鍼灸 施術を受けるには?

@疑問点を解決する

参考:よくあるご質問 施術の流れ

お電話・メールによるお問い合わせも歓迎いたします。



Aよく考える
                    
   
B決断する

以下に該当する場合、施術できるツボに制約がありますので、お申し出ください。

(T)2年以内に次の治療を受けた方

(ア)ステロイド治療(患部限定の塗布は除外)
(イ)ホルモン治療(ピル含む)
(ウ)※ヒトの胎盤(医薬品)を摂取する治療
   (動物の胎盤(健康食品)は含みません)

(U)妊娠中の方

※ヒトの胎盤を摂取する医薬品の例
(医薬品に区分されるプラセンタ、漢方薬のユースP糖衣錠=源など)

     

C予約する。

完全予約制です。
メールでご予約の方は、「ご予約承りました」の返信メール受信を確認の上でお来しください。

D着替えは用意してありません。Tシャツ・首が伸びるスウェット・膝の上まで上がるズボンなど をご用意下さい。襟(えり)がついた服はご遠慮ください。
施術前の1時間半は食事・入浴ともに控えて頂きますよう、お願いします(脈が変化するため)
舌の色は重要な判断材料です。舌に色がつくものは口に入れず、フレッシュな舌の状態でお来し下さい。
漢方薬を服用されている場合は、名称を控えてきて下さい。



E鍼を刺すときチクッとします(灸を据える時ピリッとします)。





F鍼灸が終わった後は、心地よい眠気がわいてくることがあります(個人差があります)。お風呂・運動など、特に気をつけることはありません。



G料金はこちらのとおりです。それ以外は一切いただきません。
                             


                        
Hさぁー、明日から家事に仕事にガンバリましょう!

              

※当方は東洋医学専門です。西洋医学的なアプローチや説明は行っておりません。あらかじめ、ご承知おきください。

ページの最初に戻る


トップページへ

Copyright(C)2005-2019  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)埼玉県 川越市 長嶋鍼灸室