「木」旺盛タイプ

本ページのような特徴がすべて当てはまる人はいません。それは純粋な木のみの人はおらず、他の火・土・金・水も混ざってくるからであり、また、理屈のとおりにはいかないことも多々あるからです。しかし、木気を中心に回っている人は、比較的、本ページのような傾向があらわれがちです。

五行
五季 土用
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五主 血脈 肌肉 皮毛 骨・髄
五志 思案 恐・驚
五声
五気 湿
五色
五味 鹹(しおからい)
五指 薬指 中指 人差指 親指 小指
陰経 厥陰・足 少陰・手 太陰・足 太陰・手 少陰・足
陽経 少陽・足 太陽・手 陽明・足 陽明・手 太陽・足
五情 意(智) 精志
五液 涎(よだれ) 涕(鼻水)
五支 毛(面色)
五変 握・攣 動悸 しゃっくり 慄(ふるえる)
五方 中央 西
五役
五不足 憂悲 四肢不用 息利少気 蕨逆
五時間 平旦 日中 日西 日入 夜半
五目部 黒精 目頭・目尻 まぶた 白目 瞳孔
午後 夕方

上図の1(縦列)がこのタイプです。樹木が上へ上へと伸びていくのと同様に、肉体や心もおおらかに伸びようとする力・意識が強く働くタイプです。そのため、押さえつけられることを嫌う傾向があります。

(特徴)
体系的・性格的な特徴等は、以下のようになります。


(ア)面長の顔。
このタイプは先天的に上へ伸びる力が働きますので、顔なども縦に長くなります。


(イ)体は痩せ気味で、横よりも縦長なイメージ


(ウ)眉毛の骨が隆起


(エ)声が高め。
呼音とは「お−い」と呼ぶときの声を意味します。つまり、ボーイソプラノのような声質です。


(オ)血色が青白い。
木の色は青です。


(カ)酸味が好き または大嫌い。
酸っぱいものを好む、または極端に嫌う傾向があります


(キ)神経質である。
神経は木に該当します。繊細な内面で、きめ細かくデリケートです。


(ク)快活で明朗。
肝は剛臓(たけだけしい臓腑)


(ケ)正義心が強く、はっきりと白黒つけたがる。
これも剛の性格のあらわれです


(コ)鋭い目をしている



(サ)気が短くせっかち。
神経質にも通じるところがあります。木の五志は怒です。


(シ)消化器に影響が出やすい。
木(肝)は土(脾)を剋します。





(ス)晩夏〜秋に体調を崩しやすい。
春−旺 、初夏−休、晩夏−囚、秋−死、 冬−相
囚と死は五臓六腑が働きにくい季節です。死ぬという意味ではありません。


(養生法)
養生に勝る健康法はありません。このタイプに必要な養生法を挙げてみました。

(ア)下肢を使う運動を行う。
体力がある人:公共の体育館などで下半身トレーニング、ランニング
普通に運動できる人:歩く、自転車、水泳
体力が低下している人:水中をゆっくり歩く、何かに捕まって歩く
起き上がれない人:寝たままの状態で自転車こぎストレッチ、足の指を動かすetc


(イ)22:00以前に就寝。
21:00頃〜5:00頃までの間、眠りにつくことにより、心(しん)が休むことができて腎(じん)が活性化するため、自然治癒力を賦活できます。


(ウ)嗜好品は控えめに。
タバコ、アルコール、カフェインなどは、控えめに。


(エ)酸っぱいものを少し多めに飲食する。
五味のうち、木は酸です。酸っぱいものは木気旺盛体質に適しています。ただし、取り過ぎは禁物です。


(オ)朝食は軽めに。
朝は肝が旺盛に働きます。その時間帯にたくさん食べて胃腸に負担をかけると、肝が旺盛に働きません。肝を旺盛に働かせて、木旺質を養うためには少なめが良いでしょう。


(カ)脂肪はほどほどに。
甘味や脂肪は肝・胃腸に負担をかけます。ほどほどにしましょう。


(キ)朝は早めに起きる。
木旺体質は、朝の東からの大気を多めに必要とします。それにより、生命力が活性化されるのです。遅寝はあまり良くありません。


(ク)過飲食に気をつける。
過飲食を日常的に行うと、体に毒です。周囲の人の食事量は参考になる時とならない時があります。


(ケ)偏食はしない。
五味の食品をバランスよく食べましょう。

(コ)疲労の蓄積に気をつける。
好き好んで蓄積している人はいませんが・・・。

ページの最初に戻る

トップページへ
Copyright(C)2005-2022  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室