脾虚タイプ

五行色体表 width=

五行
五季 土用
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五主 血脈 肌肉 皮毛 骨・髄
五志 恐・驚
五声
五気 湿
五色
五味
五指 薬指 中指 人差指 親指 小指
陰経 厥陰・足 少陰・手 太陰・足 太陰・手 少陰・足
陽経 少陽・足 太陽・手 陽明・足 陽明・手 太陽・足
五情 意(智) 精志
五液
五支 毛(面色)
五変 握・攣 動悸 しゃっくり
五方 中央 西
五役
五不足 憂悲 四肢不用 息利少気 厥逆
五時間 平旦 日中 日西 日入 夜半
五目部 黒精 目頭・目尻 まぶた 白目 瞳孔
午後 夕方

脾虚とは、五臓六腑における脾胃のエネルギー不足をあらわします。脾胃とは、(無理矢理に)西洋医学に当てはめると胃腸を意味します。つまり、胃腸の消化吸収力が弱っているタイプという解釈も成り立ちます。ただし、西洋医学の胃腸と東洋医学の脾胃は、概念が微妙に異なるため、胃腸に自覚症状が出ない人も多々存在します。

以下のような症状について、すべてが当てはまることはありませんが、脾虚タイプの方はいくつかの項目にお心当たりがあるのではないでしょうか?

(脾虚タイプの症状や特徴)

(ア)食欲減退 または 過食傾向がある。
食欲減退は胃腸のエネルギー不足です。過食傾向は、胃腸の異常亢進が起きている状態であり、どちらも正常とはいえません。


(イ)疲れやすく、倦怠感が出やすい。
飲食物を消化吸収→エネルギーを生産→身体の隅々までエネルギーを行き渡らせる・・・という機能が弱っているためです。


(ウ)軟便や下痢になりやすい。
胃腸の症状です。


(エ)唇や口の中が荒れやすい。口内炎になりやすい。
「口は消化器の門」といいます。(五行色体表の五官を参照


(オ)歯周病になりやすい。歯痛になりやすい。
下歯は大腸、上歯は胃の生命力が関係しています。非定型歯痛や非歯原性歯痛などに陥る人もいます。


(カ)空腹になると胃に違和感があり、食べたくないのに食べてしまう。


(ス)胃もたれがある。


(セ)すぐにお腹がいっぱいになり、量を食べられない。


(キ)細かい気遣いをしすぎて疲れてしまう。
東洋医学では、性格も五臓六腑に求めます。


(ク)思案しすぎる傾向がある。
東洋医学では、五臓六腑の状態が性格にも反映されると考えます。脾胃の力が弱い人の場合、思い煩いやすい傾向がみられがちです。(五志)


(ケ)顔色が白い又は黄色い。
血色があまりよくありません。


(コ)自分を抑えて、他人に合わせてしまいがち。


(サ)晩夏〜秋は苦手。
晩夏から秋は脾胃が働きにくくなります。胃腸に限らず、不調になる場合があります。


(シ)前頭部の頭痛がある。
陽明頭痛といいます。


(ソ)雨の日に調子が悪い。症状は個々人によって異なります(その人の弱いところに出る)。
脾胃は湿気に弱い傾向があります。(五気)


(タ)口臭がある。
脾胃に問題があることが多くみられます。


(チ)舌が腫れぼったい。または、舌の上の苔状の付着物がベッタリとついている。
腫れぼったい→虚弱を意味します。
付着物が多い→脾胃の力が足りず、体内のアマリモノを捌(さば)けていないことを意味します。


(ツ)体重増が気になる。
「肥人多痰、肥乃気虚也。虚則気不運行、故痰生也。」という言い伝えがあります。「体重増が気になる人は、脾虚によりアマリモノが生じている」という意味です。余計な体重も、アマリモノと考えます。


(テ)食後に異常な眠気に襲われる。
エネルギーが消化に取られてしまうためです。


(ト)うつ伏せになると楽になる
うつ伏せになることにより、胃腸が按じられ楽になります。喜按虚証(虚証は按じられることを喜ぶ)といいます。


(ナ)胃腸・脾臓・膵臓などの手術歴がある。
手術を受ければ脾胃の力が弱くなるのは、仕方がありません。どうすれば足りない分を補うことができるか、前向きに考えて養生に努めましょう。


(ニ)体を反(そ)らす(のけぞる)と腰痛・座骨神経痛などが悪化する。
脾胃の生命力は、体の前面を主(つかさど)ります。生命力が虚(うつ)ろになると、身体の前側(腹筋から下、大腿全面など)を伸ばしにくくなります。不栄則痛(栄えざれば すなわち痛む)といいます。エネルギーが栄えないために痛む、という意味です。


(養生法)
養生に勝る健康法はありません。このタイプに必要な養生法を挙げてみました。

(ア)下肢を使う運動を行う。
「久座は脾を損なう」といい、座ってばかりいると脾胃によくありません。適度に下肢を運動させましょう。
「下肢を動かすと脾が胃を揉む(下肢を運動させると脾胃が活性化する)」

体力がある人:筋力(下半身)トレーニング、ランニング
普通に運動できる人:歩く、自転車、水泳
体力が低下している人:水中をゆっくり歩く、捕まりながら歩く
起き上がれない人:寝たままの状態で自転車こぎストレッチ、足の指を動かすetc


(イ)22:00以前に就寝。
21:00頃〜5:00頃の間、眠りにつくことにより、心(しん)が休むことができて腎(じん)が活性化するため、自然治癒力を賦活できます。「脾を補うには、腎を補うに如かず」


(ウ)嗜好品は控えめに。
タバコ、アルコール、カフェインなどは、控えめに。


(エ)脂肪を少なめにする。
消化吸収能力が低い人は、脂肪を少なめにすると脾胃に負担がかかりません。


(オ)腹八分を心がける。
脾胃にやさしい生活を心がけましょう。「腹八分に病なし」


(カ)甘味類に要注意。
甘味類はどうしても食べ過ぎます。甘味を取り過ぎると脾を損ないます。(五味)


(キ)遅い時間の飲食は控えめに。
遅い時間に飲食すると、就寝時間中に体が休まりにくくなります。


(ク)脾胃に効く飲食物を摂る。
オオムギ、大豆、カボチャ、生姜、人参、ニンニク、ネギ、ヨモギ、黒豆、春菊、白菜、ブロッコリー、山芋、レンコン、トウモロコシ、そば、キュウリ、ゴボウ、コンニャク、大根、タケノコ、トマト、ナス、ほうれん草、レタス、魚、餅米、キャベツ、ジャガイモ、インゲン豆、ミカン、リンゴ等。


(ケ)偏食はしない。
五味の食品をバランスよく食べましょう。五味とは、酸っぱい・苦い・甘い・辛い、塩辛いです(五味)。このうちの「甘い」とは炭水化物の甘さであり、スイーツの甘さではありません。摂りすぎに注意。


(コ)疲労の蓄積に気をつける。
好き好んで蓄積している人はいませんが・・・。


ページの最初に戻る

トップページへ
Copyright(C)2005-2022  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室