陰虚タイプ

五行色体表 width=

五行
五季 土用
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五主 血脈 肌肉 皮毛 骨・髄
五志 恐・驚
五声
五気 湿
五色
五味
五指 薬指 中指 人差指 親指 小指
陰経 厥陰・足 少陰・手 太陰・足 太陰・手 少陰・足
陽経 少陽・足 太陽・手 陽明・足 陽明・手 太陽・足
五情 意(智) 精志
五液
五支 毛(面色)
五変 握・攣 動悸 しゃっくり
五方 中央 西
五役
五不足 憂悲 四肢不用 息利少気 厥逆
五時間 平旦 日中 日西 日入 夜半
五目部 黒精 目頭・目尻 まぶた 白目 瞳孔
午後 夕方

陰とは身体の不必要な熱を適度に冷まして、バランスをとる機能です。陽とは、身体に熱を加えて温める機能です。陰と陽の両方が存在することにより、生命を維持しています。
陰虚(陰が足りない)とは、体を適度に冷やして、バランスをとる機能が弱っている場合をいいます。つまり、虚弱であるが故に、不必要な熱を捌(さば)く力が弱っていることを意味します。

以下のような症状について、すべてが当てはまることはありませんが、陰虚タイプの方はいくつかの項目にお心当たりがあるのではないでしょうか?


(陰虚タイプの症状や特徴など)
(ア)腎虚の症状がある
ほてり体質(陰虚)の正式名称は腎陰虚です。

(イ)顔がほてる。


(ウ)夜、寝る時に足の裏がほてり、布団や毛布の外に出してしまう。
五心煩熱(ごしんはんねつ)といいます。五心とは、(掌×2)+(足の裏×2)+胸=5です。煩熱とは、煩(わずら)わしい熱が籠(こ)もることをいいます。



(エ)微熱が出やすい。
陰虚体質の特徴です。


(オ)喉が不自然に渇きやすい。
水が足りないことから起こります。水とは単なる水分ではなく、生命維持に必要な液体(潤い)を指します。


(カ)尿が濃い色(ビール色、濃い黄色など)になりやすい。
熱が籠(こ)もっている場合の色です。反対に陽虚体質者の場合は、透明または白色になる傾向があります。


(キ)舌が真っ赤っか。または、舌の上の苔(こけ)状の付着物が黄色い。
虚弱であるが故に、不必要な熱を捌くことができない印です。


(ク)脈が速い
陰虚の特徴です。


(ケ)風邪の時に、喉が赤く腫れやすい。
温病の症状の1つです。「温病条弁」など、昔の書物にも記載されています。


(コ)冬でも冷たい飲み物を好む。


(サ)頬が赤くなりやすい。
上半身がほてって、下半身が冷えたりもします。


(シ)就寝中に寝汗をかく。
盗汗(とうかん)といい、陰虚の特徴です。昼間の活動中の汗とは、意味が異なります。


(ス)アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎がある。または、いつも体がかゆい。
不必要な熱を捌(さば)けないことから起こる症状です。


(セ)肌がカサカサになりやすい。
水が足りない人の特徴です。水とは単なる水分ではなく、生命維持に必要な液体(潤い)を指します。


(養生法)
養生に勝る健康法はありません。このタイプに必要な養生法を挙げてみました。

(ア)下肢を使う運動を行う。

「脾を補うには腎を補うに如かず。腎を補うには脾を補うに如かず(胃腸と腎は関係が深い)」といいますが、下肢を動かして脾胃(胃腸)を活性化することにより、腎も活性化できる可能性があります。「後天の精は先天の精を補う(胃腸は腎を補う)」ともいいます。

体力がある人:筋力(下半身)トレーニング、ランニング
普通に運動できる人:歩く、自転車、水泳
体力が低下している人:水中をゆっくり歩く、捕まりながら歩く
起き上がれない人:寝たままの状態で自転車こぎストレッチ、足の指を動かすetc


(イ)22:00以前に就寝。
21:00頃〜5:00頃の間、眠りにつくことにより、心(しん)が休むことができて腎(じん)が活性化するため、自然治癒力を賦活できます。


(ウ)嗜好品は控えめに。
タバコ、アルコール、カフェインなどは、控えめに。


(オ)陰を補う飲食物を摂る。
腎陰虚に効く飲食物がお勧めです(腎は陰陽の宅)。スッポン、ピータン、オオムギ、タコ、カニ、アサリ、昆布、海苔、ひじき、わかめ等。


ページの最初に戻る

トップページへ
Copyright(C)2005-2022  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室