坐骨神経痛-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

本病は片方の腰や下肢に急激な痛みが出たり、継続した持続性の痛みがみられる。痛みは腰・殿部または股関節から始まり、太ももの裏側・ふくらはぎ、又は太ももの外側・ふくらはぎの外側に沿って、外くるぶしの方まで疼痛が及ぶ坐骨神経痛も見受けられる。
腎(生命力の土台)の虚を本丸とし、胃や腰の問題やストレス、物理的負担などの直接的な要因も関与する。

①寒湿阻滞タイプの坐骨神経痛
(概要)
腰の外側の筋肉の痛みがみられがち。痛みは下方に向かい、太もも裏側・膝の後ろ側・ふくらはぎの外側に向かっていき、冷えると増悪する。患部は冷えた感覚があり、天候不良も増悪因子になる。暖めることにより、軽減する。
(治療方針)
散寒除湿、温経通絡
(鍼灸で用いるツボ)
環跳、陽陵泉、委中、腎兪など

②気滞経絡タイプの坐骨神経痛
(概要)
痛みは軽い時と重い時があり、波がある。大変な時は下肢の曲げ伸ばしができず、歩くのにも支障をきたし、腰を捻ることもできない。咳をしても悪化する、痛む所が移動する、など。
(治療方針)
理気通絡
(鍼灸で用いるツボ)
環跳、太衝、臨泣、地五会、内関など

③瘀血タイプの坐骨神経痛
刺すような痛みがあり、患部がピンポイントでハッキリしており、押すと激痛がする。重い場合は寝たきりになってしまう。患部をマッサージすると悪化する。
(治療方針)
活血化瘀
(鍼灸で用いるツボ)
三陰交、隔兪、血海など

④気血両虚タイプの坐骨神経痛
気と血が共に不足することにより、坐骨神経痛があらわれる。気とは人体を構成し、生命を維持するための基本物質のひとつ。自動車に例えるとガソリンのことであり、胃腸を通して得られる営気と、肺を通して得られる宗気が代表的である。血とは自動車に例えるとエンジンオイルのことであり、人体に存在するエネルギーの元となる水液のことである。この2つがともに不足することにより、全身倦怠感・呼吸器の問題・胃腸の問題などが随伴してあらわれるケースがある。
(治療方針)
補気(補脾・補肺)
(鍼灸で用いるツボ)
三陰交、脾兪、肺兪、足三里など

⑤湿熱タイプの坐骨神経痛
(概要)
坐骨神経痛の特徴としては、下肢が重く患部が熱く感じる痛みがある。長く同じ姿勢を続けていると悪化し、動かすと楽になる。湿度が高いときや暑い気候で悪化することもある。
(治療方針)
清熱利湿
(鍼灸で用いるツボ)
内庭、上巨虚、陰陵泉、脾兪、胃兪など

⑤腎虚タイプの坐骨神経痛
腰や下肢が重くだるい、下肢の無力、ジワジワとする、激痛ではないが、同じ姿勢を継続すると悪化する、マッサージすると気持ちが良い。
(治療方針)
補填腎精
(ツボ)
委中、腎兪、太谿、復溜etc

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを網羅することはできないため、セオリー的なものを掲載しました。

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2017  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 坐骨神経痛