「水」旺盛タイプ

本ページのような特徴がすべて当てはまる人はいません。それは純粋な水のみの人はおらず、他の木・火・土・金も混ざってくるからであり、また、理屈のとおりにいかないことも多々あるからです。しかし、水気を中心に回っている人は、比較的、下図の5(縦列)ような傾向があらわれがちです。

五行
五季 土用
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五主 血脈 肌肉 皮毛 骨・髄
五志 思案 恐・驚
五声
五気 湿
五色
五味 鹹(しおからい)
五指 薬指 中指 人差指 親指 小指
陰経 厥陰・足 少陰・手 太陰・足 太陰・手 少陰・足
陽経 少陽・足 太陽・手 陽明・足 陽明・手 太陽・足
五情 意(智) 精志
五液 涎(よだれ) 涕(鼻水)
五支 毛(面色)
五変 握・攣 動悸 しゃっくり 慄(ふるえる)
五方 中央 西
五役
五不足 憂悲 四肢不用 息利少気 蕨逆
五時間 平旦 日中 日西 日入 夜半
五目部 黒精 目頭・目尻 まぶた 白目 瞳孔
午後 夕方

水は五臓六腑では腎をあらわします。「一滴の腎水から生命が生まれる」といわれ、生命力の源をあらわします。リンパやホルモンの働きが活性化している傾向があります。

(特徴)
体系的・性格的な特徴等は、以下のようになります。


(ア)顔が大きめで丸く、ふっくらとしている。
リンパの働きなどが活性化しており、耳下腺部なども発達していて、肌に潤いがありふっくらとしています。


(イ)耳は厚くて大きく、耳たぶが発達している。
耳のうちの上部は火(心)をあらわし、下部は水(腎)をあらわします。


(ウ)肩は小さめで丸みを帯びている。
腰を中心とした部分が活性化しているため、上部はそれほどガッシリしていません。


(エ)臀部が発達している。
臀部や大腿が発達して丸みを帯びており、生殖機能が活性化しています。腎は先天の精をつかさどります。


(オ)声は低音でやさしい印象。
「腎間の動気」は下っ腹にやどります。そのため、力のある声ですが、おっとりとした優しい声です。


(カ)カフェイン類や酒類などの嗜好品を好む。
また、夜遅くまで起きているのが好きで、ギャンブルなどを好む人も多い。


(キ)温和で親しみやすく癒やし系。
カリカリしていません。水(腎)は奥深さをつかさどります。


(ク)協調性があって人に好かれる、目下の人を大切にする。
情的に発達していて、控えめで深みがあります。


(コ)柔肌で弾力のある肉付き、指先に丸みがある。肌の色は浅黒い。
肌肉が軟らかくもち肌です。腎水の色は黒です。


(サ)黒い髪で量が多い。弾力があってつやがある。
腎は陰遁の臓腑です。髪は腎水がつかさどります。髪にも潤いがあり、力が強いです。


(シ)夏〜晩夏は苦手。
春-休、夏-囚、晩夏-死、秋-相、冬-旺となり、夏〜晩夏は五臓六腑が働きにくい季節です。
囚と死は苦手な季節を表します。死ぬという意味ではありません。


(ス)心・血液循環系統、心療内科系統の症状になりやすい。




(養生法)
養生に勝る健康法はありません。このタイプに必要な養生法を挙げてみました。

(ア)下肢を使う運動を行う。
体力がある人:筋力(下半身)トレーニング、ランニング
普通に運動できる人:歩く、自転車、水泳
体力が低下している人:水中をゆっくり歩く、捕まりながら歩く
起き上がれない人:寝たままの状態で自転車こぎストレッチ、足の指を動かすetc


(イ)22:00以前に就寝。
21:00頃〜5:00頃の間、眠りにつくことにより、心(しん)が休むことができて腎(じん)が活性化するため、自然治癒力を賦活できます。


(ウ)嗜好品は控えめに。
タバコ、アルコール、カフェインなどは、控えめに。


(エ)塩っぱいものは少し多めで良い。摂りすぎには注意。


(オ)朝食は軽め、夕食はボリュームがあっても良い。


(カ)午後からは水ものを摂り過ぎない。必要な量を摂る。


(キ)寒天、マーガリン、プリンなどの凝固している飲食物は控えめに。苦い・渋い・甘いなどの飲食物も控えめに。



(ク)遅い時間の飲食は控えめに。
遅い時間に飲食すると、就寝時間中に体が休まりにくくなります。


(ケ)息切れ状態の継続に注意。
普段運動しない人や高齢者などは、注意しましょう。


(コ)長時間、集中しすぎに気をつける。
何かに没頭して長時間集中すると、エネルギーを消耗します。気分転換を上手に行いましょう。


ページの最初に戻る

トップページへ
Copyright(C)2005-2022  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室