月経前症候群(PMS)-即効性を目指す鍼灸


月経の10日くらい前から、または2〜3日前から、腰やお腹の痛み・胸の痛み・食欲の異常・頭痛・動悸・精神不安定・うつっぽい症状・むくみ等の体調不良が出現しますが、月経のスタートとともにそれらの体調不良が改善していく状態を指します。

(原因)
原因はよく分かっていませんが、いくつかの説があります。

@ホルモン説…卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌の変化による。

A体液増加説…月経前には、身体の様々な所に水分が蓄積します。脳がむくむ傾向になったり、腸管がむくむ傾向になるためにPMSが発症する…という説です。

B心理的因子説…卵胞ホルモンの影響で、心理的に不安定になるため。

(症状)

生理の10日くらい前から、または2〜3日前から以下の症状が始まり、月経が起こるとともに症状が消失していきます。

精神症状…イライラ、すぐに怒る、塞ぎこみやすい、興奮しやすい、集中力の欠如など。普段は癒し系の人が少しのことでヒステリーになったり、生理前になると物事への集中力が欠如し、ケアレスミスをしてしまう等が見受けられます。

神経の問題…頭痛、めまい、疲労倦怠感、眠れない等

胸の違和感…胸が痛い、胸が張る等

むくみ…顔が腫れぼったくなる、手足がむくむ等

消化器の症状…お腹が張る、腸の蠕動運動が亢進する、腹痛、便秘や下痢など

皮膚のトラブル…にきび、じんましん、原因もないのに皮膚がかゆいなど

(鍼灸施術の方針)
内分泌系の機能を整えて、主症状および随伴症状を改善していきます。腰部・足首・胃袋の辺りなどで、押して痛かったり不快に感じる部位、触れて硬いツボなどに、鍼または灸で施術します。

ページの最初に戻る


女性特有トップ


イライラ型へのリンク

Copyright(C)2005-2021  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)即効性を目指す 長嶋鍼灸室