心虚タイプ

五行色体表 width=

五行
五季 土用
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五主 血脈 肌肉 皮毛 骨・髄
五志 思案 恐・驚
五声
五気 湿
五色
五味
五指 薬指 中指 人差指 親指 小指
陰経 厥陰・足 少陰・手 太陰・足 太陰・手 少陰・足
陽経 少陽・足 太陽・手 陽明・足 陽明・手 太陽・足
五情 意(智) 精志
五液
五支 毛(面色)
五変 握・攣 動悸 しゃっくり
五方 中央 西
五役
五不足 憂悲 四肢不用 息利少気 厥逆
五時間 平旦 日中 日西 日入 夜半
五目部 黒精 目頭・目尻 まぶた 白目 瞳孔
午後 夕方

心(しん)とは血液の産生、血液循環、精神・意識などを正常に維持する等を主(つかさど)ります。特に精神という言葉は、腎(精)と心(神)の組み合わせから来ているため、腎(じん)と心(しん)は、メンタル面における根幹を為す大切な臓腑と考えて良いでしょう。

以下のような症状について、すべてが当てはまることはありませんが、心虚タイプの方はいくつかの項目にお心当たりがあるのではないでしょうか?

(心虚タイプの症状や特徴)

(身体面に症状が出ている場合)


(ア)心臓がドキドキすることがある。


(イ)胸がモンモンとすることがある。


(ウ)胸が痛くなることがある。


(エ)顔色が白い。


(オ)上肢を挙上するときに、痛みやひっかかりがある。五十肩などで上肢を挙げられない。
心の生命力が虚(うつ)ろになると、出てくる症状です。手の少陰心経(てのしょういんしんけい)というエネルギーの流れが虚(うつ)ろになっています。(五行色体表の陰経を参照)不栄則痛(栄ざればすなわち痛む)といいます。エネルギーが栄えないために痛む、という意味です。五十肩などの場合、十中八九はこの症状です。


(カ)前へならえの姿勢から、上肢を開く時に痛みやひっかかりがある(五十肩など)。
心の生命力が虚(うつ)ろになると、出てくる症状です。手の厥陰心包経(てのけついんしんぽうけい)というエネルギーの流れが虚(うつ)ろになっています。


(キ)前へならえの姿勢から、上肢を閉じる(ハグをする)時に痛みやひっかかりがある(五十肩など)。
心の生命力が虚(うつ)ろになると、出てくる症状です。手の少陽三焦経(てのしょうようさんしょうけい)というエネルギーの流れが虚(うつ)ろになっています。


(ク)首を下に向けると、痛みやひっかかりがある(寝違えなど)。
心の生命力が虚(うつ)ろになると、出てくる症状です。手の太陽小腸経(てのたいようしょうちょうけい)というエネルギーの流れが虚(うつ)ろになっています。(陽経)東洋医学では、小腸は副心臓のようなものです。


(ケ)首を横にかしげると痛い(寝違えなど)。
心の生命力が虚(うつ)ろになると、出てくる症状です。手の少陽三焦経(てのしょうようさんしょうけい)というエネルギーの流れが虚(うつ)ろになっています。


(心理面に症状が出ている場合)

(ア)TVドラマなどで、ハラハラする場面が苦手。


(イ)ニュースなどを見ていると、考え込んでしまい調子が悪くなる。


(ウ)他人に対して気を使いすぎてしまい、必要なことを言うことができない。


(エ)何かあるとすぐにオロオロしてしまい、悠然と構えていられない。


(オ)他人から怒られることを極端に嫌う。


(カ)他人の目が気になって仕方がない。


(ク)職場の同僚や、上司の評価が気になって仕方がない。


(ケ)イヤな夢ばかり見てしまう。


(コ)胸がザワザワする。


(サ)忘れたい過去を思い出して、意気消沈してしまうことが多い。


(シ)将来が不安で仕方がない。


(ス)その他、メンタル的な症状がある。


(養生法)
養生に勝る健康法はありません。このタイプに必要な養生法を挙げてみました。

(ア)下肢を使う運動を行う。
東洋医学では、肉体も精神も五臓六腑に求めます。肉体を通して五臓六腑のパワーを賦活し、それがメンタルの改善になる場合もあります。

体力がある人:筋力(下半身)トレーニング、ランニング
普通に運動できる人:歩く、自転車、水泳
体力が低下している人:水中をゆっくり歩く、捕まりながら歩く
起き上がれない人:寝たままの状態で自転車こぎストレッチ、足の指を動かすetc


(イ)22:00以前に就寝。
21:00頃〜5:00頃の間、眠りにつくことにより、心(しん)が休むことができて腎(じん)が活性化するため、自然治癒力を賦活できます。精神のうち、精は腎が主(つかさど)り、神は心が主(つかさど)ります。(五情)


(ウ)東洋的な運動を行う。
日本流:調和道丹田呼吸法、静座法、ナンバ歩き(矢野龍彦論)、太気拳など
外国流:太極拳など
東洋的な運動を行うことにより、腎を活性化できれば、心にもアプローチできる場合があります(足の少陰腎経と手の少陰心経)。(陰経参照)


(ウ)嗜好品は控えめに。
タバコ、アルコール、カフェインなどは、控えめに。


(エ)ベストを求めずにベターを目指す。
ベストが実現すれば理想ですが、現実はベターで満足した方が良い場合もあります。


(オ)ばれたら困ることはやらない。
ばれたらどうしよう・・・と考えることは、生命状態によくありません。


(カ)自分自身のキャパシティを理解し、無理なことはやらない。
無理なことをやらされるのが仕事です。しかし、もし辞退できることであれば、それも選択肢に入れましょう。


(キ)心(しん)を養う飲食物を摂る。
餅米、パセリ、フキ、ラッキョウ、ワラビ、小麦、鶏卵、セロリ、レタス、レンコン、ヒジキ等。


ページの最初に戻る

トップページへ
Copyright(C)2005-2022  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室