頸肩腕痛-即効性を目指す鍼灸


1定義

頸肩腕痛とは、首から肩・腕にかけて痛み・しびれを起こす状態をいいます。交通事故などの外傷以外では、頚部や肩の疲労や加齢による頸椎の変性によって発症する場合が多くみられます。
しかし、単なる疲労や変性以外の病気によって頸肩腕痛が起こる例もありますので、注意が必要です。

頸部に限定される症状…寝違い、頸部疼痛など
首・肩・上肢にわたって痛みがある場合…胸郭出口症候群、頸部神経根の障害、頚部脊椎症など

2注意する必要があるもの
(1)発熱などがある場合…炎症性の病気

(2)痛みが極端に強い場合…がん等

(3)排尿や排便トラブルがある場合…頸椎の器質的疾患

(4)激しい症状が出ている場合…様々な病気の可能性

3頸肩腕痛の一般的な治療法
(ア)安静
ぎっくり腰でも寝違えでも、急性期には安静が第一です。激しい痛みが急に起こる場合もあるため、安静療法も選択肢に入ってきます。

(イ)物理療法
低周波電気治療やレーザー治療が施される場合があります。その場合、神経ブロック的なアプローチが行われることが多くあります。

(ウ)牽引療法
交通事故などによる損傷に対して施されていますが、そうでない場合にも施される場合があります。

(エ)薬物治療など
医師による治療において、行われています。

4鍼灸の適応となる場合の例
(1)頚部脊椎症
(原因)
加齢等による頚椎の変性などによって発症します。腕の痛みは、頚椎部における神経根への刺激や 循環が悪くなるために起こります。

(症状)
首や肩のこりや痛み、首や肩から上肢へつながる痛み、手指のしびれ等がみられます。どちらかというと、痺れの方を強く感じる場合が多いようです。箸を持つ動作やボタンをつける動作が、スムーズにできない例も多々あります。

この症状には、急性増悪期と緩解期があります。本当に痛くて鍼灸施術を受けに来られる患者さまの場合、急性増悪期に当たる例が多いと思われます。そんな時は、「このまま、ず~っと楽にならないのでは?」と不安に思われるかもしれませんが、激しい痛みが長年月にわたって続く可能性は極めて低いといえます。今現在は急性増悪期でも、いずれ緩解期に移り、緩和していくことが予想されます。的を射た鍼灸施術が実現できれば、緩和までの日数を更に短縮できる可能性はあります。

(鍼灸施術の方針)
全身の生命状態を改善することにより、刺激を受けている神経根の循環を良くし、炎症を緩和します。
神経が通っているルートに沿って位置するツボ(前腕)のうち、反応が出ている前腕のツボを特定し、鎮痛を図ることもあります。

(2)それ以外の頸肩腕痛
頚部脊椎症を特定するための、各種検査法を実施しても陽性とはならない場合を指します。

(原因)
首や腕などに負担がかかって肩甲骨周辺や腕の筋肉に無理が生じ、発症している例が散見されます。首・腕・手指を酷使する職業人に多くみられます。

(症状)
首や肩のこりや痛み、首や肩から上肢へつながる痛み、手指のしびれ等

(鍼灸施術の方針)
全身の生命力を活性化することにより、疲労している筋肉の異常な収縮状態を緩和して、鎮痛・痺れの改善を図ります。

5施術部位
施術については、純粋な東洋医学的理論に基づいて行います。東洋医学は全体治療ですので”患部に施術する”という考え方は希薄です。体幹=身体の中心部(背中・上腹部)及び 身体の外側(四肢末端)に施術することにより、身体の中に眠っているエネルギーを全身に巡らせることが期待でき、患部の改善につながる・・・と考えます。そのため、施術する部位は、①肘から先に位置するツボ ②膝から下に位置するツボ ③背中(首~腰) ④胃袋の辺り となります。

※腹部は胃袋の辺りのみです。下腹部や胸を出す必要はありません。患部を拝見することもありません。

これらの施術部位については、理論的根拠もあります。こちらをご覧ください。東洋医学の教科書的な考え方に則ると、大切なツボは①~④に集中していることが分かります。そのため、①~④に位置するツボへの施術で、全身の生命力を活性化することができるため、それ以外の部位のツボに施術する必要はありません。

ページの最初に戻る



よくみられる症状

トップページ

Copyright(C)2005-2021  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 即効性を目指す 長嶋鍼灸室