「金」旺盛タイプ

本ページのような特徴がすべて当てはまる人はいません。それは純粋な金のみの人はおらず、他の木・火・土・水も混ざってくるからであり、また、理屈のとおりにいかないことも多々あるからです。しかし、金気を中心に回っている人は、比較的、下図の4(縦列)ような傾向があらわれがちです。

五行
五季 土用
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五主 血脈 肌肉 皮毛 骨・髄
五志 思案 恐・驚
五声
五気 湿
五色
五味 (からい) 鹹(しおからい)
五指 薬指 中指 人差指 親指 小指
陰経 厥陰・足 少陰・手 太陰・足 太陰・手 少陰・足
陽経 少陽・足 太陽・手 陽明・足 陽明・手 太陽・足
五情 意(智) 精志
五液 涎(よだれ) 涕(鼻水)
五支 毛(面色)
五変 握・攣 動悸 しゃっくり 慄(ふるえる)
五方 中央 西
五役
五不足 憂悲 四肢不用 息利少気 蕨逆
五時間 平旦 日中 日西 日入 夜半
五目部 黒精 目頭・目尻 まぶた 白目 瞳孔
午後 夕方

金は五臓六腑では肺をあらわします。呼吸を通して大気からエネルギーを吸収し、五臓六腑が回っているタイプです。大気からエネルギーを吸収する能力に秀でているため、呼吸器に関連する部位などが発達している傾向があります。

(特徴)
体系的・性格的な特徴等は、以下のようになります。


(ア)鼻孔が大きく、しっかりしている。
鼻は呼吸器であり、肺と深い関連があります。


(イ)頬骨(ほほぼね)が発達しており、張り出している。
頬骨も鼻と通じており、呼吸器との関連が深い。


(ウ)筋肉が引き締まっている。
肺は収斂をつかさどります。だら〜とした状態よりも、ピリッと引き締まった状態になりがちです。


(エ)イカリ肩であり、顔は小さめで首は細い。
肺を中心に回っているため、呼吸量が多いことが影響しています。臀部や足首などは締まっていて小さめです。


(オ)声は大きめである。
声と呼吸器は関連があります。


(カ)活動的でじっとしていない。
「肺は気の門、腎は気の根」といい、肺を中心に回っている人は、気の巡りがはやいため、じっとしていることが苦手です。


(キ)負けず嫌いで意地っぱり。頑固なところがある。


(ク)困っている人や悲しんでいる人には同情する心が強い。
権力的なところがあるため、それが逆に困っている人に対する哀れみの心として発現します。


(コ)寂しがり屋で甘えん坊なところがある。
肺の収斂作用の影響で、心身ともに収斂作用が強く働きます。
かわいがってもらいたい人から冷たくされると、体調を崩しがちです。


(サ)陰性で物静かに落ち着いている面と、積極的で覇気のある面がある。
肺は陰遁の臓腑です。そのため、物静かな面があります。しかし、気の巡りがはやいため、覇気がある面もあります。



(シ)掌(てのひら)の部分が大きく指は短め。爪は大きい。


(ス)髪質が柔らかく細め。


(セ)体から発せられる印象は白。


(ソ)木の実、豆類、芋類、果物が好き。
これらはすべて収斂作用を手伝う食べ物です。これらを好んで食べる傾向があります。


(タ)春〜夏は苦手。
春-囚、夏-死、晩夏-相、秋-旺、冬-休となり、春〜夏は五臓六腑が働きにくい季節です。
囚と死は苦手な季節を表します。死ぬという意味ではありません。


(タ)自律神経系統・筋・腱・目などの症状になりやすい。




(養生法)
養生に勝る健康法はありません。このタイプに必要な養生法を挙げてみました。

(ア)下肢を使う運動を行う。
久臥は肺を損なう(寝てばかりいると肺の生命力が低下する)といいますが、適度に呼吸器を活性化することによって、旺気している肺の力を良好に保つことができます。
体力がある人:筋力(下半身)トレーニング、ランニング
普通に運動できる人:歩く、自転車、水泳
体力が低下している人:水中をゆっくり歩く、捕まりながら歩く
起き上がれない人:寝たままの状態で自転車こぎストレッチ、足の指を動かすetc


(イ)22:00以前に就寝。
21:00頃〜5:00頃の間、眠りにつくことにより、心(しん)が休むことができて腎(じん)が活性化するため、自然治癒力を賦活できます。


(ウ)嗜好品は控えめに。
タバコ、アルコール、カフェインなどは、控えめに。


(エ)辛(から)いものは少し多めで良い。
摂りすぎに注意。


(オ)特に、夕食は腹八分を心がける。
朝−木(肝)、昼−火(心)、午後−土(脾)、夕方−金(肺)、夜−水(腎)・・・これが各臓腑が活性化する時間帯です。肺は夕方に旺盛に働きやすいため、肺気旺盛体の人は、夕方に食欲が増す傾向があります。


(カ)木の実、豆類、芋類、果物は少し多めで良いが、食べ過ぎない。
これらを好んで食べる傾向がありますが、食べ過ぎは禁物です。


(キ)脂肪の摂りすぎに注意。
特に動物性脂肪はほどほどに。


(ク)運動しすぎに気をつける。
極端な筋腱運動を長時間続けると、体によくありません。


(ケ)長時間、風にさらされるのは良くない。


(コ)体を締め付ける衣類は避ける。


ページの最初に戻る

トップページへ
Copyright(C)2005-2022  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室