食欲不振-即効性を目指す鍼灸院
(埼玉県 川越市)

基本的には足の太陰脾経・足の陽明胃経の生命力低下ですが、足の厥陰肝経も絡んできます。
足の陽明胃経は飲食物を受け入れ、それを腐熟の上で下降させて腸へ送り、排泄に導く機能を担っています。
足の太陰脾経は運化機能を担っており、飲食物から出るエネルギーを吸収して手の太陰肺経へバトンタッチし、それを全身に送ります。
足の厥陰肝経は疏泄を担い、足の太陰&陽明の働きを調節の上で推進させる機能を主っています。
足の太陰脾経・足の陽明胃経・足の厥陰肝経の1つでも生命力が低下すると、食欲不振が発症します。

Ⅰ 脾胃虚弱による食欲不振
①脾気虚
脾気の不足・・・つまり、消化器系統の生命力の不足が原因であり、全身的な元気の不足が伴います。
(症状)
空腹感がない・おいしくない・少ししか入らない・軟便・下痢・疲れやすい・元気が起きない・全身倦怠感・舌質が淡白・脈力無力など
(施術法)
健脾益気:消化器(及び肺)の生命力を補い、消化吸収能力・代謝能力を活性化し、全身の元気を鼓舞することにより、食欲不振の改善を図ります。
(ツボ)
肺兪・脾兪・胃兪・中脘・足三里・陰陵泉・太白など

②脾陽虚
脾気虚が進行し、陽気を奮闘する能力が低下して、極端な寒証となります。極端に機能低下するため、寒冷の症状を呈します。
(症状)
脾気虚の症状全般・腹部の冷え・腹部のジワジワ痛・全身の冷え・脈が遅くて力がない・舌が青白い等
(施術法)
脾腎熱補することにより、虚寒状態の解消を図り、食欲不振を改善に導きます。
(ツボ)
脾気虚のツボ以外に、腎兪・太渓・照海・大腸兪・気海兪・陰谷など

③脾気陰両虚による食欲不振
脾気虚が進行し、消化吸収物を運化できないために、徐々に脾陰(潤滑油)も不足した状態です。機械に例えると潤滑油(エンジンオイル)が不足するため、全身的な乾燥症状が散見されます(目の渇き・咽喉や口の渇き・胃液の枯渇・掌や足の裏や顔ほてり・精神の枯渇など)。
(症状)
脾気虚の症状全般・腹部膨満感・便秘(硬い便)・痩せや肥満・舌が紅や黄・脈が速い等
(施術法)
脾胃の生命力を活性化し、全身の元気を鼓舞します。また、脾陰(潤滑油)の滋潤を図ります。
(ツボ)
脾気虚のツボ以外に、太渓・照海・三陰交・復溜・公孫など

Ⅱ肝鬱気滞
欲求不満や精神的因子により肝気が鬱結し、肝の疏泄が失調するため、木剋土の相剋現象が生じ、脾胃の機能が損なわれるために発症します。
(症状)
お腹がすかない・腹部膨満感・排便異常・悶々とする・憂鬱・緊張・易怒・脇が張る・腹痛など
(施術法)
疏肝理気を図ることにより、木剋土の相剋現象を解消し、土(脾胃)の働きを正常に導き、食欲不振を解消させます。
(ツボ)
脾気虚のツボ以外に、太衝・行間・肝兪・百会・胆兪など


※タイプ別区分は他にも多数ありますが、全てを掲載することはできないため、セオリー的なものを取り上げました。

ページの最初に戻る

よく見られる症状に戻る

トップ

Copyright(C)2005-2018  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室-食欲不振