれます。

・疲労倦怠感、腹痛、下痢や便秘などの胃腸障害、腰痛、精神不安定、不眠、悪寒などの感冒様症状、残尿感、頻尿
(酷い場合)びくびくする、動悸がする、うつ、ぼ〜っとする、人が怖い→人と距離を置く→人が寄ってこない


施術方針

この症状は典型的な虚証ですから、補法が中心となります。
・血虚・・・補血(鍼)
・陰虚・・・滋陰(鍼)
・気虚・・・補気(鍼灸)
・陽虚・・・温補(灸)

女性特有トップ  

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 長嶋鍼灸室   リンク:月経後の症状