腎虚タイプ

五行色体表 width=

五行
五季 土用
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五主 血脈 肌肉 皮毛 骨・髄
五志 恐・驚
五声
五気 湿
五色
五味
五指 薬指 中指 人差指 親指 小指
陰経 厥陰・足 少陰・手 太陰・足 太陰・手 少陰・足
陽経 少陽・足 太陽・手 陽明・足 陽明・手 太陽・足
五情 意(智) 精志
五液
五支 毛(面色)
五変 握・攣 動悸 しゃっくり
五方 中央 西
五役
五不足 憂悲 四肢不用 息利少気 厥逆
五時間 平旦 日中 日西 日入 夜半
五目部 黒精 目頭・目尻 まぶた 白目 瞳孔
午後 夕方

腎とは五臓六腑の根、心身の縁の下の力持ちのような存在です。(無理やりに)西洋医学に当てはめると、腎・膀胱系+泌尿生殖器系の両方を担っている存在です。
ただし、西洋医学と東洋医学は根本的に異なるため、「東洋医学的には腎虚、しかし、西洋医学的な腎臓の検査値は正常」ということも多々あります(その方が多い)。



腎は陰陽の宅(すみか)といい、「身体を温める力」や「のぼせ(ほてり)を冷(さ)ます力」を主(つかさど)ります。

腎虚のうち、顔や足の裏がほてる体質・・・陰虚体質

腎虚のうち、極端に冷える体質・・・陽虚体質

のぼせ(ほてり)・極端な冷えがない人・・・本ページ(単なる腎虚)

以下のような症状について、すべてが当てはまることはありませんが、腎虚タイプの方はいくつかの項目にお心当たりがあるのではないでしょうか?

●特徴や症状

(ア)疲労倦怠感がある。疲れやすい。
腎は元気の元です。腎虚になると疲れやすくなります。


(イ)元気がない。
上と同じ理由です。


(ウ)年齢のわりに生殖能力が低下している。


(エ)入眠障害・不眠などがある。
眠る力は腎に宿ります。心(しん)が亢進しても眠りにくくなります。東洋医学的には、心腎不交(しんじんふこう)などともいいます。


(オ)排尿障害がある


(カ)耳鳴りがある。
耳は腎の竅(あな)です。(五行色体表の五官を参照)


(キ)骨が弱い。
骨は腎が主(つかさど)ります。(五主)


(ク)身体の一部が黒ずんできた。
腎の色は黒です。(五色)


(ケ)下肢の後ろ側がつる。
下肢の後ろ側は、足の少陰腎経が主(つかさど)ります。(陰経)


(コ)前屈など、腰や下肢の後ろ側を伸ばすと腰痛・座骨神経痛・膝痛などが悪化する。
下肢の後ろ側は、腎・膀胱が主(つかさど)っています。腎・膀胱の生命力が虚(うつ)ろになると、前屈などの姿勢になりにくくなります。不栄則痛(栄えざれば すなわち痛む)といいます。エネルギーが栄えないために痛む、という意味です。


(サ)後頭部の頭痛がある。
太陽頭痛といい、腎・膀胱の生命力が虚(うつ)ろになると、発症する場合があります。


(養生法)
養生に勝る健康法はありません。このタイプに必要な養生法を挙げてみました。

(ア)下肢を使う運動を行う。

「脾を補うには腎を補うに如かず。腎を補うには脾を補うに如かず(脾胃と腎は関係が深い)」といいますが、下肢を動かして脾胃(≒胃腸)を活性化することにより、腎も活性化できる可能性があります。「後天の精は先天の精を補う(脾胃は腎を補う)」ともいいます。

体力がある人:筋力(下半身)トレーニング、ランニング
普通に運動できる人:歩く、自転車、水泳
体力が低下している人:水中をゆっくり歩く、捕まりながら歩く
起き上がれない人:寝たままの状態で自転車こぎストレッチ、足の指を動かすetc


(イ)22:00以前に就寝。
21:00頃〜5:00頃の間、眠りにつくことにより、心(しん)が休むことができて腎(じん)が活性化するため、自然治癒力を賦活できます。


(ウ)東洋的な運動を行う。
日本流:調和道丹田呼吸法、静座法、ナンバ歩き(矢野龍彦論)、太気拳など
外国流:太極拳など
東洋的な運動を行うことにより、腎を活性化できる場合があります(腎間の動気は臍下3寸に宿る)。

(エ)嗜好品は控えめに。
タバコ、アルコール、カフェインなどは、控えめに。


(オ)腎を補う飲食物を摂る。
小豆、黒豆、キクラゲ、黒ゴマ、山芋、イカ、コイ、ニシン、アワビ、豚肉、鶏卵など。偏らないように気をつけて。


(カ)性生活は節度をもって。
特に、男性は性行為で精気を漏らします。エネルギーを漏らさないように努めましょう。


ページの最初に戻る

トップページへ
Copyright(C)2005-2022  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室