更年期障害-即効性を目指す鍼灸
(埼玉県 川越市)

〇2000年前の古典に以下のように記されています。
7歳:生命力が盛んになり、歯が生え代わる。頭髪が長くなる。
14歳:生殖能力が芽生えて、月経が始まる。子供を作ることができる。
21歳:内臓の生命力が平均化し、身体が成熟する。
28歳:筋骨たくましくなり、最も生命力が充実する。
35歳:消化器の力が衰えはじめ、顔色や艶が20歳代のころよりも若さがなくなり、髪が抜け始める。
42歳:生命力が上部より衰え、顔の色艶が悪くなり、髪に白いものが混じる。
49歳:エネルギーの流れが空虚になり、月経が止まり、子供を作ることができなくなる。
全て7の倍数になっています。

〇命学・相学・卜学・仙学をはじめ、こうした体内のことを深く知っていた古人は、女性の月経や更年期障害などについても深く理解していたようです。女性の一生のうちの半分近くは月経とともにあり、閉経はひとつの節目ともいえる大切な時期です。この時期にいかに生命力の状態をコントロールし更年期障害を乗り切るかによって、生活の質に影響します。我々の生命は、本来、地球上の全ての生命とともに運用されていなければなりません。我々にとって都合の良い状態に固定するのが西洋科学的方法であるならば、東洋医学的手法は生命力を活性化し、バランスを整え、生命力本来のあり方を取り戻す方法です。

〇更年期障害のことを、東洋医学では経断前後証候といいます。古典にあるとおり、更年期障害は腎との関連が深いといえます。腎は分かりやすくいうと、生命力の根です。つまり、生殖器との関連が深いのです。子宮・卵巣・大小便などの泌尿生殖器+腎膀胱系統の問題が根底にあるということです。この頃になると生殖機能が衰え、腎虚の症状があらわれます。腎陰虚(下図②)は陰(身体を適度に冷やす働き)が足りないわけですから、ほてりがあらわれることが多くあります。逆に腎陽虚(下図①)の場合は、冷えがきつくなります。どちらにも傾かない状態を腎気虚といいます。
更年期障害の特徴として、当初は②腎陰虚としてほてりなどが発症する場合が多くみられます。月日が経つうちに①陽虚に変化する例もあります(特に元々が冷え性の方)。そのため、舌・脈・ツボの状態・症状・・・などを総合的に考慮の上、そのときに合った鍼灸を施します。

東洋
医学の考え方は、西洋医学的考え方とは根本的に異なります。全く違う方向からアプローチするため、西洋医学的治療で改善しなかった人にも奏功することがあります。もし、東洋医学的手法が西洋医学的治療と混ぜこぜの内容だったら、単なる中途半端な気休め的手法になってしまいます。東洋医学の専門家と西洋医学の専門家が全く違う方向から更年期障害にアプローチすることにより、片方で救われなかった人がもう片方で救われる・・・それが、本来の東西融合です。





〇腎は生命力の根ですから、虚(うつ)ろな状態になると様々な症状に波及します。そのため、更年期障害の症状は多種多様です。月経トラブルも更年期障害の鍼灸 施術も、根本的な体質の見極め方はほとんど同じです。閉経までの間、女性の生涯は月経とともにあるのですから当然といえば当然です。その日そのときの状態を総合的に判断の上、体質をタイプ別に分けるのですから、生理痛は生理痛、閉経期の症状は閉経期の症状、と別々に縦割りで区切れるものではありません。女性の月経や生殖器に伴う症状は横つながりですので重なる部分が多くあります。

①腎陰虚(ほてりタイプ)による更年期障害と鍼灸
・月経周期が長くなる→量の減少→閉経 という経過をたどることが多い。身体を潤す成分が枯渇するので、生殖器もカサカサになる。
・のぼせる、汗が出る、めまい、耳鳴り、不眠多夢、身体がかゆい、手のひらや足の裏が熱くて布団から出して寝る&動悸など、足腰がだるい、すぐに疲れる、イライラして怒りっぽい、忘れっぽい、脇が痛い、口が苦い、精神不安定、など
・舌は紅色になり、苔は少ない、脈拍は速い
・更年期障害に対する鍼灸 施術の方針は身体を潤す成分を補い、表面上の余分で不快な熱を冷まします。鍼で対応し、灸は行わない場合が多いです。
・3タイプに分けると、エンジンオイル枯渇タイプ

②腎陽虚(冷え症タイプ)による更年期障害と鍼灸
・月経がダラダラ続いたり、中間期出血などを起こし、そのうち閉経します。
・3タイプに分けると、冷え性タイプ
・元々が冷え性の方の場合、最初に陰虚(ほてりタイプ)が発症して、そのうちに混ぜこぜになり、その後、陽虚(冷え症タイプ)に変わっていく場合もある。
・冷える、浮腫、軟便、頻尿、足腰がだるい、すぐに疲れる、etc・・・生きていくためのエネルギーが不足する。
・「月経のメカニズム」でも述べたとおり、腎陽は風呂釜の栓がゆるくなる場合があるので、そのときには出血がダラダラ続くことがある。
・<胃=鍋><火力=腎陽(命門)>に例えられ、陽が不足すると火力が弱くなるため、胃=鍋を温めることができなくなり、食物消化に障害を来たす。そのため、典型的な更年期障害以外にも、食欲減退や過食傾向などの症状が起こる場合もある。
・鍼灸 施術の方針は、身体を温める機能を補うことにより全身を温め、生命力を活性化する。灸が中心となる。

③混合タイプ(上記①+②)
上記①と②が混ざって発症します。施術は①鍼と②灸を混ぜて行います。

※①と②を土台として、気虚(気が足りない)や気滞(気が滞る)なども絡んで様々な証に枝分かれします。その数は、細かく分けると無数にあるといって良いでしょう。そのときの患者さんの症状、舌、脈、ツボの状態などを総合的に判断して生命状態を見極め、鍼灸を施していくのが本来の東洋医学的アプローチです。

※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを掲載することはできないため、セオリー的なものを取り上げました。

ページの最初に戻る



女性特有トップ

Copyright(C)2005-2019  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室 


外部サイト:更年期障害の東洋医学的養生法