月経困難症(生理痛)
-即効性を目指す鍼灸

Ⅰ社会通念的な考え方
(月経困難症)
月経困難症とは、シンプルにいうと生理痛のことです。とりわけこの生理痛が強く、通常生活にダメージをもたらすような場合を月経困難症といいます。
病態を少し詳しく説明すると、生理の期間中に出る下腹部や腰の痛み、吐き気、貧血などがメインの症状です。そして、これらのトラブルは生理の途中か、生理の終了と同時に消え去ってしまいます。

(原因)
月経困難症は何故出現するのでしょうか?ここの所を説明する前に、子宮の成り立ちと生理について簡単に考えておきましょう。
子宮はメインとして子宮筋なる筋肉の袋から形成されており、当該筋肉の袋の中側は子宮内膜という膜になっています。生理とは、当該内膜がホルモンの働きで剥がれ落ちることであり、その際に子宮内膜から出血が生じることを意味します。

(原発性と続発性)
子宮内膜にはプロスタグランジンなるホルモンが含有されています。殊に、生理前や生理中の子宮内膜には多くのプロスタグランジンが詰まっており、それが子宮筋を収縮させるということが分かっています。この子宮の収縮に呼応してもたらされる腹痛が、よく言う月経痛です。月経痛がとりわけ強い人では、子宮内膜の中のプロスタグランジンの濃度がハイレベルなことも分かっています。かような原因によって生じる月経困難症を原発性月経困難症といいます。
一方、子宮筋腫や内膜症等々の疾病でも月経困難症は生じます。こういったようにそれ以外の病気が存在するために出現する月経困難症を続発性月経困難症といいます。
子宮筋腫は30歳から40歳過ぎてからの女性によく発症する病態ですが、近頃では20歳代の女性でも決してレアな病態ではありません。
子宮内膜症なる病態は最近、私達日本人にも増えてきており、強烈な生理痛や生理時以外の腹痛、性交痛、または不妊症に関係することがありますので、注意が必要です。

Ⅱ東洋医学による鍼灸の立場から
月経困難症に陥る人の多くは、血の滞りである瘀(お)血が内在している可能性が疑われます。瘀(お)血の程度は色々で、飲食による養生や足を使う運動のみで相当程度良くなるものから、鍼灸施術が必要なものまで多々あります。
痛みのみでなく、イライラ、だるいなどが見られる人も見受けられます。これは、ホルモンバランスの問題や欲求不満等によって気が滞る気滞、冷え、水分がスムーズに行きわたらない水毒等が絡み合って、悪影響を与えることが原因だとの見方があります。イライラや塞ぎこむ等の病態が起こる理由は、血や気がスムーズに流れないと、自律神経をつかさどる肝の生命状態が悪化するためです。「肝は血を蔵する」ともいわれ、怒りの情動にも関係しているのです。
それ以外では、冷えも月経困難症の病態を増悪させますので、冷えが存在する場合には、鍼灸施術で改善を図ります。

ページの最初に戻る



女性特有トップ

Copyright(C)2005-2019 Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 長嶋鍼灸室

外部サイト:生理痛の東洋医学的養生法