肺虚タイプ

五行色体表 width=

五行
五季 土用
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五主 血脈 肌肉 皮毛 骨・髄
五志 恐・驚
五声
五気 湿
五色
五味
五指 薬指 中指 人差指 親指 小指
陰経 厥陰・足 少陰・手 太陰・足 太陰・手 少陰・足
陽経 少陽・足 太陽・手 陽明・足 陽明・手 太陽・足
五情 意(智) 精志
五液
五支 毛(面色)
五変 握・攣 動悸 しゃっくり
五方 中央 西
五役
五不足 憂悲 四肢不用 息利少気 厥逆
五時間 平旦 日中 日西 日入 夜半
五目部 黒精 目頭・目尻 まぶた 白目 瞳孔
午後 夕方

肺虚とは、五臓六腑における肺(呼吸器)のエネルギー不足をあらわします。

(東洋医学的な肺の働き)
呼吸器を通して大気を吸う→大気エネルギーを吸収する→(脾胃)飲食物から得たエネルギーと(肺)大気から吸収したエネルギーの両方を身体の隅々までいきわたらせる。つまり、肺は呼吸器としての働きとともに、生命維持に必要なエネルギーを身体の隅々まで運ぶ大切な臓腑。

以下のような症状について、すべてが当てはまることはありませんが、肺虚タイプの方はいくつかの項目にお心当たりがあるのではないでしょうか?

(肺虚タイプの症状や特徴)

(ア)呼吸が浅い感じがして、不快な時がある。


(イ)疲れると声がかすれる。
肺の力が伴わない声は、力のない声になります。


(ウ)軟便や下痢・便秘など、便通異常がある。
大腸は副肺臓です。(五行色体表の五腑を参照)また、脾(≒胃腸)と肺は、どちらも太陰経(陰経)というエネルギーのルートを主(つかさど)っているため、脾胃(≒胃腸)との関係は深いものがあります。


(エ)身体が痒(かゆ)いことがある。
肺は皮毛(≒皮膚)を主(つかさど)ります。(五主)


(オ)歯茎が荒れやすい。歯周病になりやすい。
下歯は大腸(副肺臓)の生命力が関係しています。また、上歯は胃の生命力が関係しています。肺(大腸)と胃の関係も深いものがあります。非定型歯痛や非歯原性歯痛などに陥る人もいます。


(カ)咳が出て困ることがある。
咳は呼吸器が関係しています。慢性的な咳の症状に陥っている人もいます。


(ス)喘息がある。
上と同じです。慢性的な喘息の症状に陥っている人もいます。


(セ)息切れがしやすい。
肺の生命状態が、必ずしもスムーズではありません。


(キ)痰が絡む。
「脾は生痰の源、肺は貯痰の器」といいます。「痰などのアマリモノは、脾胃(≒胃腸)で生み出され、肺にたまっている」という意味です。


(ク)慢性的な鼻づまりがある。
鼻は肺の竅(あな)です。(五官)


(ケ)慢性的に鼻水が出ている。
上と同じです。


(コ)痔疾がある。
大腸は副肺臓です。(五腑)肛門は大腸の続きです。


(サ)風邪(かぜ)を引きやすい。
風邪はまず呼吸器から侵入します。項(うなじ)の辺り(後の斜め上)から侵入する風邪を傷寒病、口鼻(前の斜め上)から侵入する風邪を温病といいます。それぞれ、傷寒論・温病条弁という昔の書物に記載されています。


(シ)結帯動作(着物の帯を後ろで結ぶ動作)をしようとすると痛みが走る。
肺・大腸のエネルギー不足により起こる症状です。五十肩では、強烈な痛みとなる場合があります。


(ソ)首を横に向けると痛い(寝違えなど)。
肺・大腸のエネルギー不足により起こる症状です。ひどい寝違えなどでは、首を動かせなくなります。


(タ)上を見上げると痛い(寝違えなど)。
肺・大腸のエネルギー不足により起こる症状です。ひどい寝違えなどでは、首を動かせなくなります。


(チ)雨の日に電車に乗っていると気分が悪くなる。
湿度が高いと呼吸器に悪影響が及びます。


(ツ)起きていると何ともないが、横になると呼吸がおかしくなることがある。
肺の性質として、適度に緊張している方が調子が良い場合があります。横になると緊張が緩むために起こる症状です。


(テ)仕事が休みの日は調子が悪い。
肺の性質として、適度に緊張している方が調子が良い場合があります。休日は緊張が緩むために起こる症状です。


(養生法)
養生に勝る健康法はありません。このタイプに必要な養生法を挙げてみました。

(ア)下肢を使う運動を行う。
「久臥は肺を損なう(寝てばかりいると肺によくない)」といい、適度に呼吸器に刺激を与える必要があります。
「下肢を動かすと脾が胃を揉む(下肢を運動させると脾胃が活性化する)」といい、肺と関連が深い脾胃(≒胃腸)を通して、肺を活性化することにもつながります。

体力がある人:筋力(下半身)トレーニング、ランニング
普通に運動できる人:歩く、自転車、水泳
体力が低下している人:水中をゆっくり歩く、捕まりながら歩く
起き上がれない人:寝たままの状態で自転車こぎストレッチ、足の指を動かすetc



(イ)22:00以前に就寝する。
21:00頃〜5:00頃の間、眠りにつくことにより、心(しん)が休むことができて腎(じん)が活性化するため、自然治癒力を賦活できます。「肺は気の門、腎は気の根」といい、腎の力は肺を下から支えます。


(ウ)嗜好品は控えめに。
タバコ、アルコール、カフェインなどは、控えめに。


(エ)辛い飲食物を適度に摂る。
適度に辛いものを摂ると肺の生命力を旺気します。過ぎると肺を弱くします。(五味)


(オ)苦い飲食物は控えめに。
苦い飲食物は心(しん)を鼓舞するため、肺に悪影響が及ぶ可能性があります。適度に摂りましょう。


(カ)東洋的な運動を行う。
日本流:調和道丹田呼吸法、静座法、ナンバ歩き(矢野龍彦論)、太気拳など
外国流:太極拳など
東洋的な運動を行うことにより、腎を活性化できれば、肺にもアプローチできる場合があります(肺は気の門、腎は気の根)。


(キ)肺に効く飲食物を摂る。
アブラナ、小松菜、シソ、玉ねぎ、にら、人参、ネギ、パセリ、ピーマン、三つ葉、ラッキョウ、ショウガ、ニンニク、銀杏、里いも、春菊、ソラマメ、白菜、山芋、鶏肉、豚肉、豆乳、大根、カイワレ、きゅうり、ごぼう、レンコン、ワラビなど。


(ク)上半身の運動をやり過ぎない。
上半身の筋力トレーニングなどをやり過ぎて、呼吸器を痛める例が散見されます。やり過ぎに注意しましょう。


ページの最初に戻る

トップページへ
Copyright(C)2005-2022  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室