鍼灸は実践性がすべてです
効くか効かないか、それだけで評価してください
※コロナ対策 実施中!!
マスク着用、消毒、使い捨てシーツ、換気扇など


鍼灸はジワジワと効果が出る…というキャッチフレーズが出回っていますが、当方で目指すのは、それらとは一線を画す手法です。当方の基準では、2日以内に効果を実感できた場合を成功と位置づけています。

”はり・きゅう”が持つ本来の威力は、効いたか効かないか分からない程度のものではなかったはずです。西洋医学が入ってくる前は、漢方・鍼灸・あんま術のみで対応していた訳ですから、それは当然といえましょう。

当方へお来しになるお客様は、西洋医学による治療→漢方や整体 マッサージなど→それでも改善せずに仕方なく鍼灸…という過程を経て来る方も珍しくありません。このようなお客様に”徐々に楽になります”と説明しても、納得して頂けないでしょう。

どこかが痛んだり苦しいときに、西洋医学の治療所で処置もらったらすぐに楽になった…という経験は、多くの人において心当たりがあるでしょう。しかし、鍼灸においては”何度も通わなければ楽にならない”というイメージが、定着しているかのような印象があります。しかし、そのようなイメージは、鍼灸のイメージとして必ずしも正しいかはどうかは分かりません。

”徐々に楽になる施術”は存在して良いはずですし、それを否定するつもりはありません。患者さまを施術の度に魅了しながら、何度も通わせられる はり師・きゅう師 であればそれも可能でしょう。しかし、私においては人を魅了する力はありませんし、セールストークを言う器用さも素質も持ち合わせていません。

「1回 施術を受けて楽にならなければ、もう2度と来ない!」そういった患者さまからの(無言の)強い意思を身体で感じながら、施術に四苦八苦する年月を長く過ごしているうちに、いつの間にか”1回の施術できちんと効かせられたら成功、それができなければ不成功”という認識が定着してしまいました。

鍼灸は、様々な症状に対してアプローチできます。世界保健機関(WHO)が、正式に認めた症状を並べてもこのようになっています。また、古典的なアプローチにおいては、望診(顔色などによる診察)、聞診(聴覚による診察)、問診、切診(脈診など)を緻密に行って吟味し(四診合参)、それを元に施術方針を決定していきます。これを弁証論治といいます。よって、様々な治療法や施術で改善が困難であったり激しい症状であっても、鍼灸で改善できることが普通にあります。それが はり・きゅう の醍醐味といえるでしょう。

鍼灸は、ある意味で独特な施術法です。だからこそ、主流の医学や施術で救われない症状であったとしても、救える場合が起こり得る訳です。もし、はり・きゅう が気休め療法のようなものであったならば、存在する意味がありません。本来の鍼灸は、単なる疲労回復や慰安を目的としたもの…のみではありません。当方では、しっかりと効果を出すことを目指して施術にあたっています。


(適応症など)
症状別

(女性特有の例)
月経前の体調不良、更年期、生理痛など

(その他)
お灸について

施術の流れ

よくあるご質問

古典的医学の基礎知識


はじめての方は施術を受けるにはをお読みの上でご予約下さい。

〒355-0216 埼玉県比企郡嵐山町むさし台1−8−9
長嶋鍼灸室 (2019年11月に現住所へ移転しました)
TEL 090-6341-4567(完全予約制)
メール:jgtyn534@yahoo.co.jp (2〜3時間以内に返信します)

※土日も営業中(不定期に休業日あり)
※メール返信しても、エラーになる場合があります。受信できる状態であることを確認してから送信して下さい。

料金

地図

プロフィール

著作権、環境への取り組み

個人情報の取り扱い

リンク集

ページの最初に戻る

Copyright(C)2005-2021  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)