体質(証)説明の難しさ

〇お客様には、東洋医学的観点から見た体質を説明しなければなりません。しかし、それが最も困難な作業のひとつです。結論から申しますと、100%正確に説明することは難しいです。なぜならば、鍼灸にお来しになる方々は、西洋医学的な思考回路しか存在しないからです。西洋医学的発想と東洋医学的発想は、根本的に異なります。この全く違う次元のものを、無理矢理ひとつにしようとした時点で意味がブレてしまいます。具体的な例を挙げてみましょう。

鍼灸師(私)「あなたは腎陰虚です」

お客様「”腎”って腎臓の腎ですか?私の腎臓は悪くありません。検査結果も正常です」

私「西洋医学的な発想の腎臓とは違います」

お客様「腎っていう字は腎臓の腎ですよね。時代劇などで”腎の臓”と言っているのを見た事があります」

私「字はそうです。」

お客様「ではどこが違うのですか?」

鍼灸師(私)「五行色体表の一番右の縦列が腎です」

お客様「耳は腎臓とは関係ないですよね」

私「耳は腎の竅(あな)です」

お客様「どこで腎とつながっているのですか?」

鍼灸師(私)「・・・」

このような禅問答になってしまいます。”東洋医学的発想の腎”を”西洋医学的発想の腎臓”に、無理矢理置き換えようとしている時点で、すでに説明の趣旨が伝わっていません。「じゃあ、どう理解したらよいのだ?」といわれたら、「腎は津液代謝を主り・・・」と説明し始めると、時間がいくらあっても足りません。しかも、東洋医学的なものは感覚でとらえる要素があるため、理屈のみで理解しようとしても無理です。別にお客様の理解力が劣っている訳ではなく、長年にわたる西洋医学的教育により、西洋医学的な思考回路が出来上がっている訳ですから当然です。




〇「私は鍼灸院で体質の説明を受けて納得した」とおっしゃる方もいると思います。しかし、突っ込んで考えてみると、お客様に分かりやすく噛み砕いて説明した時点で、すでに西洋科学的方向にブレてしまっている場合が多いと思われます。たとえば、東洋医学用語で「血虚(けっきょ)」というものがあります。字のとおり血が足りないわけですから、「血が足りない=貧血」と考えれば、お客様にとっては分かりやすいでしょう。しかし、それは間違った解釈です。西洋医学的な血(ち)と東洋医学的な血(けつ)は、全く意味が違います。

〇西洋医学的な血(ち)とは、血管を切った時に出てくる血を意味することは皆さんご存知でしょう。しかし、東洋医学的な血(けつ)とは、生命維持に必要な潤滑油のことをあらわしています。つまり、東洋医学的な考えの最大の特徴は、「解剖して出てくるものを想定している訳ではない」ということです。

〇次に”気”について考えてみましょう。気はこうして身体内部を巡っている、というのが東洋医学的な鍼灸の常識です。それに比べて西洋科学は、解剖して出てこないものは「ない」とするのが基本です。「気はない。どこにあるのだ。あるのなら、見せてみろ。」というのが西洋科学的発想です。

〇肚(ハラ)=道教では丹田 というものがあります。肚(ハラ)は肝(キモ)とは字が違うだけでなく、全く別物です。鍼灸の世界に限らず、我が国では昔から「肚(ハラ)を据えてかかれ」「肚(ハラ)に力を入れろ」という表現を、当たり前のようにしてきました。つまり、多くの人が感覚的に認識していたのかもしれません。しかし、現代では自分の身体で認識している人は、1000人に1人もいないでしょう。場所的には下腹部ですが、下腹部を解剖しても肚(ハラ)は出てきません。しかし、自然の生態系に身を委ねて暮らしてきた東洋の人たちは、自分自身の感覚で理解していたと思われます。

〇昨今は整体院も含め、鍼灸などの施術所が増えました。しかし、本来の東洋医学的施術を行っている所は、それ程多くはないでしょう。西洋医学的な土台の上に、東洋医学的発想をのせて、「東洋医学」と証している鍼灸院や整体院なども散見されますし、オカルト東洋医学をうたっている所も多いのが現状です。

〇「腰が痛いのは、〇〇という筋肉が・・・」とか、「腰椎の何番が・・・」という説明が出てきた時点で、それは東洋医学ではなく、西洋医学です。「この腰痛は足の少陽胆経の問題です。」という説明が出てきたのならば、それが東洋医学です。しかし、そのままお客様に説明すると「胆は胆嚢(たんのう)ですか?」という禅問答の続きとなりますので、東洋医学的説明は難しいのです。

〇通り一遍(とおりいっぺん)の形式的な説明をするのは、お客様に対して失礼だと考えているため、正確さを重視すると、どうしても東洋医学用語や気血で説明しなければならず、そのために分かり難くなります。東洋医学的発想をする鍼灸師の私と、西洋的発想をするお客様とでは、どうしてもジレンマが生じてしまう・・・という現実に四苦八苦している”説明下手な長嶋”です。それでも、できる限り分かりやすく説明できるように努力してまいります。 

(2009.12記)

トップページへ

ちょっと一息 

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 長嶋鍼灸室