坐骨神経痛-即効性を目指す鍼灸


(坐骨神経痛とは)
坐骨神経痛とは、仙骨(尾てい骨の辺り)から下肢に伸びている神経のことをいいます。坐骨神経は 身体の中にある神経のうち、最も太い神経です。

坐骨神経が障害されて、お尻・もも・足などの下半身に 痛みやしびれが出る場合を坐骨神経痛といいます。

痛みのレベルは色々で、軽度なしびれくらいの場合があれば、歩くのも大変なくらいの激しい痛みを覚えるケースもあります。

重くなると、排泄に支障を来す、歩くのも自由にならない、などにまで至るケースもあります。


痛みやしびれなどの問題が生じると、症状が出ている箇所に原因が存在すると思いがちですが、実際にはそうともいいきれません。

例えば、足首を捻った場合は足首そのものが痛くなりますし、お尻を打ったときにはお尻そのものに痛みが生じます。しかし、坐骨神経痛では、痛みが出ているお尻やももには直接の原因がないことも多いです。


坐骨神経痛は、日頃の動作やライフサイクル、作業や運動が発症のきっかけになる例があります。

若い年代でよくみられるのは、腰椎椎間板ヘルニアです。腰椎椎間板ヘルニアの場合、椎間板の真ん中に存在する髄核というものの一部が後ろに出て、これが神経に作用して痛みやしびれの原因となります。

腰椎椎間板ヘルニアは 20歳代の若年層によく発症し、次に30~40歳代が多い訳ですが、高齢者にも散見されます。


(坐骨神経痛の区分)
坐骨神経痛を大きく2つに分けると、根性坐骨神経痛と梨状筋症候群があります。

(1)根性坐骨神経痛
(原因)
二本脚で歩く人間(ヒト)の宿命として、腰の辺りに負担がかかることは周知のとおりです。そのため、腰椎(脊椎のうちの腰に当たる部分)には常に強い負担がかかりやすく、変性とよばれる現象が起こります。つまり、形状や組織の状態が加齢などによって変わっていくわけです。それが病的に変わってしまうことにより、坐骨神経が障害されると 根性の坐骨神経痛が発症します。腰椎椎間板ヘルニアや変形性脊椎症なども原因となり得ますが、検査では異常が確認できない場合も多々あります。

(症状)
お尻・もも・足などの下半身に、痛みやしびれが出ます。痛みのレベルは色々で、軽度なしびれくらいの場合があれば、歩くのも大変なくらいの激しい痛みを覚えるケースもあります。重くなると、排泄に支障を来す、歩くのも自由にならない、などにまで至るケースもあります。

(鍼灸による施術方針)
全身の生命状態を良くすることで、引いては障害を受けている神経の循環を改善し、下肢の痛みの鎮静を目的とします。

(ツボの例)
腎兪(じんゆ):腰の少し上にあります。
志室(ししつ):腎兪の数センチ外側にあります。
承山(しょうざん):ふくらはぎに位置します。


(2)梨状筋症候群

(原因)
坐骨神経は腰の辺りから下肢に分布します。この坐骨神経のルート上で、※1坐骨結節と※2梨状筋の狭い隙間を通る部分があります。この部分が、梨状筋の緊張や外からの力によって傷害されると痛みを発症します。

※1坐骨結節:腰掛けた時にイスに当たる尾てい骨先端の部分
※2梨状筋:骨盤の真ん中付近から股関節にかけて存在する筋肉

(症状)
根性坐骨神経痛と似通った症状がみられますが、梨状筋を押すとハッキリとした痛みがあります。

(鍼灸施術の方針)
全身の生命状態を改善することにより、梨状筋の緊張を緩和させます

(施術部位)
施術については、純粋な東洋医学的理論に基づいて行います。東洋医学は全体治療ですので”患部に施術する”という考え方は希薄です。体幹=身体の中心部(背中・上腹部)及び 身体の外側(四肢末端)に施術することにより、身体の中に眠っているエネルギーを全身に巡らせることが期待でき、患部の改善につながる・・・と考えます。そのため、施術する部位は、①肘から先に位置するツボ ②膝から下に位置するツボ ③背中(首~腰) ④胃袋の辺り となります。

※腹部は胃袋の辺りのみです。下腹部や胸を出す必要はありません。患部を拝見することもありません。

これらの施術部位については、理論的根拠もあります。こちらをご覧ください。東洋医学の教科書的な考え方に則ると、大切なツボは①~④に集中していることが分かります。そのため、①~④に位置するツボへの施術で、全身の生命力を活性化することができるため、それ以外の部位のツボに施術する必要はありません。

ページの最初に戻る


よく見られる症状に戻る


腰痛・ぎっくり腰へのリンク


トップ

Copyright(C)2005-2021  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)即効性を目指す 長嶋鍼灸室 坐骨神経痛