鍼灸の威力について

「鍼は太い方が威力が強く、効果が高い」というイメージがあるようですが、鍼灸の威力とは、それほど単純には測れるものではありません。
太い鍼で刺すということは、ただ単に「筋肉組織(筋繊維)などを広範囲に損傷する」ということであり、「経脈を動かす強い力が加わる」こととは、根本的に意味が異なります(東洋医学的威力は西洋科学的には立証できない)。

当方では、鍼灸師養成専門学校で使用している鍼よりも、細い鍼で施術しています。補法は細い鍼、寫法は太い鍼・・・という原則があるためです(当方で行うのは補法がメイン)。

「それでは鍼灸の威力とは何ぞや?」と疑問にお思いの人もいるかもしれません。東洋医学の世界では「鍼は肚(ハラ)で刺す、灸は肚(ハラ)で据える」という言葉があります。つまり、鍼灸師の下っ肚(したっぱら)(≒昔の道教でいうところの丹田)の力によって、鍼灸の威力(効果)は変わってきます。

「それは腹筋を鍛えるという意味か?」という質問が飛んできそうですが、そのような西洋科学的トレーニングを積んでも、下っ肚(したっぱら)の力は養成できません。また、「それは気の力か?」というオカルトな質問もされそうですが、それも違います。

このような技術につきましては、言葉で説明するのは困難です。東洋的な技術について、頭で理解していただくのは難しいのが現状です。皆様を戸惑わせてしまって申し訳ありませんが、「鍼灸は実践性が全てです。効くか効かないか、それだけで評価して下さい。」というHP(トップページ)の文言に帰趨してしまいます。

西洋医学と東洋医学は全く異なります。東洋医学は、西洋科学の枠の中には入りません。しかし、オカルトやサイキックなどではありませんし、癒しなどのリフレクソロジーでもありません。「実践性がすべて」「身体で味わっていただきたい」としか、申し上げようがないのかもしれません。

(2016.04記)


ページの最初に戻る

トップ

ちょっと一息

Copyright(C)2005-2018  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室