月経前症候群(PMS)-即効性を目指す鍼灸

T社会通念的な考え方
(月経前症候群・PMS)
生理の10日くらい前から、または2〜3日前から腰やお腹の痛み、胸の痛み、食欲の異常、頭痛、動悸、精神不安定、うつっぽい症状、むくみ等の体調不良が出現しますが、生理のスタートとともにそれらの体調不良が改善していく症状を指します。生理痛と比較すると罹患者は少ないようです。

(症状)
精神症状・・・イライラ、すぐに怒る、塞ぎこみやすい、興奮しやすい、集中力の欠如、などです。普段は癒し系の人が、少しのことでヒステリーになったり、生理前になると物事への集中力が欠乏し、ケアレスミスをしてしまう等が見受けられます。
神経の問題・・・頭痛、めまい、疲労倦怠感、眠れない、などです。
胸の違和感・・・胸が痛い、胸が張るなどです。
むくみ・・・顔が腫れぼったくなる、手足がむくむ、などです。
消化器の症状・・・お腹が張る、腸の蠕動運動が亢進する、腹痛、便秘や下痢など
皮膚のトラブル・・・にきび、じんましん、原因もないのに皮膚がかゆいなど

(原因)
原因ははっきりしていませんが、排卵が起こることによる黄体ホルモンの変動が原因、と考えられています。いわば生殖能力が旺盛がなため黄体ホルモンが十分に分泌しており、それに対して身体が過敏に反応してしまう、とでもいいましょうか。

U東洋医学による鍼灸の立場から
月経前症候群に対する鍼灸施術は、基本的には生理痛と共通点が多いですが、PMSの症状は、気の異常、気滞や気逆がみられることが多いといえます。
東洋医学では「経行情志異常」などと表現します。約1800年前の古典にも似たような記述があり、当時の人も同様の症状の治療を必要としていたようです。
病態は個々人により軽重さまざまで、うつっぽくなるタイプ(内にこもるタイプ)と、怒りが抑えられないタイプ(外に向かうタイプ)がありますが、どちらも鍼灸の適応です。

ページの最初に戻る



女性特有トップ

Copyright(C)2005-2019  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室