鍼灸施術の流れ

刺す(据える)ツボの部位は・・・
@肘から先 A膝から下 B胃袋の辺り C背中(首〜腰の高さ) に限定されます。それ以外の部位を露出する必要はありません。

T(問診)
問診票にご記入いただきます。問診事項はこちらのとおりです。事前に把握していただきますよう、お願いいたします。


U経絡テスト=Mテスト(整形外科的な症状のみ)
経脈の状態を把握するため、身体全体の動きを見せて頂きます(自発動作)。

V(舌診・脈診)
舌診(舌をみる)・脈診(手首の脈をみる)をいたします。


W(背骨にシールを貼付)腰〜首
Tシャツ・首が広がるスウェットなどを着用の状態で、うつ伏せ寝(下向き)になって頂きます。うつ伏せ寝(下向き)の状態ままで、Tシャツ・スウェットなどを(下から上へ)まくり上げていただき、腰から首の下まで背骨センターライン(棘突起)に(ツボの目印となる)シールを貼付いたします。※着替えは用意してありません。首が広がるジャージ・Tシャツ等をご持参下さい。


X(うつ伏せ寝で施術)
うつ伏せ寝(下向き)のまま、C背中(首〜腰の高さ) のうち、背骨の外側5〜10センチの辺りに施術いたします。鍼の本数は2〜4本、刺す深さは0.7cm〜1.5cm程度です。施灸する場合もあります(灸熱緩和紙を使用)。

Y(仰向け寝で施術)
仰向け寝(上向き)の状態で、@肘から先 A膝から下 B胃袋の辺り に施術いたします(胃袋の辺りは灸のみ)。刺鍼する深さは0.7cm〜1.5cm程度です。施灸する場合は、灸熱緩和紙を用います。(※着替えは用意してありません。膝の上までまくり上げられるズボン・ジャージ(下)等をご持参下さい)。


以上で終わりです。


※鍼・灸の選択は、こちらで判断させて頂きます。理由は、患者さまの体質により、鍼・灸の混ぜ具合が変わってくるからです(鍼のみ、灸のみ、鍼灸両方など)。痛み・熱さは、それほどありませんが、それらを感じた場合はご遠慮なくおっしゃって下さい。

※B胃袋の辺りC背中(首〜腰の高さ)への施術は、行う場合と行わない場合があります。@肘から先A膝から下 への施術は必ず行います。 

ページの最初に戻る

トップページへ
Copyright(C)2005-2023  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima) 長嶋鍼灸室