陽虚(ようきょ)

陽とは、身体に熱を加えて温める機能です。陽虚(ようきょ)とは、体を温める機能が弱っている場合をいいます。つまり、虚弱な部分があるが故に、身体を温める力が不足していることを意味します。





以下のような症状について、すべてが当てはまることはありませんが、陽虚(ようきょ)証になっている人は、いくつかの項目に当てはまる傾向があります。



陽虚証になっている人の症状や特徴など

養生法

ツボの選択

鍼灸施術によるアプローチ



(陽虚(ようきょ)証になっている人の症状や特徴など)

(ア)腎虚の症状がある。

冷え症体質(陽虚)の正式名称は腎陽虚(じんようきょ)です。

※腎は陰陽の(すみか)=(陽)身体を温めたり、(陰)不必要なほてりを冷ましたりする源。




(イ)真夏でも冷房を嫌う傾向がある。



(ウ)冬にしもやけができやすい



(エ)風邪症状になりにくい。または、風邪症状になっても発熱しにくい。

陰虚(いんきょ)は微熱が出やすく、陽虚は出にくい」ことと関連しています。風邪を引きやすい人は、肺虚か陰虚に区分される例が多くみられます。



(オ)水分をあまり摂りたくならない傾向がある

不必要な水は冷えに回ります。そのため、あまり水分を摂りたがらない傾向があります。



(カ)冷たい物は夏でも嫌う傾向がある。

周りの人たちが冷たい物を飲食していても、自分は温かい物を飲食したがる傾向があります。



(キ)舌が青白いことが多い。

温める働きが足りない人の特徴です。



(ク)脈が遅い傾向がある(遅脈など)。

陽虚の特徴です。



(ケ)首がスースーすることが多く、首に何かを巻きたいことがある。



(コ)顔色が白っぽい。

陽虚証の人の特徴です。



(サ)昼間、汗をかく程度まで着ていないと、身体を冷やしてしまいがち。

自汗(じかん)といい、陽虚証の特徴です。寝汗とは意味が違います。



(シ)重くだるい腰痛を感じることがある。寒い日は特に調子が悪い傾向がある。

重くだる〜い痛みが特徴です。ぎっくり腰のような痛みとは違います。
 

(ス)生活全般において疲れやすく、骨がきしむような疲れを感じるときがある。

腎は骨をつかさどる(6五主)ため、身体の芯から疲れたり、精神的疲労に陥りやすいといえます。



(セ)入浴すると疲れやすい。

入浴は、ある意味で体力を消耗するために疲れる傾向があります。




(ソ)ストレスを感じると、心臓がドキドキすることがある。

多くの人に該当するとはいえませんが、下に位置する腎が弱くなり、相対的に上側に位置する心(しん)が強くなりすぎて、不安定になる場合があります。自然に目を向けたり、ゆったりと呼吸するなど、心身をリラックスできるように努めしょう。




(タ)気圧の変動に弱い傾向がある。

低気圧が近づくと、眠くなったり頭がいたくなったり、だるくなったりすることがある人がいます。



(チ)腰の辺りが黒ずんでいる。

腎は腰の少し上に位置します。また、五色でいうと黒に該当します。腰の辺りが黒ずんでいたり、シミが多いのは腎の弱りを意味します。特に下半身を冷やさないようにしましょう。



(ツ)声に力がなく、ボソボソしゃべる傾向がある。

か細い声でボソボソ話す人が散見されます。本人は一生懸命話しているつもりですが、周囲からは声が通らず聞き取りにくいことがあります。声については、直接的には肺の問題(20五役)ですが、腎が肺を下から支えています。「肺は気の門、腎は気の根」と表現します。




(テ)トイレが近い

不必要な水は冷えに回ります。そのため、水分を体外に排出し、身体を温めようとします。



(ト)年齢のわりに生殖能力が低下傾向である。


ページの最初に戻る

(養生法)

(ア)全てに共通する養生法を実践する。

こちらをごらんくだい。




(イ)腎虚証の養生法を実践する。

この証は、腎虚の中に入ります。




(ウ)夏でも冷飲食しない。

冷飲食は体内を直接冷やします。



(エ)陽を補う飲食物を摂る。

山芋、イワシ、ニラ、ヨモギ、エビ、クルミ、マツの実、サンショウ、羊肉などがお勧めです。ただし、胃にもたれる飲食物は控えましょう。



(オ)冷房の風を直接受けない。

エアコンの風が直接当たる場所は、なるべく避けましょう。夏は体内の熱を体外へ放出するため、毛穴(のようなもの)が開いた状態にあります。その状態で冷気を浴びると、開いた毛穴から冷気が直接、体内に侵入してきます。冬の冷気よりも夏の冷気の方が、身体にこたえます。



(カ)水分のとり過ぎに注意する。

適度な水分摂取は必要ですが、過度に摂取すると余分な水分は冷えに回ります。舌触りの良い飲み物は、過剰摂取しがちですので注意しましょう。



ページの最初に戻る


ツボの選択
基本的に腎虚証と同じですが、金属粒を貼付するよりもお灸を()えるする方がよいでしょう。



鍼灸施術によるアプローチ

(1)身体を温められないことが原因で、今現在の症状に見舞われていると考える。




    


その人の弱い所に症状が出現(個々人によって出てくる症状や部位は千差万別)





    


(2)ツボを通して五臓六腑に刺激を与える。

ツボ

腎の臓、膀胱の腑

他の臓腑(五臓六腑)

ツボとは、経絡(けいらく)(エネルギーのルート)を通して五臓六腑に通じるアプローチ・ポイント(正式名称は経穴(けいけつ))


(甲)足の少陰腎経(あしのしょういんじんけい)
ツボを通して腎の臓へ通じるエネルギーの通り道(=経脈(けいみゃく))

(乙)足の太陽膀胱経(あしのたいようぼうこうけい)
ツボを通して膀胱の腑へ通じるエネルギーの通り道(=経脈(けいみゃく)

経脈(けいみゃく)(甲)と経脈(けいみゃく)(乙)を横に繋ぐルート=絡脈(らくみゃく)

経脈(けいみゃく)絡脈(らくみゃく)経絡(けいらく)


    


※施術が奏功すれば…

(3)五臓六腑が活性化して、身体を温める力が発生する。




    


(4)五臓六腑の力が、温めたエネルギーを全身に巡らせる。



    


(5)元気が出て自然治癒力が向上し、当該症状(または部位)を修復する。





ページの最初に戻る

トップページへ

Copyright(C)2005-2024  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室