腰痛-即効性を目指す鍼灸

Ⅰ要注意とする場合
腰痛の多くは、日常生活における小さな外傷や仕事によるもので発症します。しかし、低い可能性ではありますが、炎症性疾患や悪性腫瘍などを原因とするものも存在します。つまり、腰という解剖学的な場所から考えて、腹腔や骨盤内臓器の病的状態が原因の可能性もあることを考える必要があります。

(要注意とすべき場合)
①動かないでじっとしていても痛みが強い(悪性腫瘍などの可能性)
②発熱、急に痩せるなどの全身症状がみられるもの(炎症性疾患、悪性腫瘍などの可能性)
③膀胱・直腸機能障害がみられるもの、中枢神経の症状があるもの(脊髄に病気がある可能性)
④運動麻痺が顕著な場合

Ⅱ鍼灸の適応となる場合
鍼灸施術に適応するものは、筋筋膜性腰痛や椎間関節性腰痛などですが、脊髄分離・すべり症などにもアプローチする方法があります。

(1)筋筋膜性腰痛
(原因)
急に発症するものは、急な激しい動きによって、筋筋膜において許容量を超えて伸ばしたり、部分的に断裂を来すことが原因です。慢性の場合は、筋肉の疲労や筋肉の断裂などを修復する過程において血液循環が障害されたり、様々な刺激が原因となって発症します。

(症状)
急性:患部に限定した強い痛みがあり、日常生活にも支障を来たす
慢性:日常生活はどうにかできるが、波がありジワジワといつも痛む

(2)椎間関節性腰痛
(原因)
椎間関節を痛めたことが原因の腰痛です。
急性:急な動きによって関節組織が痛んでしまったことにより発症します。
慢性:加齢などによる椎間関節の疲労・劣化などによって発症します。

(症状)
多くの場合、第一腰椎から第五腰椎の辺りが痛みます。腰を動かす動作全般で痛みが出ますが、特に腰をひねる動作や腰を反らす動作で痛みます。

(3)変形性脊椎症
(原因)
中年以降から進行する腰椎の加齢による変形により発症します。

(症状)
腰が重かったりだるかったりします。朝起きた時や、動き始める時に腰の辺りにこわばりがあり、それが動作を継続するにしたがって痛くなくなっていく、という独特の症状がみられることがあります。

Ⅲ腰痛に対する鍼灸施術方針
全身の生命状態を改善することにより、患部の血流を良くする、筋緊張を緩めることを目的として施術します。鍼は極細、刺す深さは最深で1.5センチです。灸は米粒大で、灸熱緩和紙を2枚以上敷いて据えます。浅く・熱くなく施術する方が、筋肉の緊張などを緩める効果が高く、改善する可能性が高まります。

なお、一般的な研究報告事例をみると、腰痛に対する鍼灸施術の効果について報告されています。(参考: 高齢者の慢性腰痛に対する阿是穴鍼治療法の有効性 | 鍼灸 | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業 (ncgg.go.jp)

(施術に使うツボの例)
(1)身体を反らすと痛い場合
脊中(せきちゅう):背中側にあり、胃袋の高さで正中線上にあります
意舎(いしゃ):脊中の数センチ外側にあります

(2)身体を前に曲げると痛い場合
懸枢(けんすう):腰の少し上の辺り、正中線上にあります
命門(めいもん):懸枢の数センチ下

(3)身体をひねると痛い場合
帯脈(たいみゃく):体側のウェストライン上にあります
京門(けいもん):わき腹の背中側にあります


ページの最初に戻る


よく見られる症状に戻る



坐骨神経痛へのリンク


トップ

Copyright(C)2005-2021  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 即効性を目指す 長嶋鍼灸室 腰痛