排尿障害-即効性を目指す鍼灸


1排尿障害の種類

排尿トラブルには、排尿頻度の異常、排尿困難、尿失禁などがあります。

ア排尿困難
(症状)
尿が出にくいことをいいます。具体的には、おなかに強く力を入れないと出ない、尿が出始めるまでに時間がかかる、尿の勢いがない等の状態です。つまり、尿意を催しているにも関わらず、スムーズに排尿できない状態を指します。膀胱の収縮する力が不足したり、尿の通り道に抵抗があったりすると、尿が出始めるまでに必要以上に時間がかかったり、尿の出る勢いが弱くて 尿線も細くなり、排尿が終わるまでに時間を要したりする などの症状が生じることがあります。

(病態)
膀胱の収縮力の低下、尿道の抵抗の増加によって発症します。

(原因)
前立腺肥大症(男性)、神経因性膀胱など

イ頻尿
(症状)
正常であれば、尿意を感じても一定時間は我慢できます。この我慢できる時間が短くなり、結果的に排尿頻度が多くなることをいいます。

(病態)
①膀胱刺激状態:膀胱炎などで膀胱が過敏になっているため
②残尿:尿が膀胱に残っているために頻度が高くなる
③神経因性膀胱:膀胱の働きをコントロールする神経の障害

(原因)
過活動膀胱、残尿、多尿(尿量が異常に多い)、尿路感染、心因性など

ウ尿失禁
(症状)
自分の意思に反して、何らかの拍子に尿が漏れる状態をいいます。

(病態)
膀胱内圧が尿道内圧を超えると生じます。

(原因)
前立腺肥大症(男性)、膀胱周囲の神経機能の低下、機能性の尿失禁など

2鍼灸の適応
慢性前立腺炎や膀胱炎、機能性尿失禁や頻尿、神経因性膀胱などは鍼灸の適応となります。

(1)慢性前立腺炎
(原因)
細菌性:細菌が尿道を経て前立腺に侵入し、炎症を起こすことにより発症します。

非細菌性:前立腺へ尿が逆流することや、骨盤内の前立腺の感覚異常により痛みが生じる 等が考えられていますが、ハッキリとした原因は解明されていません。

(症状)
排尿困難、会陰部の不快感、鼠径部の鈍い痛み、頻尿などがみられます。また、頭痛や倦怠感などの全身的な症状が出る場合もあります。

(2)神経因性膀胱
(原因)
排尿機能に関係する神経系統が障害されて起こります。脳の障害、脊椎や脊髄の障害、糖尿病、手術の後遺症などによって生じます。

(症状)
頻尿、尿失禁、排尿困難など

3鍼灸施術の方針
排尿機能を整え、スムーズな排尿を促します。また、自律神経を整え、全身的な不定愁訴の改善を図ります。

施術部位
施術については、純粋な東洋医学的理論に基づいて行います。東洋医学は全体治療ですので”患部に施術する”という考え方は希薄です。体幹=身体の中心部(背中・上腹部)及び 身体の外側(四肢末端)に施術することにより、身体の中に眠っているエネルギーを全身に巡らせることが期待でき、患部の改善につながる・・・と考えます。そのため、施術する部位は、①肘から先に位置するツボ ②膝から下に位置するツボ ③背中(首~腰) ④胃袋の辺り となります。

※腹部は胃袋の辺りのみです。下腹部や胸を出す必要はありません。患部を拝見することもありません。

これらの施術部位については、理論的根拠もあります。こちらをご覧ください。東洋医学の教科書的な考え方に則ると、大切なツボは①~④に集中していることが分かります。そのため、①~④に位置するツボへの施術で、全身の生命力を活性化することができるため、それ以外の部位のツボに施術する必要はありません。

ページの最初に戻る


よく見られる症状に戻る


頻尿へのリンク


トップ

Copyright(C)2005-2021  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)即効性を目指す 長嶋鍼灸室