女性特有-陽虚(ようきょ)

男女共通の項目に入らない事柄を挙げてみました。養生法や鍼灸によるアプローチなどについては、男女共通のページを参考にしてください。

1生理初日または2日目に痛みがある。

この証の生理痛の特徴は、冷えで気血がかたまり、それ(塊)が出るときに痛みが襲います。




2周期が比較的長い(生理不順、稀発・無月経など)。

生理の周期が比較的長く、遅れがちです。身体の中の新陳代謝が低下気味のことを意味します。また、寒証でかたまることや、気血生成能力減退も影響しています。悪化すると無月経になることもあります。



3経血量が少なくいうすい、過少月経である。

うすいのは新陳代謝低下のためです。だらだらと長く続く場合もありますが、量はそれほど多くなくうすいのが特徴です。




4職場で冷房に当たりすぎたのが原因で、過少・無月経が悪化した。

典型的な冷えの侵入です。




5妊活がすんなりといかない。不妊治療を受けている。

上記1.2と同じ理由で、本来の生殖能力をフルに発揮できない場合があり、妊活(不妊治療)がすんなりといかないことがあります。



6 四十歳代前半で閉経した。

エネルギーを生産する力が弱い場合、閉経も比較的早く訪れます。




7更年期でも ほてり・のぼせが出ない。

熱が体内に籠(こ)もらない体質です。




ページの最初に戻る

月経と閉経のメカニズムへ

女性特有へ

トップページへ



Copyright(C)2005-2024  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)長嶋鍼灸室