胃腸 型-女性特有

T 脾虚 型

※鍼灸施術をしていて、このタイプには下記のような方が多く見受けられます。すべてが当てはまることはありませんが、いくつかの項目にお心当たりがあるのではないでしょうか?

月経

飲食

お通じ

身体の特徴・症状

性格など

季節

改善法
  

月経−東洋医学的な鍼灸の立場から

1 生理前や月経初日に胃がムカムカする、吐き気がある
月経前や生理開始初日にムカムカし、吐き気がみられます。人よっては痛みよりも、吐き気の方を苦しく感じる場合もあります。
 

2 月経が終わった後も、お腹のシクシクとした痛みが止まらない。
これは虚痛といって、胃腸の消化吸収機能に力がないことにより発生します。激痛ではありませんが、長時間または何日も継続するため、生活に不自由を来たします。生活習慣の改善などで消化器に力がついてくると、比較的早期に沈静化する場合があります。
 

3 ダラダラと月経が長引く、不正出血する
女性の場合は、脾(≒胃腸)が気血の状態に深く関与していると考えられます。つまり、必要なときに血を出させて、不必要になったら止める作用です(脾の統血機能)。消化器の機能が低下すると、これらの作用が働きにくくなるため、だらだらと長引いたり、不正出血などの症状がみられます(脾不統血)。


4 生理不順がある
消化吸収力が弱いため、血を造れないと月経が遅れます。血の粘度が落ちて血がうすくなると、流入流出が早くなります。これらが交互に起こると生理不順となります。

5妊活がすんなりといかない。
消化器の力によって飲食物をエネルギーに変え、それが生殖機能へと転化されます。消化吸収力が、妊活に影響を与える可能性はあります。

6更年期の症状が出たのと並行して、胃腸の問題も悪化した。

五臓六腑は繋がっているため、生命状態が悪化すると、消化器の問題も悪化します。

ページの最初に戻る

飲食

1甘いものが大好き(特に生理前に過食)
胃腸の消化吸収能力が低下しているので、エネルギー源が不足しがちです。そのため、すぐにエネルギーに変わる糖分に頼りたくなります。特に生理前は消化吸収機能の異常亢進が起こるため、病的に甘いものが欲しくなります。「狂ったようにチョコレートをむさぼる」と表現される方も珍しくありません。
 

2食後にコーヒーやお茶を飲まずにはいられない
コーヒー類やお茶類は、酸の分泌を必要以上に高める作用があります。食べた量の食物を消化するのが困難なため、コーヒーやお茶類を飲むことにより、胃液を無理に出して消化しようとするのもこのタイプ です。また、眠くなった頭をシャキッとしようとして、飲みたくなることもあります。
  

3寝る前に食べないと眠れない
身体を横たえると、人間が本来持っている自然治癒力を発揮しやすくなります。その結果、気血が身体の中の機能低下しているところ(この場合は胃)に集まり、修復を促します。そのため、どうしてもミゾオチを意識するようになります。「起きて動いている間は気にならないのに、寝転がると気になって仕方がない」という人もいます。
 

4食後に異常な眠気に襲われる。
食後に眠くなるのは普通ですが、それが異常な眠気に襲われるのは消化機能が弱くなっているサインです。疲れている消化器を無理に働かせるため、身体中の血液を消化(胃腸)に集中させるからです。そのため、他の部分(脳など)に血液が行き渡らなくなり、眠くなります。
 

5空腹になると胃に違和感があり、飲食すると落ち着く。
消化機能の動力源の力が低下すると、胃酸が出すぎて胃の壁を刺激すため、違和感を覚えます。排卵〜月経前の不調でひどい場合は、ムカムカや吐き気を訴えます。食物を入れると、胃酸がうすまるので楽になりますが、もたれます。
 
              
6過食するクセがついている。
消化器が疲れるとあまり食べられないか、食べてもおいしく感じません。また、ミゾオチが不安定になることにより胃液が出すぎるため、必要量を超えて食べるクセがついている人もいます。
 

7食べてもおいしく感じない。食べ物の味がよく分からない。
胃腸の調子が良いときは、何を食べてもおいしく感じます。逆に、調子が悪いときはおいしく感じません。さらに悪化すると、味覚が鈍感になります。

ページの最初に戻る

お通じ

1普段から便秘。または、月経中に下痢(または軟便)をする。
弛緩性便秘といい、大腸に力がなくて便を排出できません。月経中の下痢はたいへんですね。これも消化器に負担がかかっているサインです。
 

2コロコロした硬い便が出る。
消化吸収がスムーズに機能していないため、血分が不足するとウサギの糞(ふん)のような便が出ます。黒くて硬いのが特徴です。

ページの最初に戻る

身体の特徴・症状

1唇が荒れたり、ひび割れする。食べ物が口の中でしみる
胃腸の状態は口に反映されます。食べ物がしみるのは、消化器機能低下のサインです。
 

2血の気がひく
食物エネルギーを摂取→血液を造る→身体中に血液を行き渡らせる・・・が働かないために、血の気がひく人もいます。月経で血を失うことだけが原因ではありません。
 

3肥満傾向か、または、肥満ではないのに肉がブヨブヨしている。
これは虚の状態といって、外からみると充満しているように見えても、中身はスカスカの状態です。本当に丈夫な人は、たとえ痩せていても中身がつまっており、外見とは必ずしも一致しません。
            
4手足が重だるく、動かすのがおっくう。だるいときがある。
エネルギーを効率よく摂取できないため、エネルギー不足になり四肢が萎えます。


5夕方に疲れやすい。
消化機能が低下すると、栄養を身体中に行き渡せるのが困難になるため、疲れやすくなります。特にエネルギーが切れる夕方は疲れが集中し、それをコーヒー等でごまかして仕事をする人も多いようです。
           
6舌の両側に歯型がついている。または、中央部が荒れている。
これは東洋医学の舌診という見方です。舌の中央部は胃を意味し、ここが荒れていることは機能が減退していることを意味します。また、胃腸が弱いと湿気が体内に停滞しやすく、舌が腫れぼったくなります。その結果、舌と歯が接触するため、歯型がつきやすくなります。
 

7お腹が張ってガスが出る。胃が揺れるとコポコポした音がする。
消化吸収が悪いと、食べ物が腸へスムーズに運ばれません。また、腸での吸収が悪いと、ガスが発生します。臭いおならとなって出ることもあります。
 

8胃の場所(または少し下)を押すと違和感がある。または硬く張っている。

東洋医学では中焦(おへその上)はやわらかく、下焦(おへその下10センチくらい)は充満しているのを理想としています。これは「上虚下実」といい、「上側は身軽に、下はどっしりと力強く」といった意味です。下焦は家に例えれば土台であり、植物に例えれば根に該当します。昔の人は、理想のお腹の状態を「ひさご腹」といい、健康な状態の証としました。また、下焦のことを「丹田」といい、最も重要と考えました。仏像などのお腹は、みな「ひさご腹」になっているのが特徴です。内臓が弱くなると、それとは逆に「上実下虚」になってしまい、身体が本来持っている機能を発揮することができません。
 

9休み明けに眉間・コメカミがこわばる。前頭部が重く痛い。
胃腸が弱い時は、環境適応能力が低下します。このタイプは前頭部・コメカミにこわばりを感じる人が多くみられます。特に月曜日などの休み明けは、昨日までの休日とは一変するので、心身がすぐになじめずに、こわばり・頭重といった症状があらわれがちです。顔や首の力を抜いて、気分転換をするようにしましょう。


10疲れると上まぶたが腫れぼったくなる。一重まぶたの人は二重に、二重まぶたの人は三重まぶたになる。

東洋医学では上まぶたは消化器の状態をあらわし、下まぶたは生殖機能(子宮・卵巣)などを表わします。消化機能が疲れてくると、上まぶたが腫れぼったくなったり、幾重にも重なったり、人によってはモノモライのようになったりします。
 

11歯周病がある
胃腸の状態は肌肉(きにく)に反映されます。肌肉とは、皮膚よりも少し深いところを意味します。ちょうど口の中でいえば歯茎に当たるため、歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病が発生しがちです。虫歯はそれほどではないのに、歯周病が進行して治療を必要としている人は、機能が減退している可能性があります。
 

12疲労がたまると顔面がピクピクする
顔は陽明経の通り道です(エネルギーの通り道)。疲れると経絡(エネルギーの流れ)が詰まるため、気の通りが悪くなります。そして、周囲の筋肉がこわばったり、ピクピク動いたりします。


13自己主張が下手で、必要以上に他人に合わせてしまう
脾虚の症状です。人に嫌われることを必要以上に恐れる傾向があります。

ページの最初に戻る


性格など

1環境の変化がキッカケで、生理前の不調や月経トラブルがひどくなった
人生の大転機(転職・転勤・引越し・出産・倒産など)や勉強時間の延長など、生活環境の変化がキッカケでひどくなる場合があります。


2全か無の法則が成り立つ性格=一所懸命にやり遂げるか、または全くやらないのどちらかに偏りがち(バランスをとるのが苦手)
ミゾオチは中庸を意味します。つまり、陰(肺・腎)と陽(肝・心)の間に立ってバランスをとる役目のことです。この機能がうまく働かないと、一直線にやり遂げて達成感に満足するか、またはやる気が出ないと全くやらない、といった傾向が見られます。
 

3気分がハイで多弁なときと、沈んで無口なときの差が激しい
消化器の機能が亢進しているときは、多弁でしゃべりたくなります。逆に減退しているときは気分が沈みます。消化機能が不安定になると亢進と減退を繰り返し、性格的にも不安定になります。
 
               
4貧乏ゆすりをすることがある
これも異常亢進です。胃が不安定になると異常に動きたくなったり、貧乏ゆすりしたくなります。
 

5運動しないといられない
運動すると消化が良くなります。胃が弱くなると消化を助けるために、自然に身体が運動をしたがるようになります。運動意欲は必要なことです。


6思案ばかりして疲れてしまう
東洋医学における考えでは、脾は五志では思に該当します。つまり、色々なことを考えすぎて疲れてしまいます。結局、取り越し苦労に終わることも多く、普通の人よりも余計にエネルギーを使うことになります。逆に、普通の人が気づかない細かいことにも気が回るので、仕事で重宝がられることがあります。


ページの最初に戻る

季節

1梅雨などの湿度の高い日は不快で、電車などで気分が悪くなる。7〜8月は月経トラブルも重い。秋〜冬などの乾燥した季節は調子が良い。
月経の状態などは脾に影響されますが、脾は湿度に弱い性質があります。これは、湿気により身体の中に不要な水分がたまり、気の流れがスムーズにいかなくなるからです。例として、2008年に月平均の湿度が70%を超えたのは、6・7・8月の3ヶ月のみです。特に7〜8月は暑さのため、冷房や冷飲食で冷やしますからダブルパンチです。このシーズンは胃腸も十分に働かず、栄養が隅々まで行き渡らないので、だるくて仕方がなくなります。逆に秋〜冬は乾燥しており、快適に働けるので調子がよくなります。

養生法
−東洋医学的な鍼灸の立場から
      

1運動不足に気をつける。
運動不足になるとお腹がすかず、生命状態が悪くなります。たくさん運動してお腹がすいた時は、食事がおいしいですね。大切なのは下肢を使った運動です。昔の人は「下肢を動かすと、脾が胃を揉む」といいました。
  

2肉類はほどほどに、季節の野菜をたくさん食べる

消化器の状態を良くするためには、野菜を食べることがかかせません。ゆでた野菜は、たくさん食べられるのでお勧めです。月経の1〜2週間前の食事が、もっとも月経トラブルに影響します。
 

3糖分は取り過ぎない。
単糖類によるエネルギーに頼ると、消化機能は一層弱ります。昔の人は糖分を今ほど摂りませんでした。そうは言っても、簡単に甘いものをやめられないが現実です。食べたい量の半分〜1/3でやめるのも、現実的な対応です。

 

4寝る前は食べない

中焦(胃など)が弱いと、空腹感に耐えられません。だからといって、いつも寝る前に食べると、寝ている間に身体のメンテナンスができません。これは、車のメンテナンスはエンジンを切って行うのと同じで、胃腸が動いている(血液を送るのは心)状態では身体のメンテナンスができず、疲労が取れません。

5過食、過飲はしない
消化機能に余計な負担をかけるのはやめましょう。心(しん)にも余計な負担をかけることになり、身体によくありません。胃に気血を送るのは心(しん)だからです。
 

6不自然な食欲には応じない。
ミゾオチが疲れていると不安定になるため、消化液が出過ぎます。その結果、身体は要求していないのに、食物を入れたくなります。しかし、それは胃のひとりよがりの欲求であり、身体本来の欲求ではありません。このような、異常亢進によりもたらされる不自然な欲求に従うと、機能がさらに異常亢進し悪化の一途をたどります。そんなときは、お湯などを飲んで消化液をうすめ、気分をまぎらわしましょう。

7夏でも温かいものを飲食する

脾は中庸を好みます。温度についても、熱すぎず冷たすぎない程度がベストです。特に冷たいものは、お腹を直接攻撃するため厳禁です。夏でも温かいものを飲食する習慣をつけましょう。
 

8消化の良いものをよく噛んで食べる。
お腹をこわした時は、おかゆなどを食べる習慣が昔からあります。しかし、消化のよいものでもよく噛まずに飲み込むと、唾液の酵素の作用が働かず、かえってお腹に負担をかけ悪影響です。消化の良いものを、よく噛んで排便異常にならないようにしましょう。

ページの最初に戻る

女性特有トップ

イライラ型

冷え性 型 

潤滑油不足タイプ

Copyright(C)2005-2022  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室