排尿困難

Ⅰ社会通念的な考え方
尿を出しづらいことを排尿困難と称します。お腹に力を込めてふんばらないと出ない、尿が出始まるまでに必要以上に時間がかかる、尿の勢いが極めて弱い、出終わるまでに必要以上に時間がかかる、等の状況がみられます。

中高年の男性で尿を出しづらいケースでは、とりあえず可能性として高いのは前立腺肥大です。この症状は男性の排尿困難の中で最多といえます。尿を排出しづらいことにプラスして、頻繁に出たくなる、出た後も膀胱に残っている感覚がある等の症状も散見されます。

前立腺というものは男性のみに存在する器官で、膀胱から尿道へつながる辺りにあります。一般的な大きさでは、栗の実程度といわれています。前立腺は、男性ホルモンの衰退などの関係で、加齢にしたがって大きくなる傾向があります。それが一定を超える大きさになると、尿道周りから圧迫を受けるので、尿の出がスムーズにいかなくなり、排尿困難となるわけです。

前立腺肥大によって発症する現象としては、人によっては50歳代からみられることもあり、70歳以上の男性では50%以上の人に当該症状が潜伏している、といわれています。しかし、前立腺の肥大は段々に進んでいくので、相当程度、進行してからようやく気づくことも多いようです。

尿が出づらいと自覚している男性で、突然に尿が出なくなるケースもあります。この症状を尿閉といい、前立腺肥大がみられる人に多いといわれています。殊に、ある種の薬を服用したり、アルコールを限度を超えて飲んだり、長い時間にわたって座った状態をキープしていると、前立腺がうっ血することになり、尿閉の原因になる例も散見されます。

Ⅱ東洋医学的な考え方
(1)膀胱に不必要な熱がこもっている場合(2)腎のエネルギーが不足している場合(3)余計な水分を代謝できない場合、などがあります。

(1)膀胱に熱がこもり、その熱を捌けない場合
出たい欲求が度々起きても、すっきりと出ずに尿が残っている感覚がある場合は、膀胱に熱がこもっていると考えます。この場合、鍼にて膀胱にこもった熱を冷まして正常な状態にもっていきます。

(2)腎のエネルギーが不足している場合
中高年になると、腎にしまわれていた先天のエネルギーも、肺と消化器から取り入れる後天的なエネルギーも十分に補充できなくなってきます。腎は西洋医学でいうところの泌尿生殖系を統括するところですので、腎のエネルギーが不足するとスッキリでなくなったり、トイレを使う頻度が多くなったります。また、尿がでたい欲求があってもスムーズに出ず、尿が残っている感覚がある状態もみられます。このような症状については、鍼または灸をもちいて腎の不足している気を補って、腎膀胱系統の生命力を活性化します。

(3)水分の代謝が悪い場合
腎臓の状態が悪くなると、尿がスムーズに出なくなるとともに、むくみが生じることもあります。このむくみは余計な水分を捌けずに生じるものです。鍼または灸を用いて水分の流れをよくして、むくみとともに排尿困難な状態も改善を図ります。

ページの最初に戻る


よく見られる症状に戻る


トップ

Copyright(C)2005-2021  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室