小児-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

小児は五臓六腑が未成熟なために繊細で、病の変化も速いのが特徴です。そのため、大人に比較した場合、極めて弱い刺激量でも充分に反応します。

●小児の生命状態
Ⅰ臓腑が未成熟
小児は臓腑が虚弱で不安定のため、五臓六腑の保護に充分注意して鍼灸 施術を行います。五臓六腑の中でも、肺・胃腸・生命力の根(腎)の力を旺盛にすることを目的とします。
(1)肺
肺は気を支配し、皮膚の表面部分を主(つかさど)ります。小児は肺の力が不足すると風邪を受けやすくなり、感冒様症状に罹りやすくなります。呼吸器に関する症状については、肺気虚弱の可能性があります。
(2)胃腸
胃腸は気血の大元です。小児は胃腸が未成熟で、過食や冷飲食により胃腸障害などに陥りやすい、といえます。これらの症状が慢性化すると、飲食物からエネルギーを作り出す機能が衰え、ひ弱な小児になりがちです。胃腸虚弱は肺気虚弱の元ともなります(胃腸と肺は母子関係)。

(3)腎(生命力の根)
腎は先天の大元・精を蔵します。精は髄を生み出し、髄は骨を養い、脳を満たします(脳は髄の海)。先天的腎虚、慢性症状による腎精虚弱などにより、生命力全体が弱くなり、骨・肉体・脳の発達の遅延などの可能性が出てきます。

Ⅱ小児は発育力が旺盛
子供の五臓六腑は虚弱ですが、発育が速い特徴も併せ持っています。年齢が低いほど発育速度が速く活発であるため、病気に罹患しても改善が速い特徴もあります。

●病の特徴
Ⅰ小児は病に罹りやすく、変化も迅速
五臓六腑が発育途上であるため、抵抗力が強くなく、外邪の侵入を許しやすく、病にも罹りやすい、といえます。小児は病の移り変わりも迅速で、寒熱虚実が変化しやすいです。

Ⅱ小児の病は改善しやすい
病に罹りやすいが、生命力も旺盛なため、改善も速い特徴があります。

●小児 症状の原因
Ⅰ先天的素因
お腹の中にいるときは母体の影響を受けやすいため、特に小さいうちは先天的要因を疑う必要も出てきます。

Ⅱ外因
小児は自然の影響を受けやすく、外邪の侵入を許しやすい特徴があります。これを六淫の邪気といいます。
①風:風邪が侵入することが多い。子供の肺は虚弱なため、すぐに感冒にかかりやすく、呼吸器系統に影響を及ぼしやすい。
②寒:子供は寒邪に対しても敏感で、寒気に影響されたり、冷飲食をするとすぐに影響を受け、消化器症状に陥りやすい。
③暑:暑邪に影響されると、熱が出たり、日光にやられたりします。
④湿:湿邪に影響されると、消化器症状に陥りやすくなります。また、小児は皮膚を主る肺も未成熟なため、湿疹などの症状も散見されます。
⑤燥:燥邪にやられると、生命維持に必要な潤いを消耗しやすく、肺気がやられやすい。元々肺が弱い子供は秋の燥邪の悪影響を受けやすく、咳や風邪などの状態に陥りやすくなります。
⑥火:小児は外邪による温病に罹りやすい。高熱が出ると病の進行も速く、重くなる傾向があります。

Ⅲ胃腸の問題
小児の虚弱体質による症状には、胃腸の問題が最も強く反映されます。食べ過ぎや食べない過ぎは胃腸に悪影響を及ぼします。子供には下痢・嘔吐・腹痛などの消化器の症状が多くみられます。小児の発育を考慮すると、気血の源である胃腸機能を調節・保護することは大切です。正しい飲食・正しい睡眠・正しい運動は養生の基本です。

●小児への鍼灸 施術
Ⅰ肺気虚弱
(症状)
①感冒にかかりやすい:肺は体の表面の生命状態を支配します。肺気が強くなれば、体表の防衛機能が向上し、風邪に罹りにくくなります。
②汗をかきやすい:肺は皮膚を支配します。肺気不足になると汗の出入りを調節する機能が低下し、汗の固摂機能が低下するため、体外にあふれ出ます。
③咳:外邪が入って肺気を損傷すると、咳することが多く、小児の場合、気管支炎・喘息・肺炎などに移行する可能性があります。
④面目が白い:肺の色は白
⑤声に力がない:声の動力源は肺です。
⑥息切れ:子供は走り回って普通です。じっとしているようであれば、肺気を補うことを考慮する必要があります。
(鍼灸 施術の方針)
肺気を補い、体の表面の防衛能力を強める。
(鍼灸に用いるツボ)
肺兪・太淵・合谷・足三里・脾兪など

Ⅱ胃腸虚弱
(症状)
①疲労倦怠・気力がない:胃腸は四肢を主ります。胃腸の力が不足すると運化機能が低下し、全身に廻る陽気が不足し、疲労倦怠などの状態になりやすい。小児が遊びまわらないでじっとしているようであれば、当該症状を疑う必要があります。
②痩せる(または水太りする):飲食による栄養の消化吸収能力が低下すると、後天のエネルギーを生み出しにくくなるため痩せます。しかし、アマリモノを捌けなくなると、逆に太ります(肥人多痰、肥乃気虚也 虚則気不運行、故痰生也・・・肥満者は痰が多く気虚(エネルギー不足)である。虚により気が滞りめぐりが悪くなるので、痰が生じる)。
③食欲減退:胃腸の機能低下です。食べたがらない小児の胃袋に無理やり詰め込んでも、消化吸収できません。
④腹痛:食後に痛むのは胃(そのもの)の弱り、空腹時に痛むのは脾(胃の動力源)の弱りです。
⑤下痢:消化吸収能力低下→水湿を運ぶ能力の低下→水湿が余る→小便だけでは排出できずに大便に回る
(鍼灸 施術の方針)
胃腸機能を強化して消化吸収能力を高め、飲食物からエネルギーを生産しやすくする。胃腸が強くなると、肺の力も強くなります(肺と脾は母子関係)。
(鍼灸に用いるツボ)
足三里・脾兪・陰陵泉・中脘など

Ⅲ先天的生命力不足(腎虚)
(症状)
①発育が遅い:腎は先天の大元であり、精を蔵します。腎虚の場合、小児の身体・頭脳の発達遅延などがみられます。
②歯が弱い・髪に力がない:腎は骨を主り、歯は骨の余りです。腎虚により、歯が生えるのが遅い傾向があります。また、腎の華は髪ですので、髪に力がありません。
③顔色が白い・四肢が冷たい:全身の陽気を司る陽気が不足した症状です。
④寝汗をかく:盗汗といい、腎陰虚(エンジンオイル不足)の特徴です。
(鍼灸 施術の方針)
腎を補うことにより生命力の土台をしっかりとさせ、小児の心身と脳の機能を旺気させる方向にもっていきます。
(鍼灸に用いるツボ)
照海・腎兪・脾兪・陰陵泉など

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 小児