関節の こわばり・腫れ・痛み等-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)


関節の こわばり・腫れ・痛み等のことを東洋医学では痺証といい、侵される病の種類によって区分されます。痺とは「ふさがって通じない」という意味をあらわします。痺証の主な原因としては、生命力不足や外部から侵入する病邪に対する防衛能力の低下のため、風・冷え・湿気等がヒトの体に侵入し、身体各部の組織などにおいてエネルギーの流れが滞って発症します。鍼灸においては、背中のツボや手足のツボを取ってアプローチします。

1風痺
風のような性質があることから、風痺と名づけられました。 風のように病邪が身体中をあちらこちらに移動するのが特徴です。
(症状)
〇痛みが動く:風のようによく動くため、痛む場所が移動します。初期の症状としてみられることが多いです。
〇風邪は上から侵入するため、症状が上半身に出ることが多いです。
〇舌に特別な変化はみられない:初期症状であり、この段階では病が浅いため、舌に特別な変化は出ません。
〇脈は浮いている:風邪を引いた時と同じような脈になることが多いです。
(施術方針)
鍼または灸によって、風邪により塞がれたエネルギーの流れを活性化し、風邪を追い出します。

2寒痺
寒痺の主な原因は冷えです。冷えによるこのタイプは痛みが強く、身体を温める機能を損傷するため、灸による施術が基本です。また、冷えによりエネルギーの流れも滞るため、瘀血という不要物が生じやすく、痛む所が固定されて発症する場合も多くみられます。このタイプは病が深いため、生命状態全体に対する影響も大きいといえます。
(症状)
〇固定性で刺すような痛み:冷えは凝り固まって滞るためにエネルギーの流れをふさぎ、強い痛みがあらわれます。エネルギーの流れの滞りによる瘀血はさらにエネルギーを停滞させるため、刺すような痛みとなりやすいのです。
〇冷えにさらされると増悪し、暖めると緩和する:冷えを暖めてエネルギーを通すと、症状は緩和する。
〇特に夜に痛む:冷えは陰陽のうちの陰に当てはまるため、夜間に痛くなります。
〇関節付近の曲げ伸ばしができない:冷えは頑固に付着して、曲げ伸ばしに悪影響を及ぼします。
(施術方針)
冷えを追い出し、痛みを止める。お灸が中心となります。

3湿痺
湿痺(関節の こわばり・腫れ・痛み等)の主な原因は湿邪(余分な水分)です。湿の特徴は、しつこく粘ってへばりつきます。へばりつくために長期化しやすいのが特徴です。
(症状)
〇関節が腫れて身体全体が重く感じ、固定された痛みとなりやすい:湿がへばりつくと、重く粘って滞るために関節が腫脹し、身体全体が重い感じを覚える。湿邪(余分な水分)が滞ってエネルギーのめぐりを邪魔するため、痛む場所は固定されやすい。
〇身体全体が重い:湿(余分な水分)が身体内部に滞って動きを邪魔するため、身体が重くだるい。
〇皮膚にしびれる感覚がある:湿(余分な水分)がエネルギーの流れを邪魔するため、皮膚にしびれる感じを覚えることがあります。
〇温めると軽減:湿(余分な水分)は陰陽のうちの陰に属するため、熱(陽)の刺激により緩和します。
(施術方針)
鍼または灸によって滞った湿(余分な水分)を流すことにより、エネルギーの流れを活性化する。

4熱痺
このタイプは熱邪(不必要な熱)の侵入、または元々体内にあった不要物が熱に変わることにより発生します。熱邪(不必要な熱)が関節などの組織に侵入し、エネルギーとぶつかり合うことにより、発症します。熱は陽に属するため、病状は変化しやすい特徴があります。特に急性期に出やすいのが特徴で、もともと冷えや湿(余分な水分の停滞)の状態であったものが熱を帯びて熱痺に変化することもあり、その場合、冷えと熱が混ざった状態になります。
(症状)
〇関節などが熱する感覚がある:熱邪(不必要な熱)が身体に入り込み、エネルギーの流れとぶつかり合うために発症しますので、熱を帯びる感覚があります。
〇発熱:熱邪(不必要な熱)が旺盛なため、微熱などが出る場合があります。
〇口が渇く:熱が水分を吸い上げます
〇熱いものを嫌い、冷たいものを好みます
(施術方針)
鍼によって不必要な熱を冷まし、滞ったエネルギーの流れを改善させます。灸は用いません。

ページの最初に戻る



よく見られる症状に戻る



トップページへ

Copyright(C)2005-2019  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)-埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 関節の こわばり・腫れ・痛み等