鼻水・鼻づまり-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

T本来の東洋医学
他サイトへジャンプ

U社会通念的な考え方(西洋医学)
(鼻が詰まる)
鼻が詰まる・・・とは、口でしか呼吸できない場合や、鼻の穴の片方を閉じてしまうと呼吸できない状態をいいます。鼻づまりにプラスして青ばなを確認できる場合は、慢性副鼻腔炎の可能性があります。また、風邪をひいていないにも関わらず鼻づまりやクシャミが頻繁に出て継続する場合は、アレルギー性鼻炎の可能性が出てきます。アレルギー性鼻炎は小児の頃から確認できる場合が多くあり、アレルギー体質であったり、アレルギーの家族歴がある場合には、その可能性が高くなります。
春の一定のシーズンにアレルギーのような症状が確認できる場合には、花粉症の可能性もあります。みなさんご存じのように、目の痒みなどで大変な思いをする人が多いでしょう。
鼻が左右の片側ずつ詰まり、しかも同時ではなく右→左→右→左と繰り返し、それ以外の症状が出現しないケースであれば、肥厚性鼻炎の可能性があります。鼻の内部の粘膜組織が通常よりも肥厚しているために、鼻づまりが生じている訳です。
小児の頃に慢性副鼻腔炎に罹患し、成人後に片側の鼻づまりが増悪した場合には、鼻たけの可能性があります。鼻たけは鼻の粘膜の腫脹が悪化し、ポリープのように膨隆し、鼻づまりに苦しむケースがあります。一言で鼻づまりと称しますが、鼻づまりも深く追求すると様々な病気が絡んでいる場合もあるため、油断できません。
(鼻水)
鼻水にもタイプがあります。@粘着質で黄色・緑色のものA水っぽくてサラサラしているB粘着質であっても無色 これらの鼻水の種類により、原因が判明するケースもあります。
@の場合、小さな子供の場合は、鼻の中に異物がある場合があります。大人では副鼻腔炎が多くみられます。Aの場合、感冒に罹患したことによる鼻炎と、アレルギー性鼻炎が多いといわれています。アレルギー性鼻炎の場合は、クシャミは鼻づまりも併行してあらわれます。Bの場合では、慢性鼻炎や慢性副鼻腔炎の可能性があります。

V世の中に出回っている東洋医学の例
外感性(外からの冷えや熱の侵入による)のものと、内傷性(生命状態の悪化)のものに区分できます。東洋医学においては鼻づまり、生臭い鼻水、嗅覚の低下を主症状とする場合を鼻淵といいます。鍼灸などにより施術を行う場合には、更に細かく分け、肝、脾、肺などに区分され、適宜ツボを選んで施術が行われます。
(鍼灸)
当方では、純粋な東洋医学による施術を行っています。虚証(生命力の低下)か実証(生命力のひずみ)か、寒がる体質か熱する体質か、外側からの冷えの侵入か内側からの生命状態の悪化か、などによって生命状態を把握し、鍼または灸にて施術を行います。

ページの最初に戻る



よく見られる症状に戻る



トップ

Copyright(C)2005-2019 Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室