「火」旺盛タイプ

下図の2(縦列)がこのタイプです。
本ページのような特徴がすべて当てはまる人はいません。それは純粋な火のみの人はおらず、他の木・土・金・水も混ざってくるからであり、また、理屈のとおりにはいかないことも多々あるからです。しかし、火を中心に回っている人は、比較的、本ページのような傾向があらわれがちです。

五行
五季 土用
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五主 血脈 肌肉 皮毛 骨・髄
五志 思案 恐・驚
五声
五気 湿
五色
五味 鹹(しおからい)
五指 薬指 中指 人差指 親指 小指
陰経 厥陰・足 少陰・手 太陰・足 太陰・手 少陰・足
陽経 少陽・足 太陽・手 陽明・足 陽明・手 太陽・足
五情 意(智) 精志
五液 涎(よだれ) 涕(鼻水)
五支 毛(面色)
五変 握・攣 動悸 しゃっくり 慄(ふるえる)
五方 中央 西
五役
五不足 憂悲 四肢不用 息利少気 蕨逆
五時間 平旦 日中 日西 日入 夜半
五目部 黒精 目頭・目尻 まぶた 白目 瞳孔
午後 夕方


(特徴)
体系的・性格的・好みの特徴などは、以下のようになります。


(ア)体が熱くなりやすく、暑がりで汗かきである。
心(しん)の臓の働きが旺盛なため、体熱が首から上へ上ったり、少し多めに運動すると発汗しやすい。


(イ)感情の起伏がある。
情熱系だからです。


(ウ)頭頂部がとんがっている。
熱が上に昇るため、頭頂部が熱くなりとんがっている傾向があります。


(エ)頭頂部の髪が薄くなりやすい。
これも熱が上に上るからです


(オ)顎(あご)の骨が張り出している。
心(しん)の臓の血が胃へ行くことによって、消化をします(心の余力が消化力に回る)。つまり、心(しん)のエネルギーが強い人は消化力も強く、咀嚼に関係する顎(あご)の骨が張り出しがちです。


(カ)耳の位置が高めで、鼻の位置よりも上部にある。
耳のうち下側は水(腎)をあらわし、上側は火(心)をあらわします。耳たぶの部分よりも、上側の部分が大きいのが特徴です。宇宙人のような耳です。


(キ)肩はしっかりとしていて、首も鎖骨もしっかりとしており胸部が厚い。
心(しん)の臓の周囲をとりまいている部分がしっかりとしています。


(ク)血色がよく赤味を帯びている。
熱が盛んなためです。


(ケ)手足は体に対して小さめで、締まっている。


(コ)しゃがれ声(かすれた声)のような傾向がある



(サ)風邪症状になり発熱しやすい。
熱がのぼりやすいことと関連があります


(シ)自分自身をアピールする気持ちが強め。
心(しん)は陽遁の臓腑です(肝・心)。陽は発散姓があり外に向かってエネルギーを出そうとします。それに対して陰は収斂性があり(肺・腎)、うちに向かってエネルギーをためる性質があります。


(ス)派手・華やかさを好む傾向がある。
生命力旺盛タイプは、ゴージャス好きですが、虚弱タイプは地味めの華美を好みます。


(セ)人を引きつける魅力がある。


(ソ)実効性があり、熱心に物事をやりとげる。


(タ)用心深い。


(チ)子供の頃、特に頭脳明晰だった。


(ツ)秋〜冬に体調を崩しやすい。
春-相、夏-旺、晩夏-休、秋-囚、冬-死となり、秋〜冬は五臓六腑が働きにくい季節です。
囚と死は苦手な季節のことを示します。死ぬという意味ではありません。


(テ)肺(大腸)関連の症状になりやすい。
呼吸器・鼻・のど・腸・肛門などに関連する症状になりやすい傾向があります。





(養生法)
養生に勝る健康法はありません。このタイプに必要な養生法を挙げてみました。

(ア)下肢を使う運動を行う。
体力がある人:筋力(下半身)トレーニング、ランニング
普通に運動できる人:歩く、自転車、水泳
体力が低下している人:水中をゆっくり歩く、捕まりながら歩く
起き上がれない人:寝たままの状態で自転車こぎストレッチ、足の指を動かすetc


(イ)22:00以前に就寝。
21:00頃〜5:00頃の間、眠りにつくことにより、心(しん)が休むことができて腎(じん)が活性化するため、自然治癒力を賦活できます。


(ウ)嗜好品は控えめに。
タバコ、アルコール、カフェインなどは、控えめに。


(エ)苦みのある野菜を多めに食べる。
火の五味は「苦い」です。適度な苦みの摂取が効果的です。コーヒーやお茶は飲み過ぎる傾向があるため、健康に留意するならばグリーン野菜類・ウリ科の野菜などが効果的です。


(オ)過食は戒める。
心力の有余が消化力に回るため、消化力は比較的あります。だからこそ、食べ過ぎる傾向があるため、節制が必要です。


(カ)夏は無理をしすぎない。
夏は心(しん)が旺盛に働くため、負担がかかります。できる限り無理をしないようにしましょう。


(キ)糖質分は少なめに。
糖質分は熱エネルギー性質があるため、余計な熱が頭に上りやすいです。


(ク)夜の活動を控える。
夜は火旺体にとっては、旺相死囚休のうちの死に当たります。休まなければならない時間帯に心(しん)が働かされると、生命力を低下させやすいといえます。


(ケ)辛(から)い味・塩っぱい味は控えめに。
辛(から)いは金、塩っぱいは水です。火にとって辛(から)いは逆剋であり、塩っぱいは相剋です。


(コ)前かがみの姿勢をくせにしない。
前屈(かが)みで事務仕事などをする癖(くせ)がつくと、深い呼吸ができず体によくありません。


(サ)声を出し過ぎない。
体力を超えて声を出しすぎると、エネルギーを消耗します。


(シ)寝冷えに注意。
就寝中に冷たい大気を吸い込み過ぎると、心肺機能に悪影響です。


(ス)息切れ運動に注意する。
急激に息切れ運動するのはやめましょう。


ページの最初に戻る

トップページへ
Copyright(C)2005-2022  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室