顔面神経麻痺-即効性を目指す鍼灸


顔の半分が歪んでいる状態を 顔面神経麻痺といいます。中枢性と末梢姓に区分されますが、どちらも顔面神経のルート上に問題が生じて麻痺(マヒ)が発症します。症状としては、兎眼(目を閉じられない)・眉毛の下垂(上にあげられない)・口唇の下垂・普通にしゃべることができない・口笛を吹くことができない、食事をとることが普通にできない 等が挙げられます。
中枢性麻痺などの場合は、注意が必要です。

Ⅰ注意を要するもの
中枢性麻痺:軽い症状でも、下顔面筋の麻痺などの顕著な特徴があります。

耳性麻痺:中耳炎から麻痺が起きたもの。

腫瘍性麻痺:耳鳴りやめまい等を伴います。

他にも、外傷後の麻痺やマヒが極めて強く出ている場合は、注意が必要です。

後述の末梢性麻痺ならば重くありませんが、場合によっては(上述のように)脳腫瘍の可能性も出てきます。頭部に外傷を負った後に起こる場合や、徐々に発症して段々と悪化していく場合は、脳神経が関係してくるものや 耳の病気が関係する場合もあるため、注意が必要です。医師の診察を受けることをおすすめします。

Ⅱ鍼灸の適応となるもの
ベル麻痺やラムゼイ・ハント症候群などが適応となります。

1ベル麻痺

末梢性麻痺のうち、西洋医学的検査をしても原因不明な場合で、顔面神経麻痺の中では最も多くみられます。

(原因)
神経に対する血行の不良がみられることから、顔面神経における伝導障害が発生しており、それが麻痺につながっていると思われます。ハッキリとした原因は明確になっていませんが、単純ヘルペスウイルスの関与が指摘されています。

(誘因)
働き過ぎや欲求不満、バイクに乗って風に当たった、扇風機の風に当たった等

(症状)
前駆症状がみられず、突発的に顔の右半分もしくは左半分が麻痺します。目を閉じることに支障を来す、額にしわがよらない、唇が下垂する、普通に会話ができない、口笛を吹けない等

障害を生じている部位により、味覚障害、聴覚過敏、唾液や涙の分泌異常などを起こすこともあります。

2ラムゼイ・ハント症候群
顔面神経麻痺に伴い、耳が聞こえにくい・めまい・耳鳴り・外耳炎などが併行して起こる疾患です。

(原因)
水痘・帯状疱疹ウイルスの感染が原因とみられています。末梢姓に区分されます。耳性帯状疱疹に区分されます。

(症状)
顔の半分に歪みが生じるとともに、同側の耳の周囲に小さな水泡ができて、激しい痛みが生じる場合があります。耳が聞こえにくくなったり、めまいが出たり、患部の皮膚感覚が鈍くなることがあります。

(鍼灸の施術方針)
全身の血行を改善することにより、患部の血行を改善させます。それにより、顔面の筋肉が萎縮しないように促し、神経の正常な機能を回復するように働きかけます。

ラムゼイ・ハント症候群において、痛みがある場合には鎮痛を図ります。また、めまいがある場合には めまいの軽減を図るなど、対症療法も臨機応変に行います。

(施術部位)
施術については、純粋な東洋医学的理論に基づいて行います。東洋医学は全体治療ですので”患部に施術する”という考え方は希薄です。体幹=身体の中心部(背中・上腹部)及び 身体の外側(四肢末端)に施術することにより、身体の中に眠っているエネルギーを全身に巡らせることが期待でき、患部の改善につながる・・・と考えます。そのため、施術する部位は、①肘から先に位置するツボ ②膝から下に位置するツボ ③背中(首~腰) ④胃袋の辺り となります。

※腹部は胃袋の辺りのみです。下腹部や胸を出す必要はありません。患部を拝見することもありません。

これらの施術部位については、理論的根拠もあります。こちらをご覧ください。東洋医学の教科書的な考え方に則ると、大切なツボは①~④に集中していることが分かります。そのため、①~④に位置するツボへの施術で、全身の生命力を活性化することができるため、それ以外の部位のツボに施術する必要はありません。

ページの最初に戻る


よく見られる症状に戻る


顔面痛へのリンク


トップページへ

Copyright(C)2005-2021  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)即効性を目指す 長嶋鍼灸室 顔面神経麻痺