うつ-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

二元論:精神と肉体を切り離して考える。精神的な・・・肉体的な・・・などの表現は二元論の考え方。
一元論:精神も肉体も五臓六腑から発している。精神的な・・・肉体的な・・・などと、精神と肉体を別々に論じる発想はない。
東洋医学の基本は一元論です。肉体的な問題も精神的な問題も、五臓六腑の状態を良くすることにより改善する、という考え方を採ります。ここでは、”うつ”に焦点を当てて弁証論治の例を挙げてみます(それぞれの弁証において、すべてが当てはまる人はいません。また、複数の弁証が混ざって出る場合も多く見られます)。

1心脾両虚による”うつ”
(症状)
・不眠・多夢・・・心(しん)のエンジンオイルが不足して、蔵神機能が落ちている状態です。
・精神不安定・・・腎は根、心(しん)は華に例えられます。根が虚して華が重くなると、”うつ”などの不安定な状態になります。
・めまい・・・五臓六腑の滋養不足→脳の滋養不足
・面色白・・・上の方にエネルギーが行渡りません。
・疲労倦怠・・・五臓六腑の虚により四肢を滋養できません。
・食欲が落ちる・・・脾胃のエネルギー不足、また、脾胃にエネルギーを送る心の力が落ちる
・舌色が淡い・・・気血不足
・脈が弱い・・・五臓六腑の虚
(施術方針)
心脾のエネルギーを補う、気の根を補う
(鍼灸に用いるツボ)
太けい、照海、中かん、足三里

2肝気鬱結による”うつ”
(症状)
・鬱屈した気分、易怒、イライラ、人を許せない・・・疏泄機能の低下を表します。
・胸や側腹部が張る・・・足の厥陰経が詰まっています。
・食欲減退・・・厥陰経は胃を纏います。
・口が渇く・・・肝鬱気滞→化火→エンジンオイルを吸い上げた結果です。
・側頭痛・・・足の少陽胆経は肉体の横面を通ります。側腹部が張るの同様です。
・生理不順・・・足の厥陰経が詰まると生殖器のエネルギーの流れも滞ります。それが長引くと生理痛などが出る場合もあります。
・舌色は紅、苔は黄色・・・肝鬱気滞→化火の症状です。
・脈弦・・・比較的、力のある脈です。
(施術方針)
疏肝理気、補腎陰
(鍼灸に用いるツボ)
太衝、百会、合谷、太けい、照海

3気滞痰湿による”うつ”
(症状)
・胸がモンモンとする・・・気と痰飲が胸に停滞しています。
・いつも胃が詰まっている・・・脾胃の低下です。
・咽喉の閉塞感・・・梅核気といいます。
・嘔吐感、食欲減退・・・脾胃の機能低下を表します。
・舌苔粘・・・痰湿の滞りです。
・脈滑・・・五臓六腑の虚
(施術方針)
補気、除痰湿
(鍼灸に用いるツボ)
中かん、足三里、公孫、豊隆

4腎陰虚による”うつ”
(症状)
・腰が重だるい・・・腰は腎の外の府
・精神の問題、神経質、易怒、イライラ・・・蔵神機能減退
・(男性)生殖能力低下、遺精(女性)月経不順
・掌・足の裏のほてり・・・五心煩熱といいます
・寝汗・・・盗汗
・耳鳴・めまい・・・髄の生成不足、脳髄の空虚
・舌紅・・・虚火
・脈が細い、または速い・・・エンジンオイル不足による細脈、虚火による速い脈
(鍼灸に用いる施術方針)
補腎陰
(ツボ)
太けい、照海、復溜、陰谷、三焦兪

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを載せました。

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 ”うつ”