咳-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)


(概念)
咳嗽(がいそう)は肺疾患でよく見られる症状である。
咳:肺気上逆によるセキの音をいう
嗽:痰を喀出することをいう 
咳嗽=セキの音+痰の喀出  有声無痰の場合は咳逆という

(咳が発生する病理と相関臓腑と鍼灸)
1 肺の宣発粛降機能の異常は咳嗽発生の基本的な病理である。
2 脾の問題で痰湿を生じるので、嗽の発生と関係が深い(脾は痰を産生する元、肺は痰を蔵する器)
3 肝火上炎の時に肺に影響しやすい
4 腎気は納気を主る。腎の納気機能が低下すると、呼吸に影響。

(タイプ別病因病機、症状鑑別と鍼灸による施術)
1 外感による咳
@風寒咳嗽(表、寒実証)
(病因病機)
風寒邪気−宣散粛降機能失常−肺気上逆-咳
(主症状)
発病は急、表証を伴う、痰は白色、咳音が有力 
(随伴症)
表寒証:発熱悪寒、無汗、舌質は淡い、苔は薄く白い、脈は浮いていて緊張している
(鍼灸による治療方針)
風寒邪気を散す、宣散粛降機能を改善する、鍼灸により瀉法を施す

A風熱による咳(表、熱実証)
(病因病機)
風熱邪気が肺を犯し−宣散粛降機能失常−肺気上逆-咳
(主症状)
発病は急、表証を伴う、痰は黄色、音が有力
(随伴症)
表熱証:悪風発熱、有汗、舌先は赤い、苔は薄く黄、脈は浮いていて速い
(鍼灸による治療方針)
風熱邪気を清窮する、肺の宣散粛降機能を改善し、清熱を図る

2内傷咳嗽
@痰湿による咳(実裏証)
(病因病機)
食事不節・過労など−脾胃を損傷−脾の水湿が運化機能を失常−痰が生じ−肺の機能に影響し、上逆-咳
(主症状)
発病は緩、表証を伴わない、痰量は多い、音が有力
(随伴症)
腹脹満感、身重だるい、食欲不振。舌苔は白くてべっとり付いている、脈は滑らか、飲酒等の食素因や過労などにより増悪
(鍼灸による治療方針)
脾の運化機能を強化し、肺の痰濁を除去する、鍼灸により本虚標実を改善する

A肝火による咳(実裏熱証)
(病因病機)
ストレスなど−肝気鬱結−気鬱化火−肝火が生じる−肝火は肺に影響−宣降失常・上逆-咳
(主症状)
発病は緩、表証を伴わない、痰は少ない、粘って黄色。咳の音が有力、胸脇に違和感。
(随伴症)
イライラする、怒りやすい、顔色紅潮、咽頭は乾いている、口は苦い。
舌質の色は紅、苔は黄色、脈は弦を張ったようで速い、情志により誘発や増悪
(鍼灸による治療方針)
肝火・熱を清める

B肺腎陰虚による咳(裏虚熱証)
(病因病機)
呼吸系の慢性疾患は陰を消耗する−肺を潤せず−宣降失常・上逆−咳
先天不足、不節制、加齢、慢性疾患−腎陰虚−肺腎陰虚
(主症状)
発病は緩、表証を伴わない、乾いた咳、血痰、喀血
(随伴症)
潮熱(微熱)、寝汗、五心煩熱、不眠、腰膝に力が入らない
舌色は赤、苔は少ない、脈は細く速い
(鍼灸による治療方針)
肺腎の陰を補い、熱を清める

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的な例を掲載しました。

よく見られる症状に戻る


トップページへ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室