風邪-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)


Ⅰ社会通念的な考え方
(風邪とは)
全身倦怠感、寒け、鼻水や鼻づまり、咳などから始まります。その後、発熱、頭痛、下痢、食欲不振などの症状へと発展します。風邪の原因としては、ウィルスに感染することが最も多い、といわれています。ウィルスは、生き延びていくために必要な物質を自分自身でつくることができず、細菌や生物の肉体に寄生して増殖し続けます。大人の場合、風邪の段階で治癒する場合が多いですが、子供の場合、気管支炎に陥る場合がありますので、注意が必要です。
(感染経路)
秋・早春に罹患する人が多く見られます。寒さだけが原因ではなく、気候の変動や湿度も影響します。ウィルスの感染経路としては、飛沫感染(くしゃみや会話)が多いとされています。
(分類)
①普通感冒
病態は重くなく、ライノウィルス・パラインフルエンザウィルスによるものが主になります。鼻・咽喉が主におかされ、微熱が出る程度のものです。
②ウィルス性咽頭炎
主にアデノウィルスの感染によるもので、ノドを中心に炎症が出ます。ノドの違和感・ノドが赤くなる・リンパ節の腫れなどがみられ、皮膚に発疹が生じる例もあります。発熱が生じ、頭痛・倦怠感・食欲不振などに陥るケースもありますが、数日で治癒する例がほとんどです。
③咽頭結膜熱
アデノウィルスに起因するものですが、結膜炎をおこしたり、発熱・ノドの痛みが比較的強くでる特徴があります。
(養生)
安静・温かくする・適度な栄養が大切です。特に水分は十分に摂取するようにしましょう。無理に食事を詰め込む必要はありませんが、栄養のバランスを考えた内容にしましょう。

Ⅱ東洋医学的な鍼灸の立場から
東洋医学では、首筋や肩甲骨の辺りから風邪(ふうじゃ)が入り込むことにより発症すると考えます。発症時に汗をかくタイプか、出ないタイプかによって区分し、鍼または灸により施術します。
我が国における風邪に対するアプローチのバイブルとしては傷寒論が有名です。生命力が旺盛な人の場合は、汗が出にくい風邪にかかりやすく、虚弱体質者では汗をかく風邪に罹患する傾向があります。汗が出ない場合には、適度な汗をかかせることにより改善を促します(汗法)。汗が出る人の場合には、無理に汗をかかせることはせず、エネルギーを補うように鍼や灸によって促します。
体力が極端に低下している人や、ご高齢の方の場合は、発熱がみられず、冷えと全身倦怠感を訴える場合があります。この場合は、全身的な生命力の活性化を図り、身体を温めることが必要なため、灸が効果を発揮します。

ページの最初に戻る



よく見られる症状に戻る



トップ

Copyright(C)2005-2019  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)風邪-埼玉県 長嶋鍼灸室