セルフ・ケアで可動域を広げられる可能性を探る
(体幹を動かすと痛いために可動域が制限される場合)


セルフケア トップページへ

首・肩・肘・腰・股関節・膝・足首等の(痛みなどによる)可動域の制限ついては、セルフ・ケアにより動かせる範囲を広げられることがあります。(参考:Mテスト)

例1 反(そ)らすと痛いために可動域が制限される場合 (証型では脾虚) (経絡テスト)

例2 前屈すると痛いために可動域が制限される場合 (証型では腎虚) (経絡テスト)

例3 横に倒すと痛いために可動域が制限される場合 (証型では肝虚) (経絡テスト)

例4 捻(ひね)ると痛いために可動域が制限される場合 (証型では肝虚) (経絡テスト)

例1 体を反(そ)らすと痛いために可動域が制限される場合
(痛む部位は腰・大腿・下腿などケースバイケース)
※どこが痛いかではなく、どういう体勢で痛いかに焦点を当てて考えるのが東洋医学です。
(証型では脾虚)
(経絡テスト)

(考え方)
体幹を反(そ)らせない体幹と下肢の前面を伸ばせない下肢の前面を通っているエネルギーのルート(経脈)にトラブルが発生している下半身の前面を通っているエネルギーのルート(経脈)にトラブルが発生している足の太陰脾経または足の陽明胃経ツボは左右両方の下肢の児[(れいだ) 解渓(かいけい) 大都(だいと) 商丘(しょうきゅう)

(金属粒or火をつけない灸の貼付)※個々人の体質により、金属粒が合う人と、火をつけない灸が合う人がいます。
左右両方の下肢の児[(れいだ) 解渓(かいけい) 大都(だいと) 商丘(しょうきゅう) のツボのうち、いずれか1つのツボ(左右で2カ所)ずつに金属粒(or火をつけない灸)を貼付して、可動域が広がるか否かを検証する(一度に複数のツボに貼らない)可動域が広がる場合、すぐにその場で分かる

すぐにその場で可動域が広がった場合、金属粒(or火をつけない灸)を貼付したまま、2〜3分間程度 放置したら剥(は)がす(これを1回/日以下の頻度で行う)

※例として
左右の足の児[「×」放置せずに剥(は)がす
  
左右の足首の解渓「×」放置せずに剥(は)がす
  
左右の足の大都「×」放置せずに剥(は)がす
  
左右の足首の商丘「〇」商丘に貼付したまま、2〜3分間程度 放置したら剥(は)がす。※貼付する時間数については、ご自分の身体の調子と相談しながら長短を調節してください。

(※注意点)

〇貼ってすぐに可動域が広がらない場合、貼付し続けても効果は期待できません。
〇火をつける灸を、この方法に使用すると危険ですので、やめましょう。
〇可動域が広がった場合でも、金属粒(or火をつけない灸)を貼付したまま長時間置いておくと、効果がなくなるなどのリスクを排除できません。
〇金属粒ではなく、刺さる鍼がついている絆創膏(ばんそうこう)のようなものを貼った場合、リスクが高くなりますのでご注意下さい。
〇1日1回以上、行わない方が無難です。

このページの最初へ

例2 前屈すると痛むために可動域が制限される場合
(痛む部位は腰・大腿・下腿などケースバイケース)
※どこが痛いかではなく、どういう体勢で痛いかに焦点を当てて考えるのが東洋医学です。
(証型では腎虚)
(経絡テスト)


(考え方)
体幹を前屈できない体幹と下肢の後面を伸ばせない下肢の後面を通っているエネルギーのルート(経脈)にトラブルが発生している下半身の後面を通っているエネルギーのルート(経脈)にトラブルが発生している足の少陰腎経または足の太陽膀胱経ツボは左右下肢の 復留(ふくりゅう) 湧泉(ゆうせん) 至陰(しいん) 束骨(そっこつ)

(金属粒or火をつけない灸の貼付)※個々人の体質により、金属粒が合う人と、火をつけない灸が合う人がいます。
左右下肢の 復留(ふくりゅう) 湧泉(ゆうせん) 至陰(しいん) 束骨(そっこつ) のツボのうち、いずれか1つのツボずつ(左右で2カ所)に金属粒(or火をつけない灸)を貼付して、可動域が広がるか否かを検証する(一度に複数のツボに貼らない)可動域が広がる場合、すぐにその場で分かる

すぐにその場で可動域が広がった場合、金属粒(or火をつけない灸)を貼付したまま、2〜3分間程度 放置したら剥(は)がす(これを1回/日以下の頻度で行う)

※例として
左右の下腿の復留(ふくりゅう)「×」放置せずに剥(は)がす
  
左右の足の湧泉(ゆうせん)「×」放置せずに剥(は)がす
  
左右の足の至陰(しいん)「×」放置せずに剥(は)がす
  
左右の足の束骨(そっこつ)「〇」左右の足の束骨(そっこつに貼付したまま、2〜3分間程度 放置したら剥(は)がす。※貼付する時間数については、ご自分の身体の調子と相談しながら長短を調節してください。
  
  終了

(※注意点)
「例1体を反(そ)らすと痛いために可動域が制限される場合」の注意点と同じ

このページの最初へ

例3 体幹を左側に倒すと痛いために可動域が制限される場合
(痛む部位は腰・大腿・膝・下腿などケースバイケース)
※どこが痛いかではなく、どういう体勢で痛いかに焦点を当てて考えるのが東洋医学です。
(証型では肝虚)
(経絡テスト)

(考え方)
体幹を左側に倒すと痛い体幹の右側面(外側)が伸びる体勢で痛む下半身の右側面(外側)を伸ばせない下半身の側面(外側)を通っているエネルギーのルート(経脈)にトラブルが発生している足の少陽胆経ツボは右側の 陽輔(ようほ) 侠渓(きょうけい) のうち、どちらか1つ。

(金属粒or火をつけない灸の貼付)※個々人の体質により、金属粒が合う人と、火をつけない灸が合う人がいます。
右側の陽輔(ようほ) 侠渓(きょうけい) のツボのうち、いずれか1つのツボずつに金属粒(or火をつけない灸)を貼付して、可動域が広がるか否かを検証する(一度に複数のツボに貼らない)可動域が広がる場合、すぐにその場で分かる。


すぐにその場で可動域が広がった場合、金属粒(or火をつけない灸)を貼付したまま、2〜3分間程度 放置したら剥(は)がす(これを1回/日以下の頻度で行う)

※例として
右側の陽輔(ようほ)「×」放置せずに剥(は)がす
  
右側の侠渓(きょうけい)「〇」右側の侠渓に貼付したまま、2〜3分間程度 放置したら剥(は)がす※貼付する時間数については、ご自分の身体の調子と相談しながら長短を調節してください
  
  終了

右横に倒すと痛むために可動域が制限がある場合は、左下肢のツボが対象になります。

(※注意点)
「例1体を反(そ)らすと痛いために可動域が制限される場合」の注意点と同じ

このページの最初へ

例4 体幹を右側に捻(ひね)ると痛いために可動域が制限される場合
(痛む部位は腰・大腿・膝・下腿などケースバイケース)
※どこが痛いかではなく、どういう体勢で痛いかに焦点を当てて考えるのが東洋医学です。
(証型では肝虚)
(経絡テスト)


(考え方)
体幹を右に捻ると痛い体幹の左側面(外側)が伸びる体勢で痛む下半身の左側面(外側)を伸ばせない下半身の側面(外側)を通っているエネルギーのルート(経脈)にトラブルが発生している足の少陽胆経ツボは左側の 陽輔(ようほ) 侠渓(きょうけい) のうち、どちらか1つ。

(金属粒or火をつけない灸の貼付)※個々人の体質により、金属粒が合う人と、火をつけない灸が合う人がいます。
左側の陽輔(ようほ) 侠渓(きょうけい) のツボのうち、いずれか1つのツボずつに金属粒(or火をつけない灸)を貼付して、可動域が広がるか否かを検証する(一度に複数のツボに貼らない)可動域が広がる場合、すぐにその場で分かる。


すぐにその場で可動域が広がった場合、金属粒(or火をつけない灸)を貼付したまま、2〜3分間程度 放置したら剥(は)がす(これを1回/日以下の頻度で行う)

※例として
左側の陽輔(ようほ)「×」放置せずに剥(は)がす
  
左側の侠渓(きょうけい)「〇」左側の侠渓に貼付したまま、2〜3分間程度 放置したら剥(は)がす※貼付する時間数については、ご自分の身体の調子と相談しながら長短を調節してください。
  
  終了

左横に捻(ひね)ると痛いために可動域が制限される場合は、右下肢のツボが対象になります。

(※注意点)
「例1体を反(そ)らすと痛いために可動域が制限される場合」の注意点と同じ

このページの最初へ

セルフケア トップページへ

サイト全体のトップページへ

Copyright(C)2005-2024  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室