排尿障害-即効性を目指す鍼灸院
(埼玉県 川越市)

排尿障害とは、尿の排泄がスムーズに行かないことをいい、排尿に必要以上に時間を要したり、排尿に疼痛が伴ったり、場合によっては残尿する、などの症状が出ます。

(1)膀胱湿熱
肥甘厚味・辛辣酒酪の飲食や運動不足・季節的影響・体質的素因などにより、脾胃の運化がスムーズに行かず、湿熱下注または湿熱の邪が入り、それが足の太陽膀胱経に蓄積し、温熱の邪が尿路を阻滞するために、排尿障害となります。
(症状)
排尿がスムーズにいかない、尿意促迫を伴う、排尿痛、頻尿など
(施術方針)
足の太陽膀胱経脈を涼熱し、湿熱の邪を散ずる(清熱利湿)
(ツボ)
湧泉・気海兪・合谷・委中・大腸兪などに鍼のみで対応

(2)少陽枢機不利
傷寒や温熱などの外邪が足の少陽胆経や手の少陽三焦経に侵入して、経脈の流れを邪魔し、三焦が通利しなくなるために、排尿障害となります。
(症状)
残尿感があり尿量が少ない、口が苦い、脇が張る、吐き気や食欲不振、めまい、発熱などを伴う例もあります
(施術方針)
傷寒や温熱などの外邪を散布させ、手足の少陽経を通利することにより、三焦を通利させる(透邪外泄)
(ツボ)
厥陰兪・陽池・内関・外関・陽陵泉・丘墟など(鍼と灸)

(3)肝うつ気滞
心療的な問題・過度なストレス・プレッシャーなどにより、肝気が鬱結し、疏泄が滞るために、足の太陽膀胱経脈の気機が失調し、排尿障害となります。
(症状)
スムーズに排尿できない、尿意促迫、イライラ、憂鬱感、易怒、脇が張るなどを伴うこともあります
(施術方針)
肝木の鬱積を取り除き、疏泄をスムーズにする(疏肝理気)
(ツボ)
肝兪・胆兪・太衝・行間・陽陵泉・丘墟など(鍼のみ)

(4)気虚
飲酒などの不摂生・運動不足・体質的素因・加齢・過労などにより、後天の精が不足し、推動が無力化され、排尿するための膀胱の力が足りなくな、排尿障害となります。
(症状)
排尿に時間を要する、排尿力不足、元気がない、易疲労、消化器の生命力不足、肺の生命力不足など
(施術方針)
後天の精を補い、排尿に要する力をつける(脾肺益気)
(ツボ)
肺兪・脾兪・胃兪・中脘・合谷・太淵・足三里・陰陵泉・太白など(鍼と灸)

(5)腎虚(陰虚・陽虚)
腎精からから生発する先天の精が足の太陽膀胱経脈を調節して、排尿をスムーズに施しますが、加齢・医源性・性生活の過度・体質的素因などにより、先天の精が不足して、足の太陽膀胱経脈の気機が失調するために、排尿障害となります。
(5-1)陽虚
腎陽が足りなくなり、温く能力が低下て虚寒となるために起こります。
(症状)
尿意を感じてもスムーズに出せない、排尿後の滴下、失禁、頻尿、極度の寒がり、元気不足など伴うこともあります。
(施術方針)
足の少陰経脈・足の太陽経脈の温くを図り、排尿を正常にできるようにする(熱補腎陽)
(ツボ)
腎兪・気海兪・大腸兪・三陰交・命門・復溜など(灸のみ)
(5-2)陰虚
腎陰が不足して虚熱を生じることにより、足の少陰経脈・足の太陽経脈の気機が失調するために、排尿障害となります。
(症状)
尿の色が濃い・少量の排尿・顔のほてり・寝汗・掌足の裏のほてりを伴うこともあります。
(施術方針)
足の少陰経脈・足の太陽経脈の虚熱を冷まし、同時に陰精を補うことにより、足の少陰経脈・足の太陽経脈の気機を正常化します。
(ツボ)
三陰交・太渓・復溜・照海・陰谷など(鍼のみ)


※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを掲載することはできないため、セオリー的なものを取り上げました。

ページの最初に戻る

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2018  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 排尿障害